淡路島国営明石海峡公園『早咲き桜まつり』 淡路市

 淡路島国営明石海峡公園(淡路市夢舞台)で2月22日から3月15日まで「春一番の丘」に咲く河津桜の開花に合わせた『早咲き桜まつり』が開催される。  同園では、例年3月上旬から中旬にかけて約100本の河津桜が咲き誇り、毎年多くの家族連れで賑わう。期間中は、園内の見どころを案内する早春ガイドツアーや、桜でハンカチを染める草木染め体験、豚汁の振る舞いなど様々な催しを実施。また、同園オリジナルの花見弁当の販売(要事前予約)やレジャーシートの無料貸し出しもあり、うららかな春の公園で一足早い花見を楽しめる。

ユニバー記念競技場『ジャパンラグビートップリーグ2020 第6節 シン・エナジーDAY』

 神戸総合運動公園ユニバー記念競技場(神戸市須磨区)で『ジャパンラグビー トップリーグ2020』第6節、神戸製鋼コベルコスティーラーズ対東芝ブレイブルーパス戦が開催される。  現在、神戸製鋼コベルコスティーラーズは総合順位2位をマーク。1月12日の開幕戦(第1節)から5連勝を記録するなど、リーグ2連覇に向け快調な滑り出しを見せている。  この日は「シン・エナジーDAY」として、スタジアム外にシン・エナジーブースを設置。同クラブに所属する日本代表選手やダン・カーター選手などのサイン入りグッズが当たる大抽選会が行われる。

都ホテル 尼崎『Beer Stand重富2020 in AMAGASAKI』尼崎市

 都ホテル 尼崎(尼崎市)で2月28日と29日にウインタービールフェスティバル『Beer Stand重富2020 in AMAGASAKI』が開催される。  同イベントは、広島にある“とにかく美味しい生ビールが飲める”「ビールスタンド重富」のオーナー・重富寛さんを迎え、スイングカランのビールサーバーから絶妙な注ぎ技で味わう生ビールと、レストラン アゼリアの季節のメニューが楽しめる。料理は28日はチーズや合鴨スモーク、パクチーサラダなど生ビールに合う一品料理が、29日はカニ食べ放題ブッフェが用意される。

『イトーヨーカドー明石店&山陽電車 ミニ鉄道フェスティバル』 明石

 イトーヨーカドー明石店(明石市)3階イベントコーナーで3月7日、『イトーヨーカドー明石店&山陽電車 ミニ鉄道フェスティバル』が開催される。  当日は、山陽電車イラストぬり絵体験やペーパークラフトの製作体験、制服・制帽で記念撮影ができる「ちびっこ撮影会」、会場内を走る「ちびっこトレイン」の運行、山陽電車グッズと忍たま乱太郎コラボグッズの販売など、家族連れで山陽電車を楽しめるイベントが盛りだくさん。そのほか、“時のまち明石”のマスコットキャラクター「時のわらし」や明石市立天文科学館のマスコットキャラクター「軌道星隊シゴセンジャー」によるオープニングステージイベントも行われ会場を盛り上げる。

『銀谷のひな祭り』朝来市

 朝来市生野町でまち歩きをしながら“ひな人形巡り”を楽しむ『銀谷のひな祭り』が3月3日から8日まで開催される。観覧無料。  今年で18回目となる同イベントは、同町の口銀谷地域と奥銀谷地域の民家や商店など約130件の軒先や和室にひな人形が飾られる。同イベントに参加している目印として、建物にピンク色ののぼりが掲げられ誰でも自由に出入りできる。歴史ある鉱山町をゆっくり散策しながら“ひな人形巡り”を楽しむ観光客らで賑わうという。  また、3月8日には生野1区公民館でひなまつりおはなし会を実施予定。大型紙芝やパネルシアターなどが楽しめる。入場無料。

加西市健康福祉会館『みんなの福祉フェスタ2020』 加西市

 加西市健康福祉会館(加西市)で3月14日、『みんなの福祉フェスタ2020』が開催される。  同イベントは、「障がいのある人もない人も誰もが暮らしやすいまちに」をテーマに開催されており今年で12回目。加西市障害者自立支援協議会の1年間の取り組みを報告する全体会と、「暮らしやすいまちづくり」をテーマにしたトークショーが行われるほか、バザーや作品展、和太鼓演奏、カラオケのど自慢大会、防災ワークショップ、盲導犬のデモンストレーション、パラスポーツ体験など様々な催しが企画されている。

神戸ローストショコラ×神戸市ネコ局『かくれねこニャンペーン』

 江崎グリコ株式会社は、2月22日の「猫の日」にちなみ、人気のチョコレート「神戸ローストショコラ」と「神戸市ネコ局」のコラボレーションキャンペーン『かくれねこニャンペーン』を実施している。  2月18日より猫が隠れている特別パッケージの商品を数量限定で販売中。同キャンペーンでは、隠れているネコの写真や動画、イラストなどの作品、商品パッケージ・景品カードの写真や動画をTwitterとInstagramで募集。ハッシュタグ「#かくれねこ選手権」を付けて投稿すると、1投稿につき22円が神戸市「動物愛護支援事業」に寄付されるという(寄付の上限金額は22万円)。  特別パッケージの“かくれねこ”のイラストは、食べ物や楽器などのモチーフの中にひっそりと動物を隠す可愛らしいイラストでSNSを中心に注目を集めるイラストレーターのshimizuさんが担当。パッケージの内面には神戸をモチーフにしたデザインに“かくれねこ”をプリントし、上半分を折り返すとかわいい猫柄バスケットが作れる工夫が施されている。また、「神戸ローストショコラ バンホーテンブレンド」には、トレイになる“ねこカード(全3種類)”が箱の中に入っており、アクセサリートレイなどとして楽しめる。

東条湖おもちゃ王国『こどもスタジオ NHKキッズキャラクター大集合!』再び登場 加東市

 現在、東条湖おもちゃ王国(加東市)で開催されている『こどもスタジオ NHKキッズキャラクター大集合!』(2019年9月14日から2020年3月1日)が新コーナーとともに再び登場する。3月14日から6月14日まで。  東条湖おもちゃ王国は、国内外の玩具メーカーが協賛するおもちゃの部屋や約20種の乗り物遊具などを展開する「おもちゃ」のテーマパークで、2020年7月に開園20周年を迎える。20周年記念の第1弾企画として始まる同イベントでは、NHK・Eテレの子ども番組「いないいないばあっ!」「おかあさんといっしょ」「みいつけた!」の世界に入り込んで遊ぶことができる。新たに登場するのは、エアドームの中でふうせんをタッチして遊ぶ「ふうせんタッチ!」や、体操曲「ピカピカブ~!」をなりきり衣装で踊るコーナー、上下に揺れるボールをマットの上でジャンプしてタッチしたり輪投げをしたり身体を動かして遊ぶ「ガラピコにんじゃしゅぎょう」など6コーナー。さらに、オリジナルグッズを取り扱うNHKキャラクターショップには関西初となる動く「ワンワンカー ライド」も設置される(1回200円)。  0歳から入場料が必要、混雑時は入替制。

神戸布引ハーブ園/ロープウェイ『Strawberry Selection』神戸市中央区

 神戸布引ハーブ園/ロープウェイ(神戸市中央区)内にあるカフェラウンジ・テラス「ザ・ヴェランダ神戸」では、2月29日から5月10日まで『Strawberry Selection』が開催される。  ハーブや花が最も美しい時期となる春に開催される『GARDEN FEST 2020 – Spring – ハーブとともに、優雅に過ごす』の一環。クラシックでラグジュアリーな空間の2階カフェラウンジでは、「いちごサンド」や春を表現した一品「季節のクリエーション」をはじめ、「苺ミルクレープ」や「苺ガトーショコラ」、「苺ミルクパルフェ」といったイチゴを使ったケーキが販売される。  心地よい風が感じられる1階のテラス席では、あまおうを使ったパフェ風デザート「季節のスペシャルサヴァラン」のほか、イチゴ入りスパークリングロゼ、イチゴアーモンドミルクが提供される。さらに、園内のレストラン「ザ・ハーブダイニング」では色鮮やかなハーブガーデンをイメージした贅沢なランチメニュー「ガーデンプレートコレクション」を注文した人を対象に、イチゴを使ったデザートとドリンクを用意する。

「ワインフェスティバル・六甲ライナーセット券」の発売

 神戸ベイシェラトン ホテル&タワーズ(神戸市東灘区)で3月8日に開催される『第44回 ワインフェスティバル』に合わせて、入場券と六甲ライナー往復乗車券のセットが3月7日まで販売される。  同イベントでは世界中からワインが集結しテイスティングすることができるほか、各ブースでは市場価格の約20パーセント割引でワインを販売。また、当日に限り購入したワインをホテル内のレストランへ持参し料理と一緒に楽しめるという。  セット券は、ワインフェスティバル前売り入場券1枚と六甲ライナー住吉駅からアイランドセンター駅の往復乗車券で価格は2700円。六甲ライナー住吉駅、アイランドセンター駅、ポートライナー三宮駅インフォメーション、甲南チケット10店舗などで取り扱われる。

第11回京阪神動物園めぐり『わたしたちとどうぶつスタンプラリー』

 神戸市立王子動物園(神戸市灘区)で現在、京都市動物園(京都府)・天王寺動物園(大阪府)との合同企画、京阪神動物園めぐり『わたしたちとどうぶつスタンプラリー』が開催されている。期間は3月15日まで。  同イベントは、スタンプラリーで3園を巡りながら各園の絶滅危惧種について学び、「自らの暮らし」と「生物多様性の保全」とを結び付けて考えるきっかけとしてもらうため実施。台紙は各園内で配布され、期間中に3園をまわるとオリジナルグッズのプレゼントもある。  担当者は「各動物園は展示されている動物はもとより、展示方法など動物園ごとのコンセプトも異なります。ぜひこの期間中に3園をまわって、その魅力を感じてみてください」と参加を呼び掛けている。

「2020明石逸品マップ」「スマホで探そう!明石なるほどクイズラリー!」 明石市

 2月21日から明石市中心市街地の各店から選りすぐりの逸品を紹介する「2020明石逸品マップ」が明石駅前各所に設置される。  同マップは「魚を楽しむまち『明石』」をPRする催しの一環で毎年配布。今年は2月21日から3月15日の期間に、逸品マップを片手に明石駅前の各商店街を巡る「スマホで探そう!明石なるほどクイズラリー!」が開催され、掲載された店舗の店頭に掲示されたQRコードをスマートフォンで読み取ることで、明石に関するクイズに挑戦できる企画となっている。

『Uroko Loco Gallery Night 「マジックアワー」』

 3月28日、うろこの家展望ギャラリー(神戸市中央区)で『Uroko Loco Gallery Night「マジックアワー」』が開催される。要予約。  神戸を一望できる会場で、神戸在住のマジシャン・松原俊之さんとメンタリストのアカツキ サトシさんがマジックショーを実施。マジックを楽しんだ後は、美しい神戸の夜景観賞が期待できるという。

あまらぶアートラボ A-Lab『アイデンティティのキキ』 尼崎市

 若手アーティストの発表・創作の場として活用されている尼崎市の「A-Lab(あまらぶアートラボ)」で2月22日から3月30日まで、『アイデンティティのキキ』が開催されている。  “キキ”には危機・記紀・奇奇・嬉嬉などの言葉が込められており、同展では、あまらぶアートラボ「A-Lab」の架空のヴィジュアル・アイデンティティ(VI)を、ヨーロッパと日本のデザイナー3組がデザイン。語られることの少ない、アートセンターや美術館のヴィジュアル・アイデンティティを通じて、デザイナーがどのように課題に取り組んでいるのか、文化施設がどのように自身のイメージを発信しているかなどを考える。また、会場には近畿大学文芸学部文化デザイン学科感性学系 岩城覚久さんと深津恵さん(アットアロマ株式会社)共同ゼミの学生がアットアロマ株式会社と協働して作った“香りのアイデンティティ”も“展示”される。そのほか会期中には、ギャラリートークやワークショップといった関連イベントも予定。

映画『Fukushima 50』

 2011年3月11日に発生した東日本大震災を題材に、未曾有の危機にさらされた福島第一原発内に残った作業員たちを描いた『Fukushima 50』が3月6日より公開される。 <ストーリー>2011年3月11日午後2時46分、東日本大震災が発生。想定外の大津波が、福島第一原子力発電所(イチエフ)を襲う。浸水により全電源を喪失し原子炉を冷やせず、このままではメルトダウンにより想像を絶する被害をもたらす。1・2号機当直長の伊崎(佐藤浩市)ら現場作業員は、原発内に残り原子炉の制御に奔走。しかし、現場の奮闘もむなしく事態は悪化し、近隣の人々は避難を余儀なくされてしまう。唯一残された方法は、作業員たちが体一つで原子炉内に突入し行うという、いまだ世界で実施されたことのない手段“ベント”。外部と遮断され何の情報もない中、作業員たちは作業を開始する。皆、避難所に残した家族を心配しながら―。

『アパホテル〈神戸三宮駅前〉』グランドオープン

 神戸エリア2棟目、兵庫県内で3棟目となる直営ホテル『アパホテル〈神戸三宮駅前〉』が2月20日にグランドオープンした。  昨年の起工式で同グループの元谷一志社長は「神戸は新しいものも受け入れ、独自に発展した街。このホテルを地域に根付かせ、地域一番のホテルとなるよう全力でサポートしていきたい。多くの方々に満足して頂けるホテル創りをしていく事で、需要や賑わいを生み出し、地域・神戸の発展に寄与していきたい」と豊富を語っていた。  同ホテルは生田神社に近接し、東門外や元町などの繁華街からも近い場所に開業。また、ビジネスやレジャーにも便利な立地となっている。主な特徴として、全客室にオリジナルユニットバスやオリジナルベッド、ハイグレードアメニティを導入、50型以上の大型テレビを設置するなど、利用者が快適さと特別感を感じられる仕様にこだわりを見せている。  宿泊料金は部屋のタイプや曜日、時期によって異なるが、開業記念特別価格として、3月末までスタンダードルーム(1人利用)通常料金1万8000 円(税サ込)からのところ、5800 円(税サ込)から、スタンダードルーム(2人利用)通常料金 3万円(税サ込)からのところ、7800 円(税サ込)から宿泊できると発表されている。

藤ノ木さんかく広場『morning market kawanishi(モーニングマーケットかわにし)』川西市

 川西市の藤ノ木さんかく広場で『morning market kawanishi(モーニングマーケットかわにし)』が毎月1回、日曜日に開催される。今年の開催決定日は3月8日、4月5日、5月17日、6月14日。  3月8日には、川西市と近隣地域から“丁寧につくられたモノとコト”が集合。老舗の自家焙煎珈琲豆専門店「カフェ・ド・トーヨー」や無添加焼きドーナツ「CAFE BOX」、切花、花苗、ガーデン雑貨を販売する花屋「Petitesaison」、無添加手づくり石鹸「石鹸屋りーふ」など約20店が出店する。  また、地元を中心に活動している「ウクレレ会」も登場予定。会場で心地よい音色の演奏を繰り広げる。

『兵庫県庁ランチタイム・コンサート~ドリームカフェ~』神戸市中央区

 神戸市中央区にある兵庫県庁2号館1階の「ドリームカフェ」にて2月25日、『兵庫県庁ランチタイム・コンサート~ドリームカフェ~』が開催される。  定期的に開催される同イベントは、障がい者の自立と社会参加を目的とした事業として運営されているドリームカフェで実施。当日はオリジナルソングをはじめ、幅広い曲をカバーし、全国各地で活躍中のシンガーソングライター・なゆさんと、ギター弾き歌いを中心に、カバー曲などを力強い声で歌い上げる上田律砂さんがステージで歌声を披露。ランチタイムに癒しのひと時を楽しめる。

キッザニア甲子園『税理士ウィーク』 西宮市

 子どもが職業体験を楽しめる施設・キッザニア甲子園(西宮市)で2月21日、『税理士ウィーク』が始まる。27日まで。  2月23日の「税理士記念日」に合わせて開催される恒例イベントで、期間中は期間限定パビリオン「税理士事務所」が登場。子どもたちが“税金のプロフェッショナル”としてお店のお金の流れを確認する事で、経営者の夢を叶えるためのアドバイスを行い、申告書を作成するまでの流れを体験しながら学ぶことができる。そのほか期間中は、テレビ局や電車、ラジオ局など5か所で税理士ウィークに関連するアクティビティが体験できるほか、キッザニアの街中で出題されるクイズに回答するとグッズがもらえるラリー企画もある。  また21日と25日から27日までの4日間は、「キッザニア特別価格デー~税理士ウィーク~」として第二部の入場料金が通常より割引価格で施設を楽しむことができるという。

『ヴィッセル神戸応援キャンペーン レシート集めて!ガラポン抽選会』

 神戸観光局とJR西日本神戸支社・ヴィッセル神戸が連携して行う2020年「WELCOME TO KOBE キャンペーン」の一環で、2月21日から3月2日まで『ヴィッセル神戸応援キャンペーン レシート集めて!ガラポン抽選会』が開催される。  期間中に対象店舗で買い物や食事をした利用レシートを集めると、合計1500円(税込・異なる駅、店舗、日時で合算可)ごとにガラポン抽選会に1回参加できる。抽選日は3月1日と2日。  JR西日本の駅ナカ店舗では、2017年度より「えがおがまじわる エキ×マチ」をコンセプトに、乗客、利用客と様々な接点を作る取り組みを実施。今回はヴィッセル神戸を応援し、一緒に神戸の街を盛り上げていくことを目的としている。

『狩猟ガールとゆく!狩猟体験Ⅲ』宍粟市

 揖保川源流域に位置する繁盛地区(宍粟市)で3月7日、『狩猟ガールとゆく!狩猟体験Ⅲ』が開催される。要申し込み。  同イベントは狩猟や田舎暮らしに興味のある人を対象に、狩猟の理論と実践を学びながら、ジビエや地元産の食もあじわえる集中プログラム。当日は、猟師として活動する“狩猟ガール”加藤智子さんと猟師歴23年の米田 正富さんが講師を務め、わな猟に関する法律、わなの種類・道具・設置方法、トレイルカメラ映像などを交えながらレクチャーする。また、「けもの道の見方、わなの仕掛け方」「止め刺し~解体まで」と題した実習やジビエの実食などが催される。

【開催中止】クリエイターの仕事場を見学『オープンKIITO 2020』神戸市中央区

 3月14日、神戸市中央区のKIITO(デザイン・クリエイティブセンター神戸)で『オープンKIITO 2020』が開催される。  同所にはクリエイティブなフィールドで活動を行う個人、企業、団体が入居するオフィススペース「クリエイティブラボ」があり、現在33組の入居者が活動している。『オープンKIITO』は年に一度行われる人気企画で、そのクリエイティブラボを特別公開。普段見ることのできない仕事場見学や入居クリエイターの仕事について直接話を聞くことが出来るという。  また、クリエイティブラボ入居者によるワークショップ、入居クリエイターがデザインや開発に関わった商品の販売やトークショーなども実施。  さらに、常設されている生糸検査所ギャラリーで生糸検査所時代に使われていた検査機器や歴史を紹介する「検査所ツアー」、KIITOのプログラムの中で活動する、参加者メンバーによる飲食ブースの出店なども行われる。

鉄人広場『第9回 鉄人ダンスフェス』神戸市長田区

 3月21日、神戸市長田区の鉄人広場で『第9回 鉄人ダンスフェス』が開催される。  広場に特設されたステージに例年40組以上のダンスチームが出演。キッズダンス、ヒップホップダンス、フラダンスなど様々なジャンルのダンスが繰り広げられる。

『星空鑑賞ガイド付宿泊プラン』 神崎郡神河町

 神崎郡神河町の宿泊施設で3月6日・13日・27日に『星空鑑賞ガイド付宿泊プラン』を実施する。  神崎郡神河町は満点の星空を見れるスポットとして人気を博しており、肉眼で流れ星や天の川も見ることができるという。今回は、星の綺麗な神河町を観光に結び付けられないかと、3月限定で宿泊施設とコラボした限定プランを販売。同プランでは、峰山高原ホテルリラクシア(6日)、ホテルモンテローザ(13日)、グリーンエコー笠形(27日)の3つが提供。各施設共通の特典として、ガイド付き星空鑑賞・お酒「満天の星」またはゆずホットの試飲・ヨーデルの森入園チケットがあるほか、夕食にニッポン全国鍋グランプリ2019で優勝した「ゆずとろろすき焼き」鍋を提供(グリーンエコー笠形)など実施施設で異なるオリジナル特典も用意される。  担当者は「3月は宿泊施設をメインに星の観光を行なうが、最終的には町全体で神河町の星をPR・観光する取組みが出来ればと考えています」と抱負を述べている。

兵庫県立有馬富士公園『かやぶき民家でひなまつり』 三田市

 兵庫県立有馬富士公園(三田市)で3月1日、『かやぶき民家でひなまつり』が開催される。   同園には、かやぶき民家や棚田、大規模な子供の遊び場「あそびの王国」を有する「出合いのゾーン」と、約2ヘクタールの広大な大芝生広場、三田市在住の彫刻家 新宮晋氏の寄贈によるモニュメントが展示されている「風のミュージアム」を有する「休養ゾーン」が設けられている。  同イベントでは、かやぶき民家に雛人形が展示され日本の懐かしい雰囲気を体験できるほか、ひしもちやぜんざいの販売も行われる。

神戸電鉄公式キャラクターしんちゃん&てつくんラッピング列車 デビューイベント

 四季折々の風景と神戸電鉄公式キャラクターしんちゃん&てつくんを描いたラッピング列車「しんちゃん&てつくんトレイン たのし~ずん」の運行が2月24日から開始されるに伴い、谷上駅にて2月23日にデビューイベント『出発式』が行われる。  当日は、今回デビューの「しんちゃん&てつくんトレイン たのし~ずん」と、2012年デビューの「HAPPY TRAIN★」がホームに並び、撮影会や電車の顔出しボード、HAPPY TRAIN★内には「しんちゃん&てつくんトレイン たのし~ずん」デザインのタペストリーを背景に使用したフォトスポット、しんちゃんぬいぐるみ大集合スペースなど、多数の撮影スポットを用意。  そのほか、キーワードラリーや限定オリジナル弁当の販売、ちびっこ運転室記念撮影、神戸電鉄オリジナルグッズの販売も行われる。なお、出発式は11時50分からで、12時からは谷上から岡場駅間1往復の特別運行が実施される。

アラベスクホール『ブレーメンの音楽隊』 加古川市

 加古川シティオペラ・ジュニア「チェルキオ」の第11回定期公演『ブレーメンの音楽隊』が3月1日、加古川ウェルネスパークのアラベスクホール(同市東神吉町)で上演される。入場無料。  チェルキオは、歌とお芝居の好きな小学生・中学生・高校生が活躍するジュニア劇団。加古川シティオペラが結成20周年となる2008年に次代を担うオペラ歌手を加古川から輩出することを目標として結成された。現役オペラ歌手が指導し、年に一回の定期公演と加古川市や高砂市のイベントにて合唱などのパフォーマンスも披露している。今回の定期公演では、合唱ステージと音楽劇「ブレーメンの音楽隊」を上演。鑑賞は無料だが、事務局などで配布する整理券が必要となる。

中央公民館『影絵劇 魔法つかいのおとぎばなし』 伊丹市

 伊丹市立中央公民館(同市千僧)で3月7日、現代影絵の専門劇団・かかし座による『影絵劇 魔法つかいのおとぎばなし』が上演される。2月4日から参加を受け付ける。先着180人まで。  1952年に創立された劇団かかし座は、日本で最初にできた現代影絵の専門劇団。小学校や幼稚園での演劇鑑賞教室、手影絵パフォーマンスの制作、影絵ビジュアルの制作など影絵による総合パフォーマンスを発信している。同公演では、3人の魔法使いが繰り広げる物語を美しい影絵とともに送るほか、手と体だけで色々な動物の影を紡ぎだす参加型の手遊びコーナーも実施される。

『第19回 かすみ・かに感謝祭』 美方郡香美町

 美方郡香美町の柴山港で3月8日、『第19回 かすみ・かに感謝祭』が開催される。入場無料。  柴山港は、山陰海岸ジオパークエリア内にある風光明媚な港で、四季折々の新鮮な魚介類が水揚げされる。毎年恒例の同イベントでは、同町に訪れた人々に感謝の意を込めて開催されており、特産の松葉ガニや干物といった水産物が市場価格よりお得に購入できる販売コーナーをはじめ、多彩な催しを行う。  先着1000人を対象にカニ汁の格安販売や餅まき、巨大な赤イカの解体ショーのほか、小学生の子どもと保護者が背中を合わせて横歩きで競争する「親子カニ歩き競走」(25組限定)を実施。ビンゴゲームでは、次年度のカニシーズン時に使用できる同町宿泊券や松葉ガニなどの景品が用意されておりイベントを盛り上げる。

甲東公民館『甲東梅林梅びらき・文化祭』 西宮市

 甲東公民館(西宮市)で2月21日から3月8日まで『甲東梅林梅びらき・文化祭』が開催される。  甲東梅林は公民館の敷地に、樹齢100年以上の古木を交えた紅梅、白梅など39種の梅が約200本あり、2月上旬から見ごろを迎える。期間中は、公民館にて活動するグループがコンサートや展示を行うほか、土曜・日曜には甘酒(有料)なども用意。春の訪れを感じながら、優美な時間を過ごすことができる。

『花時計の植替え』 神戸市中央区

 今年2回目(延515回目)となる花時計(神戸市中央区)の植え替えが2月20日に実施される。  今回は、4月より家庭から出るごみの分別ルールのうち、カセットボンベ・スプレー缶の出し方が変わることにちなみ、神戸市のごみと資源の分別徹底のキャラクター「ワケトン」をモチーフにしたデザインに変更。パンジー(薄黄)1150株、パンジー(橙)100株、ビオラ(水色)350株、シロタエギク(白色)850株、タマリュウ(緑)550株の合計3000株を使い表現される。

『田能資料館のトリセツー田能遺跡サポーター倶楽部がみた資料館の一年ー』 尼崎市

 尼崎市立田能資料館(尼崎市)で3月29日まで『田能資料館のトリセツー田能遺跡サポーター倶楽部がみた資料館の一年ー』が開催されている。  田能遺跡では、2015年の復元住居の屋根の葺き替えをきっかけに「田能遺跡サポーター倶楽部」というボランティアが活動。同展では、サポーター倶楽部(ボランティア)の活動を紹介しながら資料館の1年を振り返るほか、整理する前の土器のコンテナや整理作業をするサポーター倶楽部の服装の展示が行われる。また、1年で6回行われるワークショップ「古代のくらし体験学習会」で製作された勾玉や矢、土偶、弥生土器なども見ることができる。

映画『星屑の町』

 25年愛され続けた人気舞台を、ヒロインにのんを迎えて映画化した『星屑の町』が3月6日より公開される。 <ストーリー>大手レコード会社の社員だった山田修(小宮孝泰)をリーダーに、歌好きの飲み仲間・市村敏樹(ラサール石井)と込山晃(渡辺哲)、青木五郎(有薗芳記)がコーラス、大阪ミナミでくすぶっていた歌手の天野真吾(大平サブロー)がボーカルを担当しスタートした「山田修とハローナイツ」。途中参加した西一夫(でんでん)を加え、それぞれの事情を抱えながらグループを続けてきたが、これといったヒット曲もなく、地方を回りながら細々と活動を続けていた。そんなある日、東京から故郷・東北に出戻り、再び歌手になる日を夢見る田舎娘・愛(のん)がグループに加入。すると状況が一変、たちまち人気者になったハローナイツ。思いがけず夢を叶えたかに見えたメンバーだったが─。

ホテル ラ・スイート神戸ハーバーランド『STRAWBERRY RED BUFFT 2020 ~Jewelry~』

 ホテル ラ・スイート神戸ハーバーランド(神戸市中央区)で2月25日・26日・3月24日・25日に『STRAWBERRY RED BUFFT(ストロベリーレッドブッフェ) 2020 ~Jewelry~』が開催される。要予約。  ラグジュアリーな空間のバンケットルーム「フローラ」を会場に4日間限定で実施されるイチゴのデザートブッフェ。昨年に初開催され、早々に予約が埋まってしまうなど好評を博した。  今年は「ジュエリー」をテーマに、ラ・スイート直営「ル・パン神戸北野」のパティシエによる宝石のようなスイーツと、フレンチシェフが手掛けるフィンガーフードを提供する。スイーツには、「いちごのショートケーキ グラス仕立て」や「ガトーショコラ いちご添え」、「マカロン」、「抹茶のガナッシュとホワイトチョコレートのクリーム」など約25種がラインナップし、思わず胸が高まる華やかなブッフェ台となる。フードメニューもキッシュやサンドイッチ、シーフードピラフ、スープなど充実している。

神戸市立灘区民ホール『おやこでBOUSAI<防災>inNADA ~子どもの命を守るため~』 神戸市灘区

 神戸市立灘区民ホール(神戸市灘区)で2月23日、『おやこでBOUSAI<防災>inNADA ~子どもの命を守るため~』が開催される。参加無料。  当日は、お菓子のポシェット作りやハザードマップの学び方、災害時に役立つ防災グッズを覚えるクイズ、心肺蘇生訓練、紙での食器作りといったワークショップをはじめ、防災人形劇、「子どもの命を守るために」と題した講演会など防災にまつわる様々な催しを実施。そのほか、東日本大震災・都賀川水害事故・くらしの防災ガイドなどの展示コーナー、アルファ米(非常食)と玉ねぎスープ、ミックスキャロットジュースの試飲食も展開される。

コービー・ブライアントさんへ感謝と追悼の意を表して「BE KOBE」モニュメントとフラワーロードをライトアップ

 メリケンパーク内の「BE KOBE」モニュメント及び周辺の公園施設、フラワーロード(神戸市役所前)で2月19日から25日まで、1月26日に急逝した元NBAプロバスケットボール選手のコービー・ブライアントさんへ感謝と追悼の意を表してライトアップが行われる。  コービーさんは、2001年から2011年までの10年間、神戸大使として神戸の魅力を世界に発信。神戸市では、現地時間の2月24日に米国ロサンゼルス市で行われる追悼式に合わせて、コービーさんが所属していたNBAロサンゼルス・レイカーズのチームカラーであるパープル(紫色)に上記施設をライトアップする。

【開催中止】『がん医療に関する市民公開講座』 神戸市中央区

 神戸市勤労会館(神戸市中央区)7階大ホールで2月29日、『がん医療に関する市民公開講座』が開催される。要参加申し込み。  同イベント主催の神戸市立医療センター中央市民病院では、「地域がん診療連携拠点病院」として質の高いがん医療を市民に提供できるよう「がんセンター外来」を整備し、各種がんに対し関連診療科が連携して、緩和ケアを含め効率的ながん治療を行っている。今回はシリーズ第23回目として多発性骨髄腫をテーマに、同院をはじめとした最新の治療情報を分かりやすく提供し、がんの正しい理解を深めて少しでも不安軽減につながるような講演会が実施される。

神戸ハーバーランド スペースシアター『3x3.EXE WORLD GAMES 2020』 神戸市中央区

 3人制バスケットボール「3x3(スリーバイスリー)」の国際大会『3x3.EXE WORLD GAMES 2020』が2月29日と3月1日の2日間、神戸ハーバーランド スペースシアター(神戸市中央区)で開催される。観覧無料。  かつてストリートなどで「3on3」として知られていた3人制バスケットボール。「3x3」は、世界統一競技ルールを設けた正式競技種目として 国際バスケットボール連盟(FIBA)が推進する競技で、1試合10分で終了するスピード感ある試合展開が注目を集めている。  同大会は、神戸で初めて開催される国際大会。男女共に「3x3.EXE PREMIER」2019シーズンの上位チーム、そして海外からもナショナルチームや強豪クラブチームが出場する予定となっており、全18チームが国や大陸をまたぎ3x3のNo.1を目指す。

ハンドメイド作品が集結『ハリネズミと、しばけんと、コーギーと。』神戸市中央区

 2nd SPACE KOBE(神戸市中央区)で3月7日から15日にクリエイター・作家による展示販売イベント『ハリネズミと、しばけんと、コーギーと。』が開催される。  同イベントは、根強いファンも多い動物「ハリネズミ」「柴犬」「コーギー」をモチーフにしたグループ展。イラスト・アクセサリー・陶器・羊毛フェルト・雑貨グッズなど様々なジャンルのクリエイター/作家が参加し、展示・販売が行われる。参加はイラストレーター・fumika、イラストレーター ・Gullig、アクセサリー作家・くあどり、雑貨クリエイター・ぷぅぷなど。また、テーマ以外の動物も大集合するという。

たつの市立龍野歴史文化資料館 特別展『ひいなー龍野と京都の雛人形ー』 たつの市

 たつの市立龍野歴史文化資料館(たつの市)で2月22日から4月12日まで、特別展『ひいなー龍野と京都の雛人形ー』が開催される。  同館で3年に一度開催している恒例の「ひいな展」。今回は、龍野城下町の一部が重要伝統的建造物群保存地区に選定されたことを記念し、城下町に伝わった雛人形が主に展示されるほか、日本の人形・玩具文化を形成してきた京都で飾られてきた雛人形や服飾なども京都文化博物館の協力を得て紹介。また、第2会場の重要伝統的建造物群保存地区にある大正ロマン館では、雛人形に加えて「古今を結ぶ 日本の心を伝える水引展」も同時開催される。  さらに会期中は、ギャラリートークやミュージアムトーク、ワークショップといった関連イベントに加え、龍野の町屋や店舗などでひな人形を公開する「龍野ひなまつり」(3月14日~22日)、子どもの健やかな成長を願う「龍野ひな流し」(20日)も行われる。

兵庫駅前に子育てひろば『キャナルタウンおやこひろば』がオープン

 2月21日、JR「兵庫駅」前に子育てひろば『キャナルタウンおやこひろば』(神戸市兵庫区)がオープンする。  0歳から6歳までの子どもと保護者が気軽に訪れ、くつろげる子育てひろばとしてキャナルタウン中央施設棟4階にオープンする同施設。赤ちゃんが安心して動き回れるスペースや授乳スペースに加えて、おもちゃや絵本が用意され、子育て中の親からの相談を受け付けたり、育児や子育てに関する情報提供を行ったりと、子育て支援に取り組む。  またアシックスジャパン株式会社との連携を実施。同施設が持つノウハウや器材を利用し、子どもたちが体を動かす楽しみを感じながら、親子で一緒に楽しめるプログラムを行うほか、発達がゆっくりな子どもと保護者を対象にした講座やイベントも予定されている。  オープン初日となる21日には、特別イベントを開催。こべっこランドのマスコットキャラクター“カーモ”が登場し、子どもたちと触れ合うほか、エプロンシアターや、記念品のプレゼント(先着50人)を行う。

六甲ライナー30周年記念『六甲ライナーフェスタ2020』神戸市東灘区

 六甲島検車場(神戸市東灘区)で『六甲ライナーフェスタ2020』が3月20日に開催される。  六甲ライナーが2月21日で開業30周年を迎えることを記念したもので、普段は体験できない特別な催しを実施。六甲ライナー床下体験(定員あり、整理券配布予定)をはじめ、洗車体験や車内見学、歴代グッズや開業前後の写真、歴代制服の展示などが行われる。また、制服着用写真撮影や六甲ライナー運転席からの風景動画の放映、「バッテリーカーに乗ろう」といった子ども向けのイベントも多数。来場者に先着で「開業30周年記念オリジナルクリアファイル」のプレゼントも用意されている。  同社では3月20日から5月31日まで「インスタグラムフォトコンテスト」も開催。「六甲ライナーの車両が写っている作品」「六甲ライナー沿線風景の作品」の部門を設け、それぞれに最優秀賞1点、優秀賞5点が選定される。  さらに開業30周年記念ヘッドマークを装着し、5月31日までの期間運行する(開始時期は2月21日頃。終了期間は変更の場合あり)。

淡路島『CRAFT CIRCUS』リニューアルオープン

 淡路島の美しい海や夕陽を一望できるロケーションで、淡路島産の食材を使った料理や音楽などのパフォーマンスを提供し、世界の雑貨や伝統工芸品を販売する施設、淡路島『CRAFT CIRCUS(クラフトサーカス)』が2月15日にリニューアルオープンした。  兵庫県ひょうご「食」担当参与の山下春幸シェフ監修のもと、淡路島産の食材をふんだんに使用した直径約40センチの「島ピザ」を含む約20種類の新メニューが販売されるほか、「島ピザ」のテイクアウトサービスも開始。また、メガサイズの「島ピザ」と、定番の人気メニューである最大100センチの「MEGA 淡路島クラフトパエリア」、「MEGA 淡路島クラフトバーガー」を「3大MEGAコース(約50人前)」と名付け、3月末までの期間限定でオープニング価格の10万円で提供される。  担当者は「本施設のリニューアルオープンを通じて、より一層多くの方々に淡路島を訪れていただき、地域産業の更なる活性化に貢献することを目指しています」と抱負を語る。

建築家・安藤忠雄氏講演「夢かけて走れ」 神戸市中央区

 兵庫県立美術館(神戸市中央区)ギャラリー棟ミュージアムホールで3月12日、建築家・安藤忠雄氏講演「夢かけて走れ」が開催される。要申し込み。  兵庫県内37大学では 12.6万人の大学生が学んでいるが、卒業後は7割が県外就職。特に近年は、就活支援サイトによる就職活動が主流化するなど、情報源の画一化、定量データ重視志向の進展もあり、大企業が集中する東京圏等への若者転出が一層加速しているという。このため同県では、若者に魅力ある雇用の場づくりに加え、県内の企業や地域の魅力を伝える様々な取り組みを展開。  同イベントは、その一環として、兵庫ゆかりの建築家・安藤忠雄氏を迎え、次代の兵庫を担う若者を対象に実施される。当日は、「自分の物差しで職業や暮らし方を選び実現することの大切さ」や「グローバルで物事を考えローカルに行動することの大切さ」、「兵庫の文化や地域の魅力(阪神淡路大震災から25年。震災後生まれの若者たちへ)」などをテーマに講演が行われる。

神戸北野美術館『猫を愛する芸術家の仲間展』 神戸市中央区

 神戸北野美術館(神戸市中央区)で2月19日から3月16日まで『猫を愛する芸術家の仲間展』が開催される。  神戸北野で暮らしている地域猫と保護ボランティア活動について知ってもらうことを目的に実施。期間中は、約30人の作家による猫をテーマにした作品の展示をはじめ、各作家が1~5点ポストカードなどのグッズの販売、ワークショップ、ライブペイント、トークショー、パーティーといった催しも行われる。なお売上の一部は、北野地域猫の主にキャットフード購入代金として寄付される予定。

『林田三木家ひなまつり』 姫路市

 林田大庄屋旧三木家住宅(姫路市)で『林田三木家ひなまつり』が開催される。開催日は2月21日から3月23日までの金曜から月曜と祝日のみ公開。  三木家住宅は江戸時代初期の建築物とされており、大庄屋の建築としては兵庫県下で推定できる最古の遺構で、主屋をはじめとする6棟の建物が県の指定重要有形文化財に登録されている。  同イベントでは江戸時代に作られた紙雛をはじめ、平成までの時代を超えた雛人形や手作りの雛飾り、雛道具など約50点を紹介。雛祭りの歴史や雛人形の顔、衣装の移り変わりを楽しむことができる。また2月29日にはトークイベントも行われる。

JICA関西食堂『ゴッホ展』コラボプレートを販売 神戸市中央区

 HAT神戸のJICA(ジャイカ)関西食堂で2月5日、『ゴッホ展』とコラボした特別メニューの販売が始まった。3月29日まで毎日実施。  JICA関西食堂は、独立行政法人国際協力機構関西センター(JICA関西)の1階にある食堂。月替りエスニック料理のほか、イスラム教の戒律に沿った「ハラル」料理や日替りの和食などを提供しており、食を通じて海外の文化を学ぶことができる。  今回の企画では、近隣の兵庫県立美術館で開催されている『ゴッホ展』(3月29日まで)とコラボ。毎日数量限定で販売される「ゴッホプレート」は、ゴッホ生誕の地であるオランダの伝統的なジャガイモ料理「スタンポット」やミートボール、ネギとマスタードのスープ、ライ麦パンなどが盛り付けられている。コラボ特典として、ゴッホプレートのレシートを『ゴッホ展』にて提示すると入場券が100円引きになり、同展の入場券をJICA関西食堂にて提示すると同メニューが100円引きになる。

神戸市交通局西神・山手線ソファを販売

 神戸市営地下鉄西神・山手線の車両で実際に使用されていたシートをアップサイクルしたソファが2月14日より発売中。  アップサイクルとは、不要となったモノを、形や質は変えずに素材として利用したり、元のモノの特徴を生かしてより良いものに作り変えることで付加価値を高めようとする考え方。  今回の山手線ソファは受注販売となるため、購入希望者は販売ページから申し込みが必要。緑17脚、オレンジ13脚の計30脚限定。なお、実際の商品が名谷駅の改札内に3月末頃まで設置されており、座り心地などを確かめることもできる。

映画『仮面病棟』

 現役医師・知念実希人が描く、シリーズ累計発行部数100万部を超える人気ミステリーの映画化『仮面病棟』が3月6日より公開される。 <ストーリー>ある日、当直医の速水(坂口健太郎)と凶悪犯に撃たれた女子大生の瞳(永野芽郁)が病院に閉じ込められてしまう。脱出を試みる2人は、入院記録のない患者、警察に通報しない院長とスタッフ、隠された病室、あるはずのない最新の手術室など次々と不可解な異変に遭遇する。病院の仮面に隠された、国家をも巻き込む衝撃の真実とは―。

『IKEAカタログ 2020 春夏』無料配布

 「より快適な毎日を、より多くの方々に」をビジョンとするスウェーデン発祥のホームファニッシングカンパニーイケアの日本法人イケア・ジャパン株式会社より『IKEA カタログ 2020 春夏』が無料配布されている。兵庫県ではIKEA神戸(神戸市中央区)にて取り扱い中。  環境に配慮したFSC認証紙を使った全208ページのカタログで、日本、スウェーデン、フランス、シンガポールの4ヵ国限定で発行。機能的でサステナブルな商品だけでなく、これからの新生活に役立ち、手軽に取り入れられるアイデアやヒントがたくさん詰まっているという。  カタログは、イケアの「life@Home レポート(暮らしに関する調査)」を基に作られており、特に今回は多くの人が悩んでいる収納に着目。また、日本での暮らしも取り入れているため、より身近に感じられるコンテンツに仕上げられている。なお日本では620万部の無料配布を予定しており、デジタル版でも閲覧することができる。