街を、もっと楽しもうKiss PRESS

保存した記事
記事検索
ルーレット
お出かけ先に迷ったら!

昭和の優しい甘さを再現!壺の中で焼かれるお芋さん

ニューオープン『つぼ焼き芋 あんどあーち』に行ってきました 神戸市中央区

神戸駅山側を高架に沿って東に3分ほど歩いたところに、「つぼ焼き芋」のお店『あんどあーち』がオープンします。正式な開店は12月12日ですが、プレオープン中にお邪魔しました。
昭和をイメージさせるどこか懐かしい店頭昭和をイメージさせるどこか懐かしい店頭
『あんどあーち』という珍しい店名は、日本の農家さんが作った美味しい芋を「安堵」の心でお客さんに食べてほしく、その懸け橋、すなわち「アーチ」となるお店を目指そうと、オーナーの林孝一さんが考えたそうです。
オーナーの林孝一さん(左)とスタッフの中川学さん(右)オーナーの林孝一さん(左)とスタッフの中川学さん(右)


焼きあがった芋は土鍋で保温焼きあがった芋は土鍋で保温
高さ1メートル以上の大きな壺の中で焼かれる「つぼ焼き芋」の歴史は古く、大正時代から昭和初期までは主流の焼き方でしたが、「石焼き芋」が登場すると、効率の悪さから徐々に廃れてきました。
焼き具合を常にチェックする中川さん焼き具合を常にチェックする中川さん
「私の親世代はつぼ焼き芋のことを知っているようですね。確かに手間はかかりますが、この美味しさを今の世代や子供たちに味わって欲しい。壺のあるお店で焼き芋食べたなあ、と楽しい思い出になれば」と話す林さん。店頭には大きな壺が飾られています。
真っ赤に燃える七輪の炭をとり囲むように並べられる芋真っ赤に燃える七輪の炭をとり囲むように並べられる芋
焼き芋の香りが漂う店の中には、大きな壺が5個。炭火で3時間ほどじっくりと焼き上げることで、遠赤外線と輻射熱(ふくしゃねつ)の効果により自然本来の甘さを引き出されるそう。栄養価の高い皮も焦げないので、丸ごと美味しくいただけます。
あつあつの焼き芋がぎっしりあつあつの焼き芋がぎっしり
焼きあがった芋は土鍋に移され、壺の上で保温されるので、あたたかほくほくの焼き芋をいただけます。
壺内を160~180度に保つよう温度計で管理壺内を160~180度に保つよう温度計で管理
この日いただいたのは「紅天使」「紅優甘(べにゆうか)」「シルクスイート」「紅まさり」の4種類。中央市場の青果物卸会社『畑光』さんから、収穫期と熟成にこだわった芋を仕入れているそう。
紅天使紅天使
紅優甘紅優甘
紅はるかの品種からブランド化された「紅天使」と「紅優甘」は蜜たっぷりで糖度も高くねっとりとした食感が魅力。
シルクスイートシルクスイート
一方「シルクスイート」は、なめらかな舌触りでまさにしっとり、さらりとした上品な甘さ。
紅まさり紅まさり
しっとりとホクホクの食感を両方を併せ持った品種「紅まさり」は、年配の方にも喜ばれる味だそう。どこか懐かしい味と香りにほっこりしてしまいます。
好みの大きさを選んで買えます好みの大きさを選んで買えます
取材時には、プレオープンにも関わらずお客様が次々と来店。お子さんにリクエストされて家族へのお土産用や、職場への差し入れなど用途も様々。



正式オープンの12月12日から3日間は、通常2.2円/gを2.0円/gで販売。また、先着数量限定で干し芋とあったかいお茶のプレゼントも。つぼ焼き芋で心も体も温まってくださいね。

詳細情報

場所
つぼ焼き芋 あんどあーち
(神戸市中央区多聞通1-1-7)
GoogleMapで探す
営業時間
11:00~18:30
定休日
木曜日
TEL
090-3209-1683

Kiss PRESS編集部:大﨑

続きを読む

おでかけルーレット

スタート!
ストップ!
もう一回

条件に合うおでかけ情報が
見つかりませんでした

条件をかえる
とじる