oohashisamune

シンガーソングライター 大橋トリオにインタビュー

2月にニューアルバム『This is music too』をリリースした大橋トリオ。今までにないアプローチ、メロディーの楽曲も収録されており、“アーティスト・大橋トリオ”としての新たな魅力を開花させた1枚となっている。また、「とにかく爆音で聴いてほしい」と語るほど、良質を超えた極上のサウンドにも注目。今作について、さらに生まれ故郷・兵庫県への印象などについて話を聞いた。

1曲1曲をとことん全力で

―2月リリースのニューアルバム『This is music too』。インディーズの時代の『THIS IS MUSIC』の続編になるのでしょうか?
実は全く関係ないんです(笑)。「too」と「2」を掛けて、あとは響きの良さで決めました。色々コンセプトを考えてはみたんですけど、曲が出来上がっていく中で「これはコンセプトと違うな」とか「当てはまらないな」という作品が増えてきて。だからあえてカチッとしたコンセプトは設けずに、1曲1曲をとことん全力で楽しみました。

―コンセプトがなくても、統一感や遊び心を十分に感じられる1枚ですね。
コンセプトが決まらないし、決めても全うできない。そうなると、それぞれの曲をいかに面白くできるかにかかってくる。今回も当然“締め切り”という壁がある中で、いろいろ皆で試したり遊んだりできたと思います。例えば自分で全曲作るのも当然アリなんですけど、切羽詰まって作るより、誰かに楽曲提供をお願いしてみたり。今作でいうと、「Let us go」「Ways and scenes」「quiet storm」の3曲がそうです。“大橋トリオ”というアーティストがそれでもっとアップするんだったら、そっちの方が正解かなと今では思っています。

PR

夢に日付を。輝く未来を。ワールドグループ。
夢に日付を。輝く未来を。ワールドグループ。

夢に日付を。輝く未来を。ワールドグループ。