街を、もっと楽しもう Kiss PRESS

保存した記事
記事検索
ルーレット
お出かけ先に迷ったら!

キーワードから探す

市・区・町で絞り込む
市・区・町で絞り込む
市・区・町で絞り込む
市・区・町で絞り込む
市・区・町で絞り込む
市・区・町で絞り込む
市・区・町で絞り込む
地域選択をクリア

須磨ならではの展示や“スマスイ”の歴史がてんこ盛り

【徹底解剖!】6月1日開業『神戸須磨シーワールド』の楽しみ方 vol.3 アクアライブ

いよいよ6月1日にオープン!“初めて”だらけの水族館に生まれ変わった『神戸須磨シーワールド』(神戸市須磨区)に一足先にお邪魔してきました。

【徹底解剖!】6月1日開業『神戸須磨シーワールド』の楽しみ方 vol.3 アクアライブ [画像]

館内は大きく分けて3つに分けられており、今回はそれぞれのエリアで体験して感じた魅力を紹介します♪

【第一弾「オルカスタディアム」はこちら】

【第二弾「ドルフィンスタディアム」はこちら】

“須磨シー”は「エデュケーション(学び)」と「エンターテインメント(遊び)」を融合した「エデュテイメント」を提供する水族館。「つながる」をテーマに、生命とのふれあいを時にダイナミックに、時に身近な形で味わえるのが特徴です。

【徹底解剖!】6月1日開業『神戸須磨シーワールド』の楽しみ方 vol.3 アクアライブ [画像]

【テーマは”水の一生”「アクアライブ」】

35年に渡って多くの人に愛された「神戸市立須磨水族館」。このたび「神戸須磨シーワールド」として開業するのに伴い、多くの人から寄せられたのは「スマスイにいた生物たちはどうなったの?」という質問だったのだとか。スマスイにいた生物たちのほとんどは、こちらの「アクアライブ」で見ることができます。

【徹底解剖!】6月1日開業『神戸須磨シーワールド』の楽しみ方 vol.3 アクアライブ [画像]

エリアのテーマは「水の一生」。雨が降って山に落ち、水が集まって川になり、海に流れていく“水の流れ”を意識し、その中で生活する生き物たちを展示しています。

【徹底解剖!】6月1日開業『神戸須磨シーワールド』の楽しみ方 vol.3 アクアライブ [画像]

入ってすぐの場所にあるのは兵庫県三木市にある「黒滝」をイメージした滝のオブジェ。舞う水しぶきと激しく地面を打つ水の音がとてもリアルで、建物の中とは思えない臨場感です。

【徹底解剖!】6月1日開業『神戸須磨シーワールド』の楽しみ方 vol.3 アクアライブ [画像]

奥に進むと大きな水槽がズラリ。こちらには六甲水系の河川の上流域や中流域に住む生き物たちが、それぞれ展示されています。「オオサンショウウオ」など絶滅の恐れがある生物も多数飼育されており、見ごたえは抜群。

チャレンジゾーンの1つ「いかなごの水槽」いかなごは夏に眠る(夏眠)習性があり、多くの水族館では冬しか展示されていないのだとか。”須磨シー”では温度調節をして、夏でも泳ぐ姿を観察できます! チャレンジゾーンの1つ「いかなごの水槽」
いかなごは夏に眠る(夏眠)習性があり、多くの水族館では冬しか展示されていないのだとか。
”須磨シー”では温度調節をして、夏でも泳ぐ姿を観察できます!

さらに面白いのは「チャレンジゾーン」。ここは「飼育員にとっての“チャレンジ”だった」ということで、他では見られない珍しい展示が楽しめます。

【徹底解剖!】6月1日開業『神戸須磨シーワールド』の楽しみ方 vol.3 アクアライブ [画像]

例えばこちらは鳴門の渦潮を人工的に再現した水槽。普段は渦巻く海を上から見ることしかできませんが、ここでは実際に見て「渦潮の中にいる生き物ってどうなっているの?」という謎を解明することができます。

【徹底解剖!】6月1日開業『神戸須磨シーワールド』の楽しみ方 vol.3 アクアライブ [画像]

暗く神秘的な雰囲気が特徴的な「クラゲライフ」では、ふわふわと漂うクラゲを見ることができます。こちらに展示されているクラゲの多くはバックヤードで丁寧に飼育されたものなのだとか。

【徹底解剖!】6月1日開業『神戸須磨シーワールド』の楽しみ方 vol.3 アクアライブ [画像]

また「トロピカルライフ」では珊瑚礁と共に生活している生き物を展示しており、海の中にいるような感覚を味わうことができますよ。

【徹底解剖!】6月1日開業『神戸須磨シーワールド』の楽しみ方 vol.3 アクアライブ [画像]

「ロッキーライフ」では、カリフォルニアアシカやゴマフアザラシ、マゼランペンギンなどを展示。スイスイと泳ぐ姿がとてもかわいらしく、ついつい眺めてしまいました。

【徹底解剖!】6月1日開業『神戸須磨シーワールド』の楽しみ方 vol.3 アクアライブ [画像]

中でもぜったい見てほしいのが、生まれたばかりだというアザラシの赤ちゃん。小さくぷかぷかと動く姿が何ともいえない愛おしさなのです…♡

こちらを見てくれました♡ こちらを見てくれました♡

これらは4階に上がると陸上の姿も見ることができ、また一味違った様子を楽しむことができますよ♪

ペンギンも水中と陸上の両方で見ることができ、陸上には巣穴を設置!なかよく2匹で入っていく姿が見られました ペンギンも水中と陸上の両方で見ることができ、陸上には巣穴を設置!
なかよく2匹で入っていく姿が見られました

【無料で楽しめる♪「スマコレクション」】

【徹底解剖!】6月1日開業『神戸須磨シーワールド』の楽しみ方 vol.3 アクアライブ [画像]

ここまで紹介したエリアのほかに、館内には誰でも無料で楽しめる「スマコレクション」というエリアが。

【徹底解剖!】6月1日開業『神戸須磨シーワールド』の楽しみ方 vol.3 アクアライブ [画像]

こちらではスマスイの歴史のほか、スマスイで飼育されていた「ピラルク」などが展示されており、思い出深い気持ちになれること間違いなしです!

スマスイ時代に展示されていたピラルクのオブジェも♪ スマスイ時代に展示されていたピラルクのオブジェも♪

「ほんとに須磨?」と思うような新鮮さと「須磨らしいな」と思える身近さが共存する施設に生まれ変わった『神戸須磨シーワールド』。小さな子どもたちが楽しめるのはもちろんですが、大人にも愛される“須磨の水族館”になる予感!次はぜひ、色んなふれ合いイベントも体験したいです♡

【第一弾「オルカスタディアム」はこちら】

【第二弾「ドルフィンスタディアム」はこちら】

詳細情報

オープン日
2024年6月1日(土)
場所
神戸須磨シーワールド
(神戸市須磨区若宮町1丁目3-5)
GoogleMapsで探す
営業時間
日によって異なる
詳細はこちら
料金
時期によって異なる
詳細はこちら
入館について
当面の間、事前予約制
受付はこちら
近くで宿泊 近くで食事

Kiss PRESS編集部:横山

記事の続きを読む

おでかけルーレット

スタート!
ストップ!
もう一回

条件に合うおでかけ情報が
見つかりませんでした

条件をかえる
とじる