映画『凪待ち』香取慎吾、白石和彌監督が登壇 大阪舞台挨拶レポート

©2018「凪待ち」FILM PARTNERS
 6月28日より全国公開される映画『凪待ち』の大阪舞台挨拶と完成披露上映会が6月19日に行われ、主演の香取慎吾さんと白石和彌監督が登壇した。

 大歓声と拍手が沸き起こる会場に登場した2人。大阪の印象を尋ねられると、香取さんは「稲垣(吾郎)と草彅(剛)とファンミーティングで来たときは、粉ものが食べられなかったんです。それが今日は、映画館の楽屋にたこ焼きが用意されていたので2秒でいただきました!8個!」と笑顔を見せた。監督は以前にも大阪で映画を撮影した経験があり、「大阪の方々の懐の深さ、優しさをいつも感じるので大阪に来るのは楽しみです!」と語った。

 本作は、『クライマーズハイ』の加藤正人が脚本を手掛けたオリジナル作品で、人生につまずき落ちぶれた男の喪失と再生の物語。かつてない“汚れた”役の香取慎吾が、その圧巻の佇まいと破壊力で観るものを引き付ける。

 主人公・郁男の印象について監督は「演じていてツラい気持ちがずっと体の中に沈殿していく役なので、お願いしておいて何ですが申し訳ない気持ちでいっぱいでした」とコメント。香取さんは「日々、撮影が終わったら一緒に飲みに行ったりご飯に行ったり…といったご褒美も一切なしでした(笑)。終わったら一瞬ホテルに戻ってシャワーを浴びて出発みたいな。もう素晴らしい働き方改革でしたね」とハードな撮影スケジュールを振り返った。また、主人公が人生を変えようと勝負に出るシーンがあることにちなみ、今までの人生で一番勝負に出たと思うことを聞かれると、「20歳からカチンコを叩き始めたんですが、監督になれるかわからず、もう辞めようかなと思った時があって。その時に、安くてもいいからと小さい自主映画を貯金をはたいて作りました。博打はその時に打ちましたね」と語った監督に対し、香取さんは「こんなにいろ~~んなことがあったのに、30年以上の芸能人生でまだ勝負してないです!まだまだこれから。いつかどこかで人生の大勝負をしたいと思います」と力強く答えた。

 最後に注目のシーンを問われると「途中で郁男がここにきてビール開けちゃうの?っていうシーンがあるんですが、その時の香取さんの表情が本当にゾクゾクするほどすごくて 、俺は今すごい映画を撮ってるってほくそ笑んだシーンがあるのでぜひそこに注目してほしいです」と監督。香取さんは「映画全体で郁男という役はいろいろな感情や周りの人間から“逃げる男”なんですが、無意識で 、何か事が起こりそうな時に後ろに下がったり下を向いていたり。言葉だけではなく感情が勝手に体を動かしてしまいました。そういう細かい描写まで見ていただければ」と語った。

 兵庫県下ではTOHOシネマズ西宮OS(西宮市)、TOHOシネマズ伊丹(伊丹市)で上映される。

掲載日:2019/6/20 16:00
Kiss PRESS編集部:永山

人気の記事



Page Top