int_takaoka-1

映画『リカ ~自称28歳の純愛モンスター~』より高岡早紀さんにインタビュー

「怖すぎて笑える!」「この女、怖すぎてヤバい!」とTwitterでトレンド入りするなど大きな話題となった連続ドラマ「リカ」がパワーアップしてスクリーンに登場!2019年に放送された「リカ」シーズン1、リカの少女時代を描いた「リカ~リバース~」に続き、映画『リカ ~自称28歳の純愛モンスター~』が6月18日より公開されています。

家族の愛に飢え、孤独の深淵で純愛を渇望する自称28歳の女性・リカ。ゾッとする怖さもありながら、時にはフフッと笑ってしまう突っ込みどころ満載のラブサイコスリラーです。主人公・リカを演じる高岡早紀さんに本作の見どころについてインタビューしました。

©2021映画『リカ ~自称28歳の純愛モンスター~』製作委員会

©2021映画『リカ ~自称28歳の純愛モンスター~』製作委員会

―映画では、シーズン1の最終回で捕まったはずの警察を抜け出して、愛する人の元へと向かったリカのその後が描かれています。映画化のお話を聞いた時の心境は?

リカは本来であれば映画になるような人物ではなく、まさかこんなにも皆様に支持されるなんて思っていなくて。原作は何冊もあるシリーズなので「続編もあったらいいね」という話は現場でしていましたが、まさか実現するなんて思ってもいませんでした。

SG__0145s

―夫像・結婚像・家庭像に少女のような憧れと純粋さを持つリカを熱演し「ハマり役!」との意見も多かった高岡さんですが、あえてリカとの共通点をあげるとすると?

ピュアに人を愛する気持ち。惑わされない強い気持ちは共感できる部分です。サイコパスで理解しがたい部分がたくさんありますが、一歩間違えると誰もがそうなってしまう可能性を秘めているんじゃないかと思うんです。そういった部分に共感して皆様支持してくださっているのかなと。でもリカのように絶対に踏み外してはいけません!(笑)

SG__0146s

―「リカ」でリカ役、「リカ~リバース~」ではリカの母親役、そして本作でまたリカを演じるという珍しいパターンでの続編となりました。

2作目で母親役と聞いた時は驚きました。時を経てならまだしも、リカを演じてすぐに母親役というのはなかなかないお話ですよね。サイコパスなリカを産んでしまった母親を責任を持って演じるというのは女優として楽しく、貴重な機会でした。そして今回の映画化でリカに戻るという…(笑)。リカの母親は心から愛情を注いでいたかと言われるとそうではないですが、ストイックなだけで虐待をしていたわけではないんです。でも、そのちょっと歪んだ家庭環境がそうさせたのではなく、リカ自身が元々サイコパスだったのではないか、と母親を演じたからこそ理解できる部分もありました。

SG__0152s

―ファッションも“リカ”を作り上げる上で大事なポイントになったのでは?

そうですね。難しい役柄なのでビジュアル的にどのように見せていくかというのはすごく話し合って、衣装合わせに一番時間がかかったかもしれません。数ある洋服から合わせていく中で花柄のワンピースがすごく目を引いて。リカは乙女で花が大好きなので、全部花柄にしたら面白いんじゃないかという結論になりました。他の作品でもそうですが、今回は特に普段ではなかなか着ない衣装ばかりだったので、その洋服を着るとリカのスイッチが入るというか、リカの人物像を作り上げていく上でとても重要な要素でした。これを着てどこに行くんだ?と思うような華やかな色合いで結構強烈ですよね(笑)。

SG__0143s

―予告編ではリカが宙を舞いスパイダーマンさながらに壁を這う、衝撃のシーンも公開されていますね。

そうなんです(笑)。ワイヤーアクションは怖いとか苦しいとか大変そうなイメージがあり「できるだけ最小限にして欲しい」とお願いしていましたが、実際に飛んでみると思った以上に簡単というか「ひゅ〜」と軽く舞い上がって。私がすごいのか、技術の進歩なのかわかりませんが(笑)、もっとやりたいなと思えるほど楽しかったです。

サブ

―そういったシーンも含め、目を離させない、瞬きさせないほどのスピード感や驚きも本作の魅力ですよね。

実際は瞬きしたでしょう?(笑)じっくり見る作品ではないので、ジェットコースターのように怖さ・面白さ・切なさがどんどん押し寄せるスピード感がこの作品にとって大事だと思います。エンターテインメントとしてわかりやすくワイヤーアクションの部分や笑えるシーンもあるとアピールしていますが、そこの部分だけじゃなくリカのピュアな愛情表現や切なさ、そういうストーリーも全て描かれています。

SG__0156s

映画『リカ ~自称28歳の純愛モンスター~』

©2021映画『リカ ~自称28歳の純愛モンスター~』製作委員会

©2021映画『リカ ~自称28歳の純愛モンスター~』製作委員会

山中でスーツケースに入った死体が発見された。被害者の身元は、3年前、逃走犯の雨宮リカ(高岡早紀)に拉致され行方不明になっていた本間。警視庁捜査一課の奥山(市原隼人)は、潜伏中のリカをおびき寄せるため、偽名を使いマッチングアプリでリカを探し出すことに成功。次第に“純愛モンスター”リカにのめり込んでいく。「やっと会える、雨宮リカ」―捜査と共にリカにのめり込んでいく奥山を心配する婚約者の孝子(内田理央)は、同僚の尚美(佐々木希)と共に彼の部屋へと向かうのだが…。

公開日 2021年6月18日(金) [PG12]
監督 松木創
出演 高岡早紀/市原隼人、内田理央、尾美としのり、マギー、佐々木希
原作 五十嵐貴久「リカ」「リターン」(幻冬舎文庫)
脚本 三浦希紗
配給 ハピネットファントム・スタジオ
劇場(兵庫) 109シネマズHAT神戸
MOVIXあまがさき
TOHOシネマズ西宮OS
TOHOシネマズ伊丹
公式サイト http://www.rika-28.com/

SG__0148s

取材・文:木下あづさ
写真:菅知美

おでかけルーレット

スタート!
ストップ!
もう一回

条件に合うおでかけ情報が
見つかりませんでした

条件をかえる
とじる