街を、もっと楽しもう Kiss PRESS

保存した記事
記事検索
ルーレット
お出かけ先に迷ったら!

キーワードから探す

市・区・町で絞り込む
市・区・町で絞り込む
市・区・町で絞り込む
市・区・町で絞り込む
市・区・町で絞り込む
市・区・町で絞り込む
市・区・町で絞り込む
地域選択をクリア

〈特集〉“食の宝庫” 淡路島の絶品島ランチ

 

<淡路市志筑>
島の食材と上質フレンチ『Restro Le 5 Mai (レストロ ル・サンクメ)』

淡路市志筑、中橋筋の真ん中辺りにある「田井」交差点の目の前に、淡路島の厳選食材を使ったフレンチのお店『Restro le 5 mai(レストロ ル・サンクメ)』があります。

淡路島『Restro le 5 mai(レストロ ル・サンクメ)』のランチコースは味もボリュームも秀逸でした 淡路市 [画像]

華やかなピンクの天井とシャンデリアが目を引く、アンティーク調のインテリア。記念日やパーティーにも、気さくなランチにも、色々なシーンに楽しく過ごせそうな心地よい空間です。

フロアが2つに分かれており半個室のようになるので半分貸し切りなどの対応も可

フロアが2つに分かれており半個室のようになるので半分貸し切りなどの対応も可

ランチは、本日の前菜、魚または肉のメイン、自家製パン、コーヒーまたは紅茶がセットになった「Menu B」と、メインを魚も肉も楽しめて、スープやデザートも付いた「Menu C」の2種類。今回はシンプルな「Menu B」をオーダーしました。

新鮮な野菜がふんだんに添えられた前菜「ボウゼのエスカベッシュ&鳴門鯛のコロッケ」

新鮮な野菜がふんだんに添えられた前菜「ボウゼのエスカベッシュ&鳴門鯛のコロッケ」

前菜は「ボウゼのエスカベッシュ&鳴門鯛のコロッケ」をセレクト。たっぷり野菜の彩りに心が躍る一皿です。食材は、無農薬・自然栽培をされている地元の農家さんから直接仕入れているのだそう。

「ボウゼのエスカベッシュ」は、程よい酸味が魚の甘みを引き立て箸が進みます。さらに、ローストした香草パン粉に、たっぷりと脂の乗ったお魚のカマの部位など、お客様に提供しにくい部分を使った「鳴門鯛のコロッケ」。外側はサクサク中はしっとりしていて、香りも旨みもぎゅっと詰まった贅沢な一品です。

この日のメインは「鳴門鯛のポワレ」

この日のメインは「鳴門鯛のポワレ」

メインは「鳴門鯛のポワレ」。大きな鳴門鯛が2切れも!フレンチのコース料理の印象を覆すようなボリュームは、同店のこだわりでもあるのだそう。

ふっくらと食べ応えのある鯛に、エスプーマされたふわふわのキノコのクリームソースを絡めていただきます。干しシイタケを使っているというソースは、雑味のなさと豊潤な香りが記憶に刻まれるような至福の味わい。もっちり食感の自家製パンにつけていただくと、それだけでもご馳走でした。

「Menu B(本日の前菜+メイン魚or肉+自家製パン+コーヒーor紅茶)」2,200円(税込)※食材は時期によって変動

「Menu B(本日の前菜+メイン魚or肉+自家製パン+コーヒーor紅茶)」2,200円(税込)※食材は時期によって変動

パンもアイスも全部自家製で、どれをとってもここでしか味わえないと感じさせる逸品揃い。ホテルアナガ料理長やフランスでの経験を経た谷直樹シェフの、美味しいものをさらに美味しくする技巧が凝らされています。

特別な日のレストランにも、日々に寄り添うビストロにもなる”レストロ”。お腹いっぱいになるボリュームや、入っているものを全部教えてくれるシェフの気さくさなど、気取らず街に溶け込む同店でなら、上質なフレンチの特別感を肩の力を抜いて楽しめます。

 

場所 Restro Le 5 Mai (レストロ ル・サンクメ)
路市志筑1386-2
営業時間 11:30~15:00(L.O. 14:30)
18:00~22:00(L.O. 20:30)
定休日 水曜日
※不定休あり
予約について TEL:0799-70-5118
予約の受付は電話で
誕生日・記念日のプレートやホールケーキなどの予約も可
半個室状の席を貸し切りも相談可

さらに詳しくはこちらの記事から

 

<洲本市本町>
淡路島に”二郎系”誕生!『拉麺 淡二郎』

淡路島に”二郎系”と言われるラーメンが食べられるお店が誕生しました。その名も『拉麺 淡二郎』。定番メニューは「淡二郎ラーメン」と「炭焼き鶏白湯」の2種。ニンニク抜きで麺・具少なめの「やさしい淡二郎(800円・税込)」も選べるので、女性や二郎系ラーメンに初挑戦という方も安心です。

古民家をリノベーションしたレトロな外観。駐車場はないので、車で行かれる場合は近隣のコインパーキング等をご利用ください。

ちなみに、二郎系ラーメン店に行くなら知っておきたい「コール」。スタッフさんから「ニンニク入れますか?」と聞かれたら、「無料トッピング(ニンニク・野菜・アブラ)はどうしますか?」という意味とのこと。

「ニンニク・ヤサイ・アブラで」や、「ヤサイマシマシ・アブラマシで」など、入れないで欲しいものは唱えず、多めに入れて欲しいものには「マシ」を付けて伝えます。一般的には提供直前に聞かれることが多いですが、同店では注文時に伝えられるのでちょっと安心。

清潔感のあるカフェのような店内

清潔感のあるカフェのような店内

店内は白い壁と温かい光の間接照明でカフェのような雰囲気の居心地の良い空間になっています。1人でも、カウンター席で落ち着いて食事ができそう。

今回は、「淡二郎ラーメン」を「ニンニク・ヤサイマシ・アブラ」でいただきました。

淡路島『淡二郎』の「淡二郎ラーメン」を食べてきました 洲本市 [画像]

「淡二郎ラーメン・ヤサイマシ」1000円(税込)※淡二郎ラーメン950円+ヤサイマシ50円

ゴロっと大きなチャーシューに、ニンニク、アブラ、そして「マシ」にした「ヤサイ」の山。スープはこっくりとした豚骨醤油で、そこまでドロドロでもギトギトでもない、食べやすい印象。豚の脂の甘みと野菜の旨みが活きた醤油ベースで、最初の一口から最後まで美味しいと感じられるバランスの良い味わいです。

ボリューム満点のチャーシューは食べ応えのある食感

ボリューム満点のチャーシューは食べ応えのある食感

試行錯誤を重ねて改良したというチャーシューは赤身肉を使っているので食べ応えのある食感ながら、パサつきはなくしっとりホロホロ。山のようなたっぷり野菜を掘り起こして麺にたどり着くまで、フードファイターになった気分で食べ進めていると、次第に楽しくなってくる高揚感。

麺は「並」でも茹で後は約300g(茹で前200g)とボリューム満点

麺は「並」でも茹で後は約300g(茹で前200g)とボリューム満点

もちもちした極太麺にはしっかりとスープが絡み、シャキシャキで熱々の野菜との相性も抜群です。一皿で幾つもの味わい方が楽しめる、これはもう食のエンターテインメント。完食時に味わえるのは、満足感を通り越して”達成感”です。初めてでも挑戦しやすい同店で二郎系の扉を開いてみては。

場所 拉麺 淡二郎
洲本市本町5丁目4-18
定休日 木曜日
営業時間 ランチ 11:00-14:00
ディナー 17:00-21:00

さらに詳しくはこちらの記事から

 

<洲本市本町>
ゆるっと薬膳&発酵食『cafe こきゅう』

淡路島洲本市街地の「コモード56商店街」に、薬膳と発酵食を取り入れた体に優しいランチが美味しいお店「cafeこきゅう」があると聞いて、訪れました。「cafeこきゅう」は、洲本市街地の堀端筋から商店街のアーケードに入ってすぐのところにあります。

商店街を入ってすぐにある店舗

同店では、健康・美容・薬膳をベースに、自家製の塩麹や醤油麹、塩レモン等の発酵調味料を使用した「ゆる薬膳」料理を提供。農家から直接仕入れた野菜等をふんだんに使った『一汁三菜ランチセット』は、「体も心も喜ぶカフェ」をめざす同店のイチ押しメニューです。

「一汁三菜ランチセット 週替わりランチ」1,800円(税込)

「一汁三菜ランチセット 週替わりランチ」1,800円(税込)

こちらがその『一汁三菜ランチセット』です。メインのおかずは週替わりで提供されます。オリジナルブレンドの薬膳茶にお手製スイーツまでついて、健康的ながらボリューム満点!

記者が頂いたのは『れんこんと豚の醤油麹炒め』です。れんこんは身体を潤し、のどの痛みや咳を和らげるほか、体内でも胃腸の粘膜を保護し造血作用もあるのだとか。

れんこんシャキシャキ!ごはんが進みます

ピリ辛味が口になじむ一皿。醤油麹の香ばしさに、シャキシャキのれんこんと厚めの豚バラ肉の風味が、食べ応えある味わいを創り出します。コンニャクの食感も良い感じ。紫黒米を混ぜた五分つき玄米を梅酢で炊き上げたご飯は程よい柔らかさで、つい食が進みます。塩麹で味付けされた小皿の「ニンジンしりしり」は、じんわりとお出汁が効いて新鮮なお味でした。

ショーケースに並ぶお手製スイーツ 単品ももちろんOK

ショーケースに並ぶお手製スイーツ 単品ももちろんOK

スイーツは、店内のショーケースから好きなものを選べます。記者は「黒ごまプリン」をチョイス。白ゴマと黒ゴマを効果的に使ったプリンは、ミルクとほんのりとしたゴマの風味が心地よく口に残りました。

同店で提供される週替わりランチの数々(写真提供:cafeこきゅう)

同店で提供される週替わりランチの数々(写真提供:cafeこきゅう)

週替わりのメニューは実に多彩。和食から中華風、エスニック風とジャンルも様々です。「“旬”を大切にしつつ、基本的には“自分たちが食べたいもの”を作っています」と赤穂店主がニッコリ。体と心が喜ぶ食事とスイーツでお客様の健康を願うカフェは、穏やかで温かな空気に満ちています。

場所 cafe こきゅう
洲本市本町5-3-2
営業時間 11:30~15:00(L.O. 14:30)
定休日 木曜日、日曜日
TEL 0799-25-2625

さらに詳しくはこちらの記事から

 

掲載情報は2024年1月15日配信時のものです。現在の内容と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。
料金は税込表記を基本としています。

おでかけルーレット

スタート!
ストップ!
もう一回

条件に合うおでかけ情報が
見つかりませんでした

条件をかえる
とじる