街を、もっと楽しもうKiss PRESS

お気に入り一覧
記事検索
ルーレット
お出かけ先に迷ったら!
shoin1

神戸松蔭女子学院大学 学生たちがめぐる神戸Vol.1

神戸松蔭女子学院大学文学部英語学科、岩田ゼミの学生たちが神戸の街をめぐり、お気に入りのお店を取材体験!学生のみずみずしい視点で「おいしい!」「かわいい!」「楽しい!」と思ったことを感じたままに書いてもらいました。

 

◆紹介店舗はこちら

▶1ページ目
神戸市中央区「CONCEPT SPACE SEE?」
神戸市灘区「ink BOOKS&COFFEE」
神戸市中央区「あら、りんご。」

▶2ページ目
神戸市中央区「ニューラフレア」
神戸市中央区「はた珈琲店」
神戸市中央区「みつまた喫茶店」

▶3ページ目
神戸市中央区「元町サントス」
神戸市中央区「Cafe L’ Arche」
神戸市中央区「とき珈琲店」

▶4ページ目
神戸市中央区「THE BEST CAFE」
神戸市中央区「ANGIE」
神戸市中央区「THE Chain Locker Coffee & Gelato Stand」
神戸市中央区「GLAMOURDISE」

 

artとcafeの融合 「CONCEPT STORE SEE?」

神戸にあるアートに囲まれたお店『CONCEPT STORE SEE?』。ここはギャラリー+カフェという今までにない空間を提供してくれる素敵なお店です。「美術館?ギャラリー?私には敷居が高すぎて無理」と思う人が多くいると思います。そんなギャラリーを誰もが楽しめるようにカフェを設けて写真映えする食べ物などを作ることで、それを楽しみに来たお客様が、ついでにアートを見ていこうと思えるそんなカジュアルな空間が広がっています。

CONCEPT_SPACE_SEE__①

シンプルなグレー一色に塗られた建物にガラス張りのドアが備えられており、「こんなところにお店があるのかな?」と心配したところに突然現れる、そんな着くギリギリまでドキドキワクワクできる神戸の静かな街の中にあります。

CONCEPT_SPACE_SEE__②

一番人気のメニューであるランチセット(チキン)、カップケーキ、ドリンクにマンゴージュース(写真左側)とレモネード(写真右側)をいただきました。

これらのメニューは近くの製菓学校の生徒さんが作られていたり、近所の精肉店のお肉を使用するなど、この店だからこそ食べられるものばかりでここでしか味わえないメニューになっています。ランチメニューからカフェメニュー、お酒まで幅広く食事を楽しむことができます。

 

CONCEPT_SPACE_SEE__③

ギャラリーと言えばホワイト一色のイメージがあるかもしれませんが、このお店はその白い部分を全て排除し、ギャラリーへの垣根をあえて低くする工夫をしています。

また、およそ2ヶ月に1度作品を入れ替えるため、全く違う雰囲気のお店になります。一度来た人が何度も楽しめる、他の店にはない新しいカフェです。写真にもある椅子や机は全て商品で、そこも変わっていくところが魅力の一つです。

 

CONCEPT_SPACE_SEE__④

この本棚の一部がドアになっており、中にはVIPルームの部屋があります。この部屋は年間契約してくださっているお客様や1時間8000円で利用できる部屋になっており、アートと食事を個人で楽しむことができます。ちょっとしたお誕生日会や特別なイベントに使うのにおすすめの部屋です!

また、本棚にはたくさんの絵本が置いてあり、小さなお子様でも楽しむことができます。

 

(記事担当:英語学科2年 杉原泉)

 

店名 CONCEPT STORE SEE?
場所 神戸市中央区中山手通4丁目11-20
アクセス JR元町駅から歩いて10分
営業時間 11:00~19:00
定休日 なし
TEL 090-4853-7646
公式Instagram https://instagram.com/concept_store_see

 

いつ誰と来てもゆっくりできる空間「ink BOOKS & COFFEE」

阪急六甲駅から徒歩15分ほどで着く「ink BOOKS & COFFEE」。

今回ご紹介するお店は、学生さんたちが内装や運営を手掛けており、とても落ち着ける空間の「ink BOOKS&COFFEE」です。Wi-Fi、電源が全席で利用できるため学生さんも利用しやすいお店。他にも、本が置かれていたり、週末の夜はBARもされているので、近くにお住まいの家族連れの方など幅広い世代の方が利用されるそうです。

ink-Books&Coffee①

建物に刻まれている「BOOKS&COFFEE」の文字もとってもおしゃれ。この看板は手作り出そうで、このお店ならではの看板なのでとても素敵です。

ink-Books&Coffee②HEIC

入り口はこのようにこじんまりしているため、「知る人ぞ知る場所」という雰囲気。白と茶色で統一感があり、アンティークな雰囲気が感じられるのも魅力的です。

ink-Books&Coffee③

店内に入ると読書や勉強に集中できる音楽が流れており、本棚には様々なジャンルの雑誌や文庫本が並んでいます。本の中には、お客様からの寄付もあるそうです。そしてゆったりくつろげる椅子に、作業にも充分な広さの机があり、それぞれの机に照明があるのもありがたいです。

ink-Books&Coffee④

今回提供して頂いたメニューは、「アップルクランブル」と「コーヒー」です。「アップルクランブル」はリンゴとシナモンがとてもマッチしていて、そこにさっぱりとアイスクリームが添えられていて、これからの季節にぴったり。メニューに関しては、季節ごとに新しい商品を出すようにされているそうです。

「いつ誰と来てもゆっくりできる空間」のカフェにぜひ行ってみてください。

 

店名 ink BOOKS&COFFEE
場所 神戸市灘区六甲台町6-20 2F
営業時間 月~木10:00~18:00、金~日・祝日・祝前日10:00~23:00 ※夜はアルコールあり
定休日 不定休

 

 

想いがぎゅっ!りんご愛溢れる素敵な空間「あら、りんご。」

青森県産のりんごを使用することにこだわったりんご専門店のカフェ!青森のりんご農家さんの想いとりんごの美味しさがぎゅっと詰まった素敵なスイーツで溢れています!1階で商品を購入することができ、2階がイートインスペースとなっています。

 

あらりんご1

お店の目印になっている看板!あらりんごの文字が描かれているデザインがおしゃれで思わず撮ってしまいたくなりました。店内の2階にもりんごの形をした可愛い照明があります。店員さんたちも優しく笑顔で話をしてくださいました!

あらりんご2

こちらのスイーツはタルトタタン!甘酸っぱく濃厚なりんごの食感とザクザクしているタルト生地が美味しかったです!

お店の方のお話では、「見た目にもこだわりを持ち手間をかけて、商品を手に取ったお客様に可愛いと思っていただけるよう、まるくホールの形に工夫をしている」とおっしゃっていました。綺麗で艶やかな色合いと可愛らしいサイズ感に惹かれてしまいます!

あらりんご3
さっぱりリフレッシュできるりんごサイダー!見た目が鮮やかで可愛らしいサイダーの中には、ゼリーや薄く切ったりんごが入っていてつぶつぶ、シャキシャキとした食感が新しかったです!酸味と甘味のバランスが良く合い、爽やかな味がして美味しかったです。

あらりんご4

最後にりんごのクランブル プレーンをいただきました!サクサクしたパイ生地やザクザクしたクランブル生地など色々な食感が楽しめるスイーツです!この商品にはりんごと他の食材の組み合わせを楽しんでほしいという想いが込められています。

a la ringoにはフランス語で「りんごな気分」という意味があるそうです。来店されたお客様に店内の商品やメニュー、雰囲気などを通してりんごの気分に浸っていただき、りんごの奥深さを楽しんでほしいという願いが込められているそうです。

(記事担当:英語学科2年 藪田結月)

店名 あら、りんご。 a la ringo
場所 神戸市中央区下山手通3丁目10-1
営業時間 10:00~20:00
定休日 不定休
TEL 078-334-1105
公式Instagram https://www.instagram.com/a_la_ringo/
掲載情報は2022年7月22日配信時のものです。現在の内容と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。
料金は税込表記を基本としています。
続きを読む

おでかけルーレット

スタート!
ストップ!
もう一回

条件に合うおでかけ情報が
見つかりませんでした

条件をかえる
とじる