街を、もっと楽しもうKiss PRESS

お気に入り一覧
記事検索
ルーレット
お出かけ先に迷ったら!
koyo_l

カメラ片手に出かけたい 紅葉スポット2022

日ごと秋が深まる中、各地で紅葉の見ごろの時期が迫ってきました!街中で気軽に紅葉狩りを楽しんだり、歴史あるお寺と紅葉のコラボレーションを楽しんだり…。カメラ片手に訪れたい、県内の紅葉スポットをご紹介♪

【1ページ目】
・六甲高山植物園(神戸市灘区)| 10月下旬~11月下旬
・須磨寺(神戸市須磨区)| 11月中旬~下旬
・高源寺(丹波市)| 11月上旬~中旬
・相楽園(神戸市中央区)| 11月中旬~12月上旬
【2ページ目】
・書寫山圓教寺(姫路市)| 11月中旬~下旬
・最上山公園もみじ山(宍粟市)| 11月中旬~下旬
・好古園(姫路市)「紅葉会」| 11月18日~12月4日
・常瀧寺(丹波市)「Yellow Forest Festival 2022」| 11月23日(水)、26日(土)、27日(日)、12月3日(土)、4日(日)
【3ページ目】
・王地山公園・王地山まけきらい稲荷(丹波篠山市)| 11月初旬~中旬
・猿尾滝(美方郡香美町)「小さな紅葉まつり」| 11月6日
・養父神社(養父市)「やぶもみじまつり」| 11月5日~23日
・再度公園(神戸市北区)| 11月中旬~下旬
※天候の関係で見ごろの時期がずれる可能性があります

 

一足早く紅葉を撮影するならここ!
六甲高山植物園(神戸市灘区)| 10月下旬~11月下旬

img632c07d6f14ae_xl

約1,500種の植物を鑑賞することができる、六甲高山植物園(神戸市灘区)では10月中旬から紅葉が見ごろを迎えます。

標高865mする同園では市街地よりも一足早く紅葉が始まり、定番のカエデのほか、シロモジやコアジサイ、高山植物のチングルマなど、様々な植物が色づき、黄色から紅色の錦絵のような見ごたえのある景色が広がるそう。

img632c0828d3ba6_xl

なかでも、日本最大級ともいわれるドウダンツツジの紅葉は圧巻!

「髙橋匡太≪キラ★キラ★キラリー ~夜の絵具を探せ!~≫イメージ 撮影:村上美都」

「髙橋匡太≪キラ★キラ★キラリー ~夜の絵具を探せ!~≫イメージ 撮影:村上美都」

園内では11月23日まで現代アート展「六甲ミーツ・アート芸術散歩2022」も開催しており、アーティスト・髙橋匡太氏による参加型作品を鑑賞することもできます。夜間には「ひかりの森~夜の芸術散歩~」も開催されるので、昼間とはまた違った幻想的な景色をお楽しみください。

見ごろ 10月中旬~11月上旬
場所 六甲高山植物園(神戸市灘区六甲山町北六甲4512−150
時間 10:00~17:00(最終入園16:30)
※「ひかりの森~夜の芸術散歩~」は17:00~20:00(11月23日まで)
入園料 大人(中学生以上)700円(税込)、小人(4歳~小学生)350円(税込)
※「ひかりの森~夜の芸術散歩~」は別途入場料が必要です
公式サイト https://www.rokkosan.com/hana/

→詳細情報はこちら! 

 

ここでしか撮れない、三重塔と紅葉のコラボレーション♪
須磨寺(神戸市須磨区)| 11月中旬~下旬

img6344b4108004b_xl

古くから景勝地として親しまれ、与謝蕪村や松尾芭蕉など多くの歌人も訪れた、真言宗須磨寺派の大本山の寺院『須磨寺』では、11月中旬から下旬にかけて紅葉が見ごろを迎えます。

img6344b4602e2e4_xl

三重塔と真っ赤に色づいた紅葉は、須磨寺でしか見ることのできない美しい景色と言われるほど。

境内では無官の太夫・平敦盛の首塚や、義経腰掛けの松など、源平ゆかりの史蹟を見て回ったり、「オモロイ寺にしたい」という住職の願いから設置された“オモロイもの”を巡る「おもろいもん巡り」も併せて楽しむことができます。

img6344b472edc16_xl

見ごろ 11月中旬~下旬
場所 大本山須磨寺(神戸市須磨区須磨寺町4丁目6-8
拝観料 無料
拝観時間 8:30~17:00
公式サイト https://www.sumadera.or.jp/

→詳細情報はこちら!  

 

参道に広がる「紅葉のトンネル」は“必撮”!
高源寺(丹波市)| 11月上旬~中旬

img634298c09a5f0_xl

丹波屈指の名刹として名高い丹波市青垣町にある『高源寺』。例年、11月上旬から葉が色づき始め、中旬まで見ごろの時期が続くとのこと。

境内の多くのカエデは開祖である遠谿祖雄禅師が中国から持ち帰った「天目カエデ」で、葉が小さく葉の切れ目が深く枝が垂れ下がるのが特徴。その「天目カエデ」をはじめとする約200本の楓が境内を鮮やかに染めます。惣門から山門にいたる参道に広がる「紅葉のトンネル」や、多宝塔を取り囲むように生い茂る紅葉は必見!

紅葉のトンネル

紅葉のトンネル

10月29日から11月27日の期間中は土、日、祝日を中心に伝統芸能の「猿回し」が実施予定となっています。11:00から15:00の間で随時猿回しが披露されるんだとか。

img634298d129470_xl

カエデの葉が色づいて境内を紅く覆いつくすさまは「三丹随一の紅葉の名所」としても呼び声高い同寺。鎌倉時代に開創された長い歴史を誇る古刹にて色鮮やかな紅葉の絶景をご覧になってはいかがでしょうか。

見ごろ 11月上旬~中旬
場所 高源寺(丹波市青垣町桧倉514
拝観料 大人 300円(税込)、小・中学生 100円(税込)、未就学児 無料
拝観時間 8:30~16:30(17:00閉門)
公式サイト http://www.kougenji-tanba.or.jp/

 →詳細情報はこちら! 

 

わびさびを感じる日本庭園で紅葉写真を♪
相楽園(神戸市中央区)| 11月中旬~12月上旬

img6344329b70eed_xl

神戸市内で気軽に紅葉散歩が楽しめる『相楽園』では、毎年11月中旬から12月上旬頃まで園内の紅葉が見ごろを迎えます。池の周りに配置された飛石や石橋を渡りながら、深山幽谷(しんざんゆうこく)の風景を巡る「池泉回遊式」の日本庭園内で、都会の喧騒から離れてのんびりと紅葉狩りをお楽しみください♪

img634432a1e6ba5_xl

約6,000坪の広大な敷地を持つ同園は、都心にいながら気軽に紅葉が楽しめるスポットとして大人気。紅葉の範囲は庭園全域で、イロハモミジとオオモミジを観賞することができます。

土橋から「船屋形」を望む紅葉

土橋から「船屋形」を望む紅葉

職員さん曰く、イチオシの観賞スポットは庭園の真ん中にある土橋の上。橋の上から船屋形の方を眺めた時に眼前に広がる紅葉の景色は特に素晴らしいそうです。

見ごろ 11月中旬~12月上旬
場所 神戸市立相楽園(神戸市中央区中山手通5丁目3-1
入園料 大人(15歳以上)300円、小人(小・中学生)150円
拝観時間 9:00~17:00
休園日 木曜日(祝日の場合は開園し、翌日休園)、12月29日~1月3日
公式サイト http://www.sorakuen.com/

 →詳細情報はこちら! 

 

2ページ目(書寫山圓教寺、最上山公園もみじ山、好古園、常瀧寺)に移動する

掲載情報は2022年11月1日配信時のものです。現在の内容と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。
料金は税込表記を基本としています。
続きを読む

おでかけルーレット

スタート!
ストップ!
もう一回

条件に合うおでかけ情報が
見つかりませんでした

条件をかえる
とじる