映画『17歳のウィーン フロイト教授人生のレッスン』パルシネマしんこうえんで上映

掲載情報は配信時のものです。現在の内容と異なる場合がありますので、ご利用の際は公式サイトや公式SNSで直接ご確認ください。

映画『17歳のウィーン フロイト教授人生のレッスン』パルシネマしんこうえんで上映

答えを見つけるため生まれるのではない。問いかけるためだ。

激動のオーストリア・ウィーンを舞台に、17歳の青年とフロイト教授の友情を描いた、映画『17歳のウィーン フロイト教授人生のレッスン』がパルシネマしんこうえん(神戸市兵庫区)で上映されます。期間は2月22日から3月2日まで。
©︎Tobis Film Petro Domenigg©︎Tobis Film Petro Domenigg
原作は、2012年の発行以来ドイツで50万部を超える売り上げを記録した作家ローベルト・ゼーターラーのベストセラー「キオスク」。青年フランツの人生に大きな影響を与える人物として登場する“心理学の三大巨匠”ジークムント・フロイト役を『ベルリン・天使の詩』などで知られるブルーノ・ガンツが務め、本作は彼の遺作となりました。
映画『17歳のウィーン フロイト教授人生のレッスン』パルシネマしんこうえんで上映 [画像]
<ストーリー>1937年、ナチ・ドイツとの併合に揺れるオーストリア。自然豊かなアッター湖のほとりに母親と暮らす17歳の青年フランツ(ジーモン・モルツェ)は、タバコ店の見習いとして働くためウィーンへやってきた。常連のひとりで“頭の医者”として知られるフロイト(ブルーノ・ガンツ)教授と懇意になったフランツは、教授から人生を楽しみ恋をするよう勧めを受ける。やがてボヘミア出身の女性アネシュカ(エマ・ドログノヴァ)に一目惚れし、はじめての恋に戸惑うフランツは、フロイトに助言を仰ぐことに。しかし、時代は国全体を巻き込んで、激動の時を迎えようとしていた。

詳細情報

期間
2021年2月22日(月)〜3月2日(火)
※上映スケジュールはこちら
※映画『バルーン 奇蹟の脱出飛行』と2本立て上映
作品
『17歳のウィーン フロイト教授人生のレッスン』
公開日:2020年7月24日
監督・脚本:ニコラウス・ライトナー
出演:ジーモン・モルツェ、ブルーノ・ガンツ、ヨハネス・クリシュ、エマ・ドログノヴァ
場所
パルシネマしんこうえん
(神戸市兵庫区新開地1-4-3)
GoogleMapで探す
料金
一般 1,300円
シニア(60歳以上)1,100円
大学・専門学生 900円
小中高生 800円

この記事をシェア

お気に入り

Kiss PRESS編集部:木下

続きを読む

おでかけルーレット

スタート!
ストップ!
もう一回

条件に合うおでかけ情報が
見つかりませんでした

条件をかえる
とじる