『ASOKO de POKÉMON』神戸市中央区

 リーズナブル雑貨ストア・ASOKOは、神戸ハーバーランド umie店(神戸市中央区)を含む5店舗で1月18日より、人気キャラクター・ポケットモンスターとコラボレーションした『ASOKO de POKÉMON』を開催する。  子どもから大人まで幅広い世代に愛される“ポケモン”が、ASOKOのオリジナルデザインのアイテムとなって登場。モノクロの顔が並んだASOKOお馴染みのデザインを手がけるデザイナー「buggy」や、カラフルな色彩と力のぬけた線が特徴のイラストレーター「イフクカズヒコ」が、おしゃれで可愛いグッズに仕上げている。  iPhoneケースやトートバックなど日常使いできるものをはじめ、ステーショナリー、食器類など幅広いアイテムが揃う。今回は店舗に加え、全国4箇所でポップアップショップも展開されるなどいつもより大規模で実施される。

『姫セン VS 嵐山 関西人気No.1決定戦』ツイッター投票受付中

 現在、姫路セントラルパークと京都嵐山の人気を競う投票『姫セン VS 嵐山 関西人気No.1決定戦』がツイッターで行われている。  両者がコラボしたCMのオンエアを記念して行われている特別企画で、姫センの“園長”と渡月橋の“月橋 渡(つきはし・わたる)”といったキャラクター対決では渡月橋が勝利。今回の人気投票では、1月中旬段階で姫センの投票数が一歩リードしている。  姫センはサファリパークの入園料でスケートリンクを楽しめることや、誕生したばかりのカワウソ、レッサーパンダの赤ちゃんの可愛さなどでアピール。渡月橋は風光明媚な日本を代表する景勝地であることなどをアピールしている。 投票者には、抽選でAmazonギフト券や月橋渡グッズがプレゼントされる。また、姫センが負ければ、姫センの名前が1日だけ“渡月橋セントラルパーク”に 。嵐山が負ければ、商店街の名前が1日だけ“姫セン商店街 嵐山支店”になるという。

切手文化博物館 特集展示『子年に発行された切手』 神戸市北区

 切手文化博物館(神戸市北区)で2月3日まで、特集展示『子年に発行された切手』が開催されている。  日本はもとより世界各国の人々を魅了してやまない切手を展示する同館では、郵便創業時に発行された手彫切手をはじめ、140年の間に日本で発行された普通切手・記念切手を発行年代順・系統的に網羅。本格的な切手の常設展示のほか、明治時代に郵便配達夫が実際に使っていた肩掛箱や、郵便局で時を刻み続けた八角時計なども多数展示されている。  同展では、これまでの子年に発行された年賀切手や記念切手を展示。1972年に発行された「札幌冬季オリンピック記念シート」、1996年発行の「郵便切手の歩みシリーズ第6集」、「令和2年用年賀切手」などを見ることができる。

加古川総合文化センター『ドナルドさんとのおやくそく 食育&防犯講座』 加古川市

 加古川総合文化センター(同市平岡町)で2月4日、未就学児を対象とした『ドナルドさんとのおやくそく 食育&防犯講座』が開催される。参加無料。  同イベントは、ファストフードチェーン『マクドナルド』が展開する教育プログラム「ハロードナルド!」の一環。食事の時に“いただきます”を言う理由や、外で知らない人に声をかけられたときどうすれば良いかなど、食育と防犯をテーマにマスコットキャラクターのドナルドが分かりやすく話す。参加には事前に電話などによる申し込みが必要となっており、定員50人に達し次第受付終了。

2020年 麺初め

兵庫県にはツウも唸る、人気・注目度ともに非常に高い実力派ラーメン店が勢ぞろい。ツルッとなめらかに、個性的な味わいで、長く生きられるように!? 明るい1年を祈願して、新年一番に食べたいラーメンをバラエティ豊かに大特集。

尼崎新名物『猪名寺おでん』発売

 尼崎市にある居酒屋「空」を会場としたイベント「マルシェ&カフェ つむぎ」にて、12月7日から尼崎新名物として「猪名寺おでん」が発売されている。  園田北小学校区では、一人暮らしや認知症の高齢者が増加しており、近隣にスーパーマーケット等の商業施設もなく、買い物に困っている人が多くみられるという。このことから、買い物や気楽に立ち寄れる地域の方の居場所づくりとして寄せ合い市(マルシェ)とコミュニティ・カフェを併せた「マルシェ&カフェ つむぎ」を7月から出店、毎週土曜日の10時から12時に開催されている。  同所では、希少な地域資源である田能の里芋を活用した「猪名寺おでん」を新たに販売。また、マルシェでは尼崎で採れた新鮮な野菜や手作りのパンなどを販売し、カフェではコーヒーなどを飲みながら、交流を楽しめる。

JR赤穂線沿線『かきまつり』リレーイベント

 JR赤穂線沿線では2月2日から23日にかけて『かきまつり』のリレーイベントが開催される。  期間中は、蒸しがきの無料配布やかき即売会、かき味噌汁の販売などが行われる“かきづくし”のイベント『赤穂かきまつり』(2月2日/赤穂海浜公園)をはじめ、生かきの直売、かきづくし屋台の出店、焼がきバーベキューが催される『相生かきまつり』(2月9日/IHIふれあい広場)といった、旬を迎えたぷりぷりのかきが堪能できるイベントが実施される。  また、かき料理を提供する27店舗の紹介やかきの直売所を紹介した「相生牡蠣マップ」や、40店舗のかき料理の情報を掲載した「赤穂産牡蠣の味めぐりパンフレット」も発行され、パンフレット記載の対象料理を食べると応募できるプレゼント企画も行われる。(3月3日応募締切)

映画『男と女 人生最良の日々』

 1966年製作、クロード・ルルーシュ監督の愛の名作『男と女』の続編、監督やキャストが再集結して53年後の2人を描く『男と女 人生最良の日々』が2月7日より公開される。 <ストーリー>いまや記憶を失いかけている元レーシング・ドライバーの男ジャン・ルイ(ジャン=ルイ・トランティニャン)。そんな状況でもかつて愛した女性アンヌ(アヌーク・エーメ)のことを追い求める父の姿を見た息子は、アンヌを探し出そうと決心をする―。

ピオレ姫路 一部リニューアル&ニューオープンも続々

 JR姫路駅前の複合商業施設「ピオレ姫路」が2月から一部リニューアルを行う。  1月下旬から順次、リント、とりのすけ、保険見直し本舗、神戸レタスなどが閉店するほか、1月19日からフォルムフォルマ、ミスティック、ケンタッキー・フライド・チキンなどが改装のため一時休業する。  また、新規オープンも多数予定されており、3月4日にオゥパラディ(スキンケア・パフューム)、台湾甜商店(タピオカドリンク)、ラリン(スキンケア)、ラティス(アクセサリー)、 播州酒場(飲食店)が営業開始予定となっている。

大丸神戸店『2020バレンタイン ショコラプロムナード』神戸市中央区

 大丸神戸店(神戸市中央区)の9階イベントホールで、1月22日から2月14日まで『2020バレンタイン ショコラプロムナード』が開催される。  会場には名門ブランドから関西では初登場となるスイーツから定番チョコレートまで、約100ブランドが出店。カカオの華やかな香りと果実のような風味を特徴とするChocolaphil(ショコラフィル)の「ガトーショコラ レクタングル」やチョコレート菓子「白い恋人」のチョコレートをベースに誕生したショコラブランド・ISHIYA CHOCOLATE(イシヤチョコレート)「恋するチョコレート ミルフィーユ ルビー」、フレンチフライ専門店・AND THE FRIETが追究したサクサク食感とセンスあふれるパッケージが魅力のプレミアムスナック「ドライフリット」などが一堂に揃う。  会場のイートインスペースで楽しめる「ごほうびソフトクリーム」も登場。チョコレートのソフトクリームに、香ばしいフロランタンを砕いてトッピングしたラ・メゾン・デュ・ショコラの「コルネ メゾン」やスペイン産クーベルチュールチョコレート3種をブレンドし、トンガ王国産ヘイララバニラをミックスしたソフトにピスタチオ、ココナッツチーゲル、ブラウニークッキーをトッピングしたNakamura Chocolateの「ソフトサーブ」といった各ブランドこだわりのソフトクリームを味わえる。  また、1階にも特設会場を設置。老舗和菓子舗たねやが手がけるパティスリー・クラブハリエ(1月15日より)のボンボンショコラや絵本のような世界観で魅了するブランド・タルティン(1月22日より)のスイーツなどが販売される。

KIITO『BO祭~建築を好きになることが防災につながる~』 神戸市中央区

 神戸市中央区のデザイン・クリエイティブセンター神戸(KIITO)で1月25日、防災をテーマにしたワークショップイベント『BO祭~建築を好きになることが防災につながる~』が開催される。参加にはイベント公式サイトから事前申し込みが必要。  建築士や学生、建築に興味のある人を対象とした同イベントでは、お祭りに見立てた会場の中で、防災をテーマにしたコンテンツを楽しみながら学ぶことができる。構造家の大野博史さんによる講演会や、阪神・淡路大震災以後、復興まちづくりに取り組んできたスタヂオ・カタリスト代表の松原永李さんによる復興まちづくり講演会に加えて、熊本地震でも活用された避難所用・紙の間仕切りシステムの組み立てなどの体験プログラムも実施。そのほか、屋台に見立てた協賛ブースを巡りスタンプを集めると、景品がもらえるラリー企画もある。

JA兵庫南にじいろふぁ~みん『冬のグルメフェア』加古郡稲美町

 JA兵庫南にじいろふぁ~みん(加古郡稲美町)で1月26日、『冬のグルメフェア』が開催される。  同イベントでは、赤穂坂越の殻つき牡蠣の販売や牡蠣お好み焼き、牡蠣焼きそば、牡蠣ピザ等の牡蠣グルメやフグの唐揚げカニ雑炊と冬に美味しい“あったかグルメ”が集結する。また、二千円以上の買い物レシートを提示すると新鮮野菜が当たるガラガラ抽選会に参加できるほか、店舗内では「りんごフェア」も実施される。  そのほか、研修棟2階では、ハーバリウムやガラスブローチ、壁掛け時計のワークショップや手作り雑貨の販売も行われ、1日中楽しめる。

ArtTheater dB KOBE『一箱古本市&アートマルシェ 新長田日和 vol.1』 神戸市長田区

 ArtTheater dB KOBE(神戸市長田区)で1月26日、『一箱古本市&アートマルシェ 新長田日和 vol.1』が開催される。入場無料。  一箱古本市とは、1人1箱のダンボールに古本を入れ持ち寄り販売するイベント。2005年に東京の「不忍ブックストリート」で始まり、今では日本全国に広まっているという。店のディスプレイや選書は参加者の自由で、訪れた人も本を売る人も一緒になって楽しむことができる。  同イベントは、古本とアート作品・アート関係のグッズや衣装などが混ざり合うマルシェとして実施。古本、絵本、アート作品、衣装、小道具、グッズ、占いなどの店が軒を連ねるほか、劇場ロビーでは喫茶店も設けられ、買い物の合間にコーヒータイムも楽しめる。

OSシネマズ神戸ハーバーランド『映画ドラえもん のび太の月面探査記』上映

 OSシネマズ神戸ハーバーランド(神戸市中央区)で2月29日、知的障がい児など向けの無料上映会が開催される。2月11日まで参加者の応募受付中(応募多数の場合は抽選)。  阪急阪神「未来のゆめ・まちプロジェクト」の一環として、知的障がいのある子どもとその家族をペアで招待。37回目となる今回の上映作品は、昨年3月に公開された『映画ドラえもん のび太の月面探査記』。直木賞作家・辻村深月が”新たな映画ドラえもん”として描くSF冒険ファンタジーとなっている。別途参加費で追加参加者の同伴も可能で、その参加費は障がい者団体などに全額寄付されるという。  また、 発達障がいのある子どもたちの「自己肯定感」を高める音楽教室「ツナガリ Music Lab.」の武藤紗貴子氏によるミニセミナーも開催予定。 <ストーリー>月面探査機が捉えた白い影が大ニュースに。のび太はそれを「月のウサギだ!」と主張するが、みんなから笑われてしまう。そこでドラえもんのひみつ道具「異説クラブメンバーズバッジ」を使って月の裏側にウサギ王国を作ることに。そんなある日、転校してきた不思議な少年・ルカ(皆川純子)と一緒にのび太たちがウサギ王国に行くと、そこで偶然エスパルという不思議な力を持った子どもたちと出会う。そして突如現れる謎の宇宙船…エスパルはみんな捕えられ、ドラえもんたちを助けるためにルカも捕まってしまう。果たしてのび太たちはルカを助けることができるのか-。

『北はりまfun fan ライド(ファン ファン ライド)2020 ~ポタっとグルっと北播磨~』加東市、西脇市、多可町

 北播磨地域を自転車でめぐる『北はりまfun fan ライド(ファン ファン ライド)2020 ~ポタっとグルっと北播磨~』が3月15日に開催される。3月2日まで、先着で参加者を募集中。  初開催となる今回は加東市、西脇市、多可町で実施。約60キロの初心者から中級者向けのショートコースとなっており、タイムを競うレースではなく同エリアの自然や地元グルメを楽しみながら参加者が同エリアに親しむことを目的にしている。  コースには北播磨最大級の貯水池「翠明湖」や“日本のへそ=子午線=時”をテーマにした「日時計の丘公園」、四季折々の里山を体感できる「なか・やちよの森公園」、竜の躍動に似たことで名が付いた飛び鮎の名所としても有名な闘竜灘があり、サイクリングしながら豊かな景観を満喫できる。

神戸の漁師が監修した海鮮丼・おにぎり専門店が大丸神戸店に登場

 神戸の新鮮な魚、漁師、漁師飯をコンセプトにした「漁師めし 海鮮丼・おにぎり専門店」が1月20日に大丸神戸店にオープンする。  同店は、「美味しい神戸のお魚を全国のお客様に知って頂きたい!!!」との想いから神戸市漁業協同組合がオープンする店。その日の獲れた魚により中身が変わる「神戸漁師獲れたてはみだし海鮮丼」をはじめ、鮮度を保ったまま釜揚げされた「神戸漁師まえどれ釜揚げしらす丼」、神戸の海の獲れたて穴子を使用した「神戸漁師美味たれ天然焼き穴子丼」、新鮮な材料で作る塩干ものを使用したおにぎり「神戸漁師にぎり飯」などがラインナップする。また、店内には漁師ならではの大漁旗や、漁師だから知っている魚や海苔の漁業の“ひとこと解説”があり、食事をしながら神戸の漁業のことについても知ることができる。  担当者は「最高のお魚の食べ方を知っている漁師さん監修の漁師めしの丼・にぎり飯をご堪能下さい」と来店を呼び掛けている。

長田神社『古式追儺式』神戸市長田区

 長田神社(神戸市長田区)で2月3日、県の重要無形民俗文化財に指定されている『古式追儺式(こしきついなしき)』が行われる。  室町期より続く行事である古式追儺式は、節分祭から始まり、神の使いとしての鬼が神々に代わり全ての災(わざわい)を払い清め、清々しい良い年を迎えることを祈り踊り、1年間の人々の無病息災、家内安全を祈る。  古来より、参拝者はその松明の灰をかぶることにより祓(はらい)を受け、松明の燃え残りを家の入口に吊して除災招福を願うという。また、ヤナギなどの木に小さく切った餅や団子をさして飾る「餅花」を食べる事が風習となっていることにちなみ、当日はミニサイズの松明と餅花の販売が行われる。

HDC神戸『鬼は外!福は家!節分こどもまつり』 神戸市中央区

 神戸市中央区のハウジング・デザイン・センター神戸(HDC神戸)B1F ステーション広場で1月25日と26日、『鬼は外!福は家!節分こどもまつり』が開催される。  会場では、鬼退治をテーマにしたゲームやボールを使ったゲームなど節分にちなんだ遊びをはじめ、射的やヨーヨーつり、カタカタプリンコゲーム、千本引きなどが並ぶ縁日コーナー、福豆つかみ取り、駄菓子屋など多彩な催しを展開。また、「こども縁日」と「節分遊び」では、各日先着300人にプレゼントも用意される。

第7回こども北摂里山探検隊『一庫公園の森探検と炭焼体験!』 宝塚市

 兵庫県立一庫公園(川西市)で2月1日、第7回こども北摂里山探検隊『一庫公園の森探検と炭焼体験!』が開催される。要参加申し込み。  同イベントは、北摂里山博物館構想の一環として小中学生が里山を探検し、昆虫観察や自然観察、炭焼きなどの体験学習を行う全7回のプログラム。最後のプログラムとなる今回は、48ヘクタールの広大な敷地に芝生広場や遊具施設、自然観察の森、ダム湖などが兼ね備えられた兵庫県立一庫公園を舞台に、散策して拾った木の実で「飾り炭」を作ったり、森の木を使った木工体験などが行われる。

西山酒造場『今朝思慕里 酒祭』 丹波市

 西山酒造場(丹波市市島町)で2月1日と2日、蔵開きイベント『今朝思慕里 酒祭』が開催される。入場無料。  当日は、栽培の難しさから約60年生産が途絶えていた酒米「但馬強力」を使ったしぼりたての日本酒「純米大吟醸無濾過生原酒 今朝思慕里(けさしぼり)」の直売が行われ、毎年全国各地から同酒を求めて2000人以上が行列を作るという。また、グラス1杯から飲める高級酒の試飲や粕汁の販売のほか、同蔵の酒や商品が当たる抽選会(1回1000円)、酒粕のつかみ取り、地元産野菜の販売も行われる。

伊丹市立工芸センター 企画展『ハレの工芸~祝祭のかたち』 伊丹市

 伊丹市立工芸センター(伊丹市)で1月18日から2月24日まで企画展『ハレの工芸~祝祭のかたち』が開催される。  “ハレ”とは、祭りや年中行事、お祝い事など非日常を表すことば。同展では、“ハレ”をテーマに、陶・ジュエリー・漆・木工・ガラスなどの工芸作家85人が制作した作品が展示されるほか、一部作品は販売も行われる。また会期中には、作家本人による作品解説(1月18日)や、西洋のこぎりとギターのユニット「mollen」によるコンサート(1月26日)、「ステンシルでポチ袋&のし袋」(2月11日)、「水引でブローチをむすぶ」(2月23日)といったワークショップなども実施される。

食の講演会『ポリフェノールの専門家に聞く かぞくの健康力がUPする方法』神戸市中央区

 神戸市勤労会館(神戸市中央区)で​第5回食の講演会『ポリフェノールの専門家に聞く かぞくの健康力がUPする方法』が開催される。要申し込み。  同講演会は、抗酸化作用や美肌などさまざまな効果があると言われている「ポリフェノール」について、どうすれば無理なく摂れるか、など最新の研究を行っている神戸大学大学院農学研究科 准教授・山下陽子さんから話を聞くことができる。定員は120人、電話で申し込みを受け付けている。

映画『ヲタクに恋は難しい』

 イラスト投稿サイト「pixiv」で2014年から連載がスタートした人気WEB漫画を原作に、「勇者ヨシヒコ」や『銀魂』シリーズなどで知られる福田雄一監督が手がけたラブコメディ『ヲタクに恋は難しい』が2月7日より公開される。  “ヲタク”たちの熱量溢れる世界を華やかに盛り上げるミュージカル演出も仕掛けられるなど、ただの実写化では収まらない“ヲタクワールド”が繰り広げられる。 <ストーリー>マンガ、アニメ、BLをこよなく愛する腐女子・桃瀬成海(高畑充希)は、転職先の会社で幼馴染の二藤宏嵩(山﨑賢人)と再会する。ルックスが良く仕事もできる宏嵩だが、実は廃人クラスのゲームヲタク。周りの人々にヲタクだとバレる“ヲタバレ”を恐れて本性を隠している成海に、宏嵩は「ヲタク同士で付き合えば快適なのでは?」と提案し、2人は付き合うことに。充実した“ヲタクカップルライフ”が始まるかと思われたが、恋愛不適合者の2人には、数々の試練と困難が待ち受けていた―。

ニューラフレア ポップアップショップ『こたつとおでん』期間限定オープン

 旧居留地(神戸市中央区)にあるカフェ・ニューラフレアの2階で、1月9日よりポップアップショップ『こたつとおでん』がオープンしている。2日前までの要予約制。  居留地の街並みを眺められる窓際にこたつ席を3卓設置。温まりながら食事のほかカードゲームを楽しむことができる。また、レトロかつユニークな柄の半纏も貸し出している。  「カレーおでんプラン」は4人より予約を受け付けており、1人2500円。メニューは「和風ねばとろサラダ」「おつまみ枝豆」「フライドポテト(黒七味orのり塩)」「カレーおでん11種」「〆のチーズカレーリゾット」「カゴ入りみかん」といったフルコースで提供される。

兵庫県広域防災センター『ロープ救助大会 縄救2020』 三木市

 各地から消防救助隊員が集まり、災害を想定した課題で救助技術を競い合う『ロープ救助大会 縄救2020』が1月18日と19日、兵庫県消防学校・兵庫県広域防災センター(三木市)で開催される。観覧無料。  『縄救』は、既存の大会にはまだ手の届かない初級・中級レベルの救助隊や、そういった大会に出ることが難しい少人数の救助隊の実践の場として2015年にスタートしたロープ救助大会。互いの競技を見学し、評価するなかで、技術の向上などを目指し、今回で6回目の開催となる。全国と台湾から約100人の消防救助隊員が集まり、宙づり救助や登はんリレーといった競技を繰り広げる。会場では、消防学校の消防車との記念撮影や協賛各社による展示・販売に加えて、グルメ屋台も並び、各ブースを巡りながら見学を楽しむことができそうだ。

西宮市立中央体育館 Bリーグ『西宮ストークス VS 熊本ヴォルターズ』

 西宮市立中央体育館で男子プロバスケットボール・Bリーグ『日産プリンス兵庫 presents 西宮ストークス VS 熊本ヴォルターズ』が1月25日と26日に開催される。  現在B2リーグにおいて2位をマークしている西宮ストークスのホームゲームとなっており、両日「神戸市 小中高生 無料DAY!」として割引企画を実施。神戸市に在住、在学の小中高生は無料で観戦することができるほか、その家族にも割引が適用される。  会場ではストークスチアリーダーズやフリースタイルバスケットボールクラスの選抜チームなどによるパフォーマンスも繰り広げられ、シーズン後半戦に突入しここから首位を目指して戦う西宮ストークスの試合を大いに盛り上げる。

『第5回 さよう健康フェスティバル』 佐用郡佐用町

 さよう文化情報センター(佐用郡佐用町)とその周辺で1月26日、『第5回 さよう健康フェスティバル』が開催される。参加無料。  子どもから高齢者まで健康や体力づくりなど健康について楽しみ・知り・体験できる同イベント。当日は、役場裏を発着点に佐用川沿いを小学生が走る「子ども駅伝」をはじめ、佐用郡比売神社を巡る6キロのウォーキングイベント、近畿大学生物理工学部の准教授で様々なメディアにも出演する谷本道哉さんの講演会を実施。また、血管年齢測定や栄養相談、頭と体の健康教室体験などが設けられた「健康・福祉ブース」、佐用の特産物やホルモン焼うどん、ジビエ料理といったグルメを販売するコーナーも設けられる。

兵庫県立芸術文化センター 映画監督・林海象による演出『かげぜん』西宮市

 兵庫県立芸術文化センター(西宮市)で、終戦時代の混乱期を題材にした舞台作品『かげぜん』が1月29日に開催される。  同作品は、戦争間際の時代を描き、戦争のむなしさ人としての意地や優しさ、血縁だけではない人と人との繋がりなど、現在でも色あせることのない、人の想いを紡ぎだしている骨太な作品になっているという。2010(平成22)年、東池袋あうるすぽっとで初演が開幕、多くの観客の笑いと涙を誘い、上演直後から再演が望まれていた同作品を、キャスト・スタッフを一新し、さらにより良い作品を目指し今回新たに上演される。  演出は映画監督・林海象さん、ジュノン・スーパーボーイ・コンテストでグランプリを獲得した上遠野太洸さんと元乃木坂46でモデル・舞台女優としても活躍中の相楽伊織さんが主演を務める。現在チケット発売中。

スヌーピータウンショップ バレンタインフェア『For my Valentine』

 三宮店(神戸市中央区)と伊丹店(伊丹市)を含むスヌーピータウンショップ全店で、バレンタインフェア『For my Valentine』が1月18日より開催される。  スヌーピーがハートを抱えた“ラブリー”なデザインが施されたアイテムが登場。ハートハンドルマグやハードガラスプレートといった数量限定の商品をはじめ、コインパスケース、ミニトート、スリムペンケースなど約10種類のアイテムが販売される。  また、1月11日からは節分をテーマにしたグッズも販売中。スヌーピーが虎柄のパンツをはいて鬼に扮したマスコットや、PEANUTSのキャラクターたちが豆まきをするデザインが描かれたクリアファイル、巾着など約10種類のアイテムがラインナップしている。

姫路市立水族館 企画展『UMAとへんてこ生物』 姫路市

 姫路市立水族館(姫路市)で1月18日から3月22日まで企画展『UMAとへんてこ生物』が開催される。  新館2階水族館ギャラリー内(UMAのコーナー)では、人魚の牙や人魚の骸骨、リュウグウノツカイのはく製などが展示され、日本各地にいい伝わるUMA(未確認生物)を紹介。本館では、へんな名前やへんな色形の生物など「へん」に焦点をあてた生物の特集と題して、クリオネやアホロートル、人面魚(コイ)の生体展示や標本展示、パネル展示が行われる。  また会期中には、“動物科学コミュニケーター”の大渕希郷氏による「へんてこ生物のトークショー」(2月11日)と、“探検家”高橋大輔氏による「UMA講演会」(3月20日)も行われる。

淡路ファームパーク イングランドの丘「オーストラリア森林火災」募金受付開始

 淡路ファームパーク イングランドの丘(南あわじ市)では、昨年から続くオーストラリアでの森林火災により被災した野生動物たちを救うための寄付金を集める募金箱を設置している。  現在、オーストラリアでは大規模な干ばつと森林火災が続いており、オーストラリア全土で10億頭以上もの動物たちが被害を受けていると言われている。また、ユーカリの森も多く失われ、野生のコアラたちにも影響が及んでいるという。  同園でもコアラをを飼育していることから、今回コアラ館に募金箱を設置。寄せられた寄付金で、今回の災害で被害を受けた動物たちを救うため、野生生物保護活動を行っている機関へ全額寄付するという。  なお、現時点では現金書留等での預かりなどは実施していない。

越木岩神社『節分祭』 西宮市

 西宮市の越木岩神社で2月3日、『節分祭』が開催される。参加無料。  同神社は、子授け・安産祈願にご利益があると伝えられており、毎年秋には赤ちゃんによる「泣き相撲」を開催。古くから奉納神事として相撲が行われ、現存する約200年前(天保2年)の絵馬にも描かれているなど、現在に至るまで伝統行事として行われている。  当日は午後7時より拝殿にて節分厄除祈願祭が行われ、その後境内にて豆まきを実施。地元の子どもたちを中心にたくさんの人が集まり、毎年この時期の風物詩として人気を博している。

六甲山スノーパーク『Freestyle Ski Festival』 神戸市灘区

 スキー経験者を対象にしたイベント『Freestyle Ski Festival』が1月18日、六甲山スノーパーク(神戸市灘区)で開催される。  フリースタイルスキーは、専用の板を使って滑走しながら設置されているジャンプ台を飛んだり、トリック(技)を決めたりするスキー競技のひとつ。同イベントでは、ジャンプやグランドトリック、後ろ向き滑りなどを学ぶことができる1日限りのレッスン教室が実施されるほか、閉会式時にじゃんけん大会や抽選会といった催しも行われる。参加には事前にメールによる申し込みが必要だが、定員に空きがある場合は当日先着順に受け付ける。  また、会場ではフリースタイルスキー専用の板を無料で試すことができる体験会&試乗会も開催される。

神戸文化ホール『レクイエム・プロジェクト神戸2020』 神戸市中央区

 合唱コンサート『レクイエム・プロジェクト神戸2020』が1月19日、神戸文化ホール(神戸市中央区)で上演される。  同プロジェクトは、阪神淡路大震災の被災者らによって2008年に神戸で始まり、現在では東日本大震災の被災地である北いわて(岩手県北部沿岸地域)や仙台、東京など全国7か所で継続して開催されている。プロジェクトを主宰するのは、『神戸ルミナリエ』の会場音楽を1999年から現在まで作曲し、テレビ・ドラマ音楽や番組音楽なども手掛ける作曲家でプロデューサーの上田益(すすむ)さん。ステージでは『神戸ルミナリエ2019』の会場音楽や、上田さんが団員らに被災体験を聞く中で生まれた組曲「レクイエム~あの日を、あなたを忘れない~」、ラテン語の詩に祈りを込めて作曲された「祈りの時」などの合唱曲が披露される。

神戸文化ホール『PRAY FROM KOBE2020 明日につなげるコンサート』 神戸市中央区

 神戸文化ホール(神戸市中央区)で1月19日、『PRAY FROM KOBE2020 明日につなげるコンサート』が上演される。  兵庫県合唱連盟が2012年から毎年主催するコンサートで、4年前からは今年25年目を迎える阪神・淡路大震災や東日本大震災をはじめ、各地での災害や紛争などの被災者のためのコンサートとして趣旨を拡大して開催されるようになった。ステージには、少年少女・中学高校・女声・一般の合同演奏などによる、多彩なハーモニーが響く。復興のシンボル曲『しあわせ運べるように』が国内外の合唱団とともに歌われるほか、上皇夫妻が被災地を訪れた時のことを詠んだ短歌に曲をつけた合唱曲も初披露されるという。当日は、災害からの復興や防災に関わるシンポジウムも同時開催される。  また3月8日には、元町1番街商店街(神戸市中央区)に設けられたステージにて、『街頭コンサート』も実施される。

『第14回室津かきまつり』たつの市

 たつの市の綾部山梅林入口にある羽子池駐車場で、1月26日に『第14回室津かきまつり』が開催される。  会場では室津かきをはじめとする魚介類や地元産農産物のPR・販売を実施。屋台も登場し、新鮮野菜やかき料理などを味わうことができるという。また、ステージイベントでは室津小学校児童による「室乃津太鼓」演奏が行われる。  当日は「たつの市梅と潮の香マラソン大会」が隣接会場で同時開催。混雑緩和のため、無料シャトルバスが臨時駐車場から運行する。

『藤原岬と行く!六甲山雪遊び満喫ツアー』 神戸市灘区

 六甲山スノーパーク(神戸市灘区)周辺で2月1日、『藤原岬と行く!六甲山雪遊び満喫ツアー』が開催される。  当日は、ソリ引きレースや雪上ボーリングなどが行われる雪上運動会が繰り広げられるほか、昼ご飯には、六甲山YMCAにて煮込みうどんを用意。また、午後からは落ち葉を集めて薪割りをし、自然の中で焼きいも作りを楽しめる。  なお、参加には申し込みが必要となっており、1月22日まで公式サイトにて受け付け中。スキーウェア上下、グローブ、スノーシューズも無料で貸し出しが行われる。

映画『さよならテレビ』元町映画館で上映

 元町映画館(神戸市中央区)で1月18日から2月7日まで、東海テレビドキュメンタリー劇場第12弾『さよならテレビ』が上映される。  かつて“お茶の間の人気者”だったテレビ。昨今では「テレビは観ない」と公言することがクールだった時代を通り越し、今はテレビを持たない若者も珍しくない。今、テレビで何が起きているのか…『ホームレス理事長』『ヤクザと憲法』のクルーが、自社の報道部に迫る。  本作は、東海テレビ開局60周年記念番組「さよならテレビ」(77分)に新たなシーンを加えて映画化されたドキュメンタリー。同テレビ番組は東海地方限定で放送されるやいなや、テーマだけでなく、その挑発的な演出が異例の反響を呼んだという。テレビの現場は日々、何に苦悩し、何を恐れ、どんな決断を迫られているのか。果たして、今のテレビにレゾンデートルはあるのか―。

有馬温泉「太閤の湯」に大型モダン・アート登場 神戸市北区

 有馬温泉 太閤の湯(神戸市北区)に、大型モダン・アートが設置されている。5月10日まで。  同アートの設置は、昨年実施された「六甲ミーツ・アート 芸術散歩2019」の出展作品の中から、有馬に相応しい作品を移設し、違った角度から「有馬温泉 太閤の湯」来館者に楽しんでもらいいとの思いから実施された。  作品は、東京藝術大学在籍アーティスト・若田勇輔さんの「Golden Cock(金鶏)」。温泉のエントランスを見つめるように設置されており、木々の中から顔を出している。新年が輝ける1年であることを祈念して設置されたという。

洋菓子ブランド・シーキューブ バレンタイン限定商品が新登場

 兵庫県西宮市に本社を置く株式会社シュゼット・ホールディングスが展開する洋菓子ブランド「C³(シーキューブ)」は、1月8日からバレンタイン限定商品を販売している。2月14日まで。(無くなり次第販売終了)  今回発売されたバレンタイン限定商品は、人気の焼きティラミスや、チョコレートの生地の中に、濃厚なチョコレートソースをたっぷり染み込ませた、チョコレート好きにはたまらないバレンタイン限定の焼きティラミスショコラなどのラインアップを取り揃えた。  パッケージにはイタリアの花や植物をモチーフにしたイタリアの伝統的なパターン柄を、バレンタインらしいピンクやゴールドの色であしらい “大人かわいい” デザインを施した。

ウェスティンホテル淡路『淡路島3年とらふぐ堪能プラン』淡路市

 淡路島にある癒しのリゾート「ウェスティンホテル淡路」で2月29日まで、『淡路島3年とらふぐ堪能プラン』が実施されている。1泊2食付、3日前までに要予約。  日本一の潮流と言われる鳴門海峡の激流の中で3年の歳月をかけて育てられ、滋味豊かな奥深い味わいと特有の食感から“冬の味覚の王様”と呼ばれる「淡路島3年とらふぐ」。期間中は、この高級食材を使った鍋コースと会席が登場し、冬ならではの味覚を愉しみながらホテルで上質なくつろぎの時間を過ごすことができる。  鍋プランは、料理人の熟練の技が光る艶やかな鉄刺、とらふぐ本来の豊かな味わいと濃厚な白子を堪能できる鍋へと続くコース仕立てで提供。会席プランでは、鉄皮の煮こごりと香住産赤海老の前菜をはじめ、柔らかさと旨味を引き出した淡路牛塩麹ローストビーフやとらふぐと穴子の香ばしい揚げ物など、淡路島3年とらふぐと兵庫県の食材を使った料理がラインナップする。夕食時にはふぐのひれ酒も提供される。

『六甲山を“スマホで”クローズアップしよう!』神戸市灘区

 兵庫県立六甲山ビジターセンター(神戸市灘区)で2月29日、写真講座『六甲山を“スマホで”クローズアップしよう!』が開催される。先着順で申し込み受付中。    同イベントでは、季節毎に様々な美しい風景を作り出す六甲山の花や野鳥、小さな生きものから雨のしずくなどを接写で撮る楽しさやテクニックなどを学ぶことができる。  当日は講師を迎え、屋内での座学の後、芝生広場で屋外実習が行われ、撮影した写真の品評も実施予定。担当者は「写真講座では山の自然をクローズアップする楽しさをお伝えしますので、ぜひご参加ください」と語っている。

『ジブリの思い出がいっぱい ~オーケストラによるドリームコンサート~』

 神戸国際会館こくさいホール(神戸市中央区)で4月12日、『ジブリの思い出がいっぱい ~オーケストラによるドリームコンサート~』が開催される。  となりのトトロ「となりのトトロ」や天空の城ラピュタ「君をのせて」、魔女の宅急便「やさしさに包まれたなら」、もののけ姫「アシタカせっ記」など、子どもから大人まで誰もが知っているジブリ作品の名曲を披露。  同公演のために特別に編成された選りすぐりの演奏者によるオーケストラ「ドリームチェンバーオーケストラ」が管弦楽を担当するほか、語りは映画『もののけ姫』アシタカの声で知られる松田洋治さん、歌をヴォーカルグループ「The Breeze Adventures(ザ ブリーズアドベンチャーズ)」、指揮を田尻真高さんが務める。ジブリの世界観をオーケストラで表現する迫力ある演奏が楽しめる。チケットは、神戸国際会館プレイガイドほか各プレイガイドにて販売中。

姫路セントラルパーク「フラミンゴの赤ちゃん」誕生

 姫路セントラルパークのサファリパーク内ウォーキングサファリで、同園では6年ぶりとなるチリフラミンゴの赤ちゃんが昨年12月に誕生した。  フラミンゴは本来暑い時期に繁殖することが多いため、今回は“季節外れ”の誕生だったという。生まれてきたヒナはきれいなピンク色の羽を持つ母親とは違い、白くてふわふわ・モコモコの毛に覆われており、寒さに負けず元気に成長中。小さくても片足でピーンと立つ様子を見ることができる。なお、親が飼育しているため、体重などの個体情報などは現在判明していない。  同園では、「この時期にしか見られない親子の様子をご覧ください」と来場を呼び掛けている。

新長田大橋地下道「ウォールギャラリー」にストリートピアノを設置

 新長田の大橋地下道の南側にある「ウォールギャラリー」にストリートピアノが設置される。  同所では、ピアノを通して、市民の方や来街者の方が街角で気軽に音楽に触れることで、まちに潤いとにぎわい、交流を生み出し神戸の魅力をより発信していくことを目的に、昨年12月5日から試験的にストリートピアノが設置され、好評だったことから本設置が決定した。  本設置当日の1月17日には地元音楽教室の先生・児童によるミニコンサートも実施予定。

『第21回 ひめじ良さ恋まつり』開催日決定

 『第21回 ひめじ良さ恋まつり』の開催日が決定した。今年は大幅に日程を変更する。  姫路中心市街地の各所でよさこいチームの演舞が行う人気イベントで、「姫路お城まつり」の1行事として開催。毎年全国から多くの参加者や観覧者が集う。大手前公園や城見台公園、商店街などで各チームが熱いパフォーマンスをはじめパレード形式の演舞などを披露する。  毎年夏に開催されているが、今年は7月から9月にかけて東京オリンピック・パラリンピックが行われ、姫路市でも関連行事を予定しているため、時期を変更。前夜祭を11月7日、本祭を8日に開催する。

『姫路城 冬の特別公開』 姫路市

 2月1日から29日までの1ヵ月間、姫路城で『冬の特別公開』が行われる。  同企画は姫路城の普段見ることができない場所を特別に公開し、文化財の魅力や保存継承の意義などを多くの人に知ってもらうことを目的に毎年開催。これまでに、「菱の門」や「折廻り櫓」、「東小天守」、「乾小天守」、「イ、ロ、ハの渡櫓」などが公開されてきた。  今回は、出格子付きの窓がりの門前を見下ろす位置につけられ、同時に上山里曲輪から備前丸へ向かう通路への関門となった「太鼓櫓」と、姫路城内で最も高い石垣の上に建つ櫓「帯の櫓(一部)」を見ることができる。また、特別公開に合わせ「姫路城入城記念書(御城印)」も期間限定で販売される。

姫路駅北にぎわい交流広場『ひょうご安全の日のつどい in 姫路2020』

 1月17日、姫路駅北にぎわい交流広場(姫路市)で『ひょうご安全の日のつどい in 姫路2020』が開催される。  兵庫県では、「防災減災推進条例」(平成17年4月1日施行)に基づき、阪神・淡路大震災の経験と教訓を継承し、“いつまでも忘れることなく、安全で安心な社会づくりを期する日”として、1月17日を「ひょうご安全の日」と制定。各地でイベントを行うなど、様々な事業に取り組んでいる。  今年で震災から25年目を迎えることを機に、姫路駅前でも初開催。兵庫県公館で行われる「1.17のつどい -阪神・淡路大震災25年追悼式典-」のライブ中継や個人ボランティアの登録、「防災パスポート」などの姫路市の取り組みの説明などが行われる。

大阪モノレール大阪空港駅『第4回 大阪国際空港雪まつり』 伊丹市

 秋田県からやってきた「かまくら」や「なまはげ」を楽しめる催し『第4回 大阪国際空港雪まつり』が1月18日と19日、伊丹市の大阪モノレール大阪空港駅舎下特設会場で開催される。入場無料。  同イベントでは、秋田県内でも降雪量の多いことで知られる横手市で毎年2月に開催される『横手の雪まつり』から「かまくら」が登場。見学や撮影に加えて、ミニかまくら作り体験や、かまくら解体ショーなどを繰り広げる。さらに、秋田県男鹿(おが)市からはユネスコ無形文化遺産に登録されている「なまはげ」が来場し、太鼓演舞や写真撮影会、練り歩きを行い人々と触れ合うという。  そのほか会場には、子どもたちが雪のすべり台やミニソリ遊びを楽しめる「雪のふれあい広場」が設けられるほか、横手名物「いものこ汁」の実演販売をはじめとした物産展、伊丹市マスコット「たみまる」らマスコットによるもてなしもある。

加古川ヤマトヤシキ『忍者屋敷迷路』

 加古川ヤマトヤシキ(加古川市)で『忍者屋敷迷路』が開催されている。1月19日まで。  同所の6階に親子で楽しめる迷路が登場、からくりや仕掛けのある迷路をたどり、砦を制覇する。ゴールするとおみくじがひけるほか、手裏剣の体験や、忍者の衣装を着てなりきり記念撮影も行なえ、買い物ついでに忍者気分を楽しむことができる。中学生以上500円、4歳~小学生400円、3歳以下無料。

洲本市文化体育館『早稲田摂陵高等学校ウィンドコンサート』 洲本市

 洲本市文化体育館の大ホールしおさい館(同市塩屋)で1月26日、『早稲田摂陵高等学校ウィンドコンサート』が開催される。現在、前売りチケットの販売が始まっている。  早稲田摂陵高等学校ウィンドバンドは、昭和32(1957)年に阪急少年音楽隊として発足。これまでにマーチングコンテスト全国大会にて11度の金賞を受賞するほか、テレビ出演、イタリア・フランス・スペインといった海外からも招待されるなど、国内外から高く評価されており、2020年6月にはイタリア・ジュリアノーヴァ国際音楽祭への出場も決定しているという。  今回のコンサートは、同バンドが例年夏に同館を利用したマーチングの公開練習を行っていることなどから開催が決まり、ステージではアラジン・メドレーなどを演奏するほか、マーチングパフォーマンスも披露される。チケットは前売り500円で、前売り完売時には当日券の販売はない。2歳以下の入場は不可。