街を、もっと楽しもう Kiss PRESS

保存した記事
記事検索
ルーレット
お出かけ先に迷ったら!

キーワードから探す

市・区・町で絞り込む
市・区・町で絞り込む
市・区・町で絞り込む
市・区・町で絞り込む
市・区・町で絞り込む
市・区・町で絞り込む
市・区・町で絞り込む
地域選択をクリア

心も体も綺麗になる今話題の発酵教室のカフェ

たつの市城下町にある『発酵LabCoo』で美肌になる甘酒ドリンクを頂いてきました

たつの市城下町にある発酵食品カフェ『発酵LabCoo(ラボクー)』の人気商品「甘酒」を取材してきました。

今人気のお洒落な飲食店の増えている城下町の一角にあります 今人気のお洒落な飲食店の増えている城下町の一角にあります

同店は今話題の「発酵教室」として人気を博しており、これまでに多数のメディアで紹介されました。そんな同店がカフェを開いたのは2023年。オーナーの奥様であり栄養士・発酵インストラクターの松下さんが、以前は自宅を教室として利用されていましたが、プライベートが保てず悪戦苦闘。教室の開店とともにカフェを併設することにしたそうです。

こだわりのインテリア こだわりのインテリア

白を基調とする清潔感のある店内にはセンスの良いインテリアが並んでいます。こちらはオーナー兼発酵インストラクターの松下博士がセレクトしたのだそう。松下博士はかつて大手醤油メーカーで研究開発をされていたそうで、数多くの研究論文を発表し、賞を受賞されています。

入ってすぐ右には、教室で使っている商品も販売されています 入ってすぐ右には、教室で使っている商品も販売されています 店内では定期的に発酵教室が行われています 店内では定期的に発酵教室が行われています

カフェの利用はテイクアウトがメインですが、教室が行われていない時はイートインも可能。今回は2種類の甘酒ドリンクを試飲させてもらいました。

「白い麹甘酒(Hot)」500円(税込) 黄麹を使用。もっともポピュラーな麹であり、主に味噌・醤油・米酢など幅広く使用 「白い麹甘酒(Hot)」500円(税込) 黄麹を使用。もっともポピュラーな麹であり、主に味噌・醤油・米酢など幅広く使用

まずいただいたのは、ホットの白い甘酒ドリンク。

厳選された地元の無農薬米を100%使用。麹の優しい香りも広がります 厳選された地元の無農薬米を100%使用。麹の優しい香りも広がります

こちらは柔らかな飲み口でとてもさらっとしており、一切くどさがありません。ご飯を食べた時のようなお米のすっきりとした甘みが感じられます。炊きたてのもち米と麹のみでこの甘さが出せるのは、美味しいお米だからこそ。

「黒い麹甘酒(Ice)」500円(税込) 黒麹を使用。主に泡盛の製造に使用され、酸味が多いのが特徴 「黒い麹甘酒(Ice)」500円(税込) 黒麹を使用。主に泡盛の製造に使用され、酸味が多いのが特徴

続いて黒い甘酒を試飲。こちらはアイスでお願いしました。黒い甘酒は筆者も初めて。一口飲んでみてびっくり!すっきりさわやかフルーティーな味わいで、どちらかというと梅ジュースなどに近いかもしれませんが、また一味違う。ほんのり酢のような酸味も余韻に感じられました。

「白い甘酒のお持ち帰りパウチ(大)」 540円(税込)※冷凍品  「白い甘酒のお持ち帰りパウチ(大)」 540円(税込)※冷凍品 

左から 「黒い甘酒のお持ち帰りパウチ(小)」450円(税込)、(大)800円(税込)※冷凍品 (保存期間は開封から1週間) 左から 「黒い甘酒のお持ち帰りパウチ(小)」450円(税込)、(大)800円(税込)
※冷凍品 (保存期間は開封から1週間)

こちらはテイクアウトもされており、冷凍販売されています。

麹室で製造中の麹。発酵ラボクーの麹は地元産の無農薬米を使い、一から麹を製造しています 麹室で製造中の麹。発酵ラボクーの麹は地元産の無農薬米を使い、一から麹を製造しています

今回は特別に製造現場も見せてもらいました。まずは麹室を見学。杉の良い香りのする麹室の温度は28℃。麹が発酵しやすいとても良い環境を保たれています。

”完成した麹”。蒸した米を冷まし、菌をまぶしてから発酵室で発酵。その後乾燥させたもの ”完成した麹”。蒸した米を冷まし、菌をまぶしてから発酵室で発酵。その後乾燥させたもの

こちらが完成原材料となる麹。「良かったら食べてみてください、美味しいですよ」と勧めていただいたので、試食してみることに。

出来立ての麹を一つまみ。こだわりのお米で作られているからこそ美味しい麹になります 出来立ての麹を一つまみ。こだわりのお米で作られているからこそ美味しい麹になります

生米のようなものを想像していましたが、全然違い硬くありません。少し食感があって柔らかな甘みが感じられます。

左上、右上 無農薬米を丁寧に選別する松下さん 右下 ヨーグルトメーカーで作った甘酒 左下 アイスの甘酒を作る松下さん  左上、右上 無農薬米を丁寧に選別する松下さん 右下 ヨーグルトメーカーで作った甘酒 左下 アイスの甘酒を作る松下さん 

甘酒を作る下準備にも密着。無農薬米を使用して少量ずつ作るので細かい選別作業が必要など、かなり手間暇が掛かるそう。丁寧に作られているからこそ、この味わいが生み出されています。ちなみに甘酒は「疲労回復」「整腸効果」「美肌」に効果的なのだそう。

「発酵って特別なものではないんです。実は私たちの生活の身近にあるもの。醤油などをはじめとした調味料も全てにおいて発酵食品なんです」と語る松下さん。発酵食品は以外と私たちの生活に密着したものなんだと知り驚きでした。

「発酵LabCoo 味噌(500g)」700円(税込)こだわりの麹を使ったお味噌は絶品!麹の甘みが効いた味噌は野菜などに付けて食べてもとても美味しく頂けます。味噌マニアの筆者も一押し♪ 「発酵LabCoo 味噌(500g)」700円(税込)こだわりの麹を使ったお味噌は絶品!麹の甘みが効いた味噌は野菜などに付けて食べてもとても美味しく頂けます。味噌マニアの筆者も一押し♪

ちなみに、発酵ラボクーでは店頭で味噌の販売もあり、お教室と同じものを購入することが出来ますよ。

たつの市の城下町を是非enjoy!してみて下さいね。向かいの井戸糀店と発酵LabCoo、2店をハシゴするのもおススメ♪ たつの市の城下町を是非enjoy!してみて下さいね。向かいの井戸糀店と発酵LabCoo、2店をハシゴするのもおススメ♪

”頑張りすぎない”発酵ライフを提唱する松下さん。今まで以上に身近に発酵食品を感じることが出来ました。

詳細情報

場所
発酵LabCoo(発酵ラボクー)
(たつの市龍野町下川原22-2)
GoogleMapsで探す
営業時間
10:00~17:00
定休日
火曜日、水曜日
TEL
090-9982-5917
駐車場
店横に5台有り
商品ラインナップ
・発酵ラボクーの麹(たつの市産 無農薬米使用)
 500g/990円(税込)
 1kg/1870円(税込)
 ※購入の際は要予約

・発酵LaboCoo味噌(兵庫県産米・大豆使用)
 500g/700円(税込)

・発酵甘酒お持ち帰りパウチ<冷凍商品>
【黒】小 450円(税込)
    大 800円(税込)
【白】大 540円(税込)
 ※白は大のみ販売

その他、カフェメニューなどの商品については公式Instagramにてご確認下さい。
備考
★発酵甘酒お持ち帰りパウチの調理方法
→パウチの中身をお好きなお水の分量で薄める

※ホットでいただく場合は電子レンジで加熱してください

Kiss PRESS編集部:山田

記事の続きを読む

おでかけルーレット

スタート!
ストップ!
もう一回

条件に合うおでかけ情報が
見つかりませんでした

条件をかえる
とじる