mitorizu

アニメ映画『ジョゼと虎と魚たち』より見取り図にインタビュー

芥川賞作家・田辺聖子が描く青春恋愛小説の金字塔が、ついに劇場アニメ化。瑞々しく真っすぐな純愛の中、お互いと自分自身を知って前に進んでいく姿が描かれたアニメ映画『ジョゼと虎と魚たち』が12月25日に公開されます。主人公・恒夫を演じるのは、若手人気実力派俳優の中川大志さん。恒夫との出会いをきっかけに止まっていた時間が動き出す車椅子の女性“ジョゼ”を、活躍目覚ましい清原果耶さんが演じています。公開を前に“新しいジョゼ”の魅力を伝えるべく、本作にも出演するお笑い芸人・見取り図のお二人が登場!見どころやアフレコ収録の裏話をはじめ、学生時代のエピソードや2020年の振り返りなどを楽しく語っていただきました。

―本作で声優初挑戦。オファーを受けた時はやはり驚きましたか?
盛山 声優にも興味がありましたし、こんなに有名な作品に携われるのはすごく嬉しかったです。僕、加藤ミリヤさんに「あなたの声はギフトです」って言われたことがあって、そのギフトをやっと活かせる時がきた!という感じでした。
リリー ようやくきたな、と。
盛山 お前…、駅員の一言しか喋ってないくせに(笑)。
リリー 一言だけじゃなくて舌打ちのシーンもちゃんとあります。
盛山 それは約分して一言や!
リリー 相方は僕よりたくさんセリフがあったのですが、僕の方が存在感は勝っていましたね。食ってやりました!
盛山 いや、食えてないよ?(笑)相方の僕すら、どこで出てきたかわからなかったです。

―アフレコ収録はスムーズに進みましたか?
盛山 20テイク以上は撮りましたね。
リリー 僕も10テイク以上ありました。
盛山 なんでそんなにあるねん(笑)。
リリー やっぱり俺がキーワードやからな。
盛山 (笑)

―どのようなことに苦労されたのでしょうか?
リリー 「もう少し違う表現でお願いします」って言われました(笑)。
盛山 めっちゃ真っ正面から言われてるやん。
リリー いやー、めっちゃ難しかったです。
盛山 僕も最初は棒読みになってしまったので、“柔和で優しく”という店長の人柄を教えていただいて録り直したのですが…全然できなかったです(笑)。俳優さん、声優さんって改めてすごいなと思いました。できるかもって思っていた前日までの自分をタコ殴りにしたいですね。

_IMG_6965

―最終的な出来栄えはいかがでしたか?
盛山 最初より2.3ミリは良くなったかなという感じですね。
リリー 僕も最初よりは上達できて良かったです。
盛山 上達とかないやろ!(笑)でも、アフレコはキャラクターの口の動きに合わせて演じるので、演技もしたことがない僕らにとっては余計に難しいというか。
リリー 僕は役作りで3キロ太って臨んだので、役になりきって演じることができました。
盛山 もう黙っとけ。俺1人で受け答えするから!
リリー いやいや、俺がおらなはじまらんから!奥さんと子どもが2人いてとか想像して役作りをしていました。
盛山 そこまで考えて、あれ?(笑)僕のセリフから映画が始まるので、僕こそキーマンです。
リリー あぁ大志くんと声の演技について飲みながら語りたいなぁ。
盛山 ふざけんなよ(笑)。実際会ったら「大志くん」じゃなくて「中川さん」って呼ぶくせに。

_IMG_6920

―実際に完成した作品をみていかがでしたか?
盛山 自分の声が聞こえてくるのは恥ずかしいというか、めっちゃ“僕の声”なので自分では浮いて聞こえました(笑)。でもそれをカバーしてしまうほど皆さんの演技と作品が素晴らしかったですね。
リリー まぁね、補いました。
盛山 お前入っているわけないやろ!(笑)
リリー あ、入ってなかった?(笑)キュンキュンする場面もあって観ていて楽しいですし、僕最寄りの駅が天下茶屋なのですが、この作品の中でもモデルになっていて登場するんです。他にも大阪が舞台なので知っている場所がたくさん出てきて、関西の方は特に楽しめるのではないかなと思います。
盛山 こんなにピュアな話、最近あんまりないですよね。恒夫はストイックで誠実で、中川大志くんそのもの。観終わると登場人物全員が好きになりました。煌びやかな海など “映え”なシーンもたくさんあって、その場面を待ち受け画面にしたいくらい綺麗でしたね。

―お互いの演技に点数をつけるなら、ずばり何点?
盛山 100点満点中…あ、500点満点中でいいですか?…0点です。
リリー 僕的には100点やと思うんですけどね。相方の点数は、1000点満点中…800点!
盛山 激高(ゲキタカ)やんっ!認めてくれてたんや(笑)。
リリー もちろん!
盛山 なんかごめんな、嫌なことばかり言うて。
リリー いやいや大丈夫。すごく良かった!
盛山 嬉しいです(笑)。次また声優をやらせてもらえるなら、3番手くらいの役をやってみたいですね。舞台挨拶でパネルを持って記念撮影がしたくて(笑)。今回も中川大志くんと並んで舞台挨拶をする気満々ですけどね…。
リリー 僕はブラピ(ブラッド・ピット)の声とかやりたいですね。
盛山 吹き替え!?

IMG_6922

―本作は青春恋愛小説の金字塔が原作、お二人の学生時代のことについても教えてください。
盛山 小学生の時から漫才をしたり、文化祭では新喜劇みたいなことをしたり。目立ちたがり屋で、クラスの調子乗りがそのまま芸人になったという感じです。高校生の時は文化祭でバンドがやりたくて、1ヶ月前に軽音部に入って、文化祭が終わったら辞めるというのを3年間繰り返しましたね(笑)。
リリー 僕はサッカーしかしていなかったですね。高校の時に初めて彼女ができて、それはすごく青春でした。その子がつけていた香水の匂いとかは今でも思い出しますね。
盛山 絶対、瑛人の曲からきてるやん(笑)。
リリー え?誰?
盛山 え、知らんの?ドルチェ&ガッバーナ。
リリー え、そんなんあるの?(笑)
盛山 僕らの世代で言ったらドルチェ&ガッバーナじゃなくて、ウルトラマリン(ジバンシー)、スカルプチャー(ニコス)やな。僕は昔から反町隆史さんが好きで、反町隆史さんの切り抜きを持って床屋に行って当時のセンター分けの髪型をよく真似していましたね。でもテクノカットにされておすぎさんみたいに仕上がった時は号泣しました(笑)。
リリー 精神年齢は今とまったく変わっていないですね。ずっと子どもです(笑)。
盛山 男って基本変わらんよね。今、“中学18年生”って感じ。いまだに地元の友達と飲む時は肩パンし合って「ギブ」って言った方が負け、とかやっています。中学生を卒業する見込みはまだないです(笑)。

おでかけルーレット

スタート!
ストップ!
もう一回

条件に合うおでかけ情報が
見つかりませんでした

条件をかえる
とじる