街を、もっと楽しもうKiss PRESS

保存した記事
記事検索
ルーレット
お出かけ先に迷ったら!

このイベントは終了しました。

11月中旬が見頃のピーク!赤い橋と紅葉の絶景スポット

「やぶもみじまつり」に早速行ってきました! 養父市

紅葉の名所でもある『養父神社』で11月5日から23日まで開催中の「やぶもみじまつり」に行ってきたので、イベントの様子をお届けします。
「やぶもみじまつり」に早速行ってきました! 養父市 [画像]
北近畿豊岡自動車「養父IC」から車で約10分。神社周辺の道路は狭い箇所もあるので注意が必要です。無料駐車場から少し坂を上がると、大きな社務所が。その先には朱塗りの御神橋がかけられており、橋を渡った先が本殿となります。

訪問時(11月6日)は、まだ色づく前の青もみじと紅葉したもみじのグラデーションを楽しむことができました。日々変化していく季節の移り変わりを見ることができるのも紅葉シーズンならではですよね。


「やぶもみじまつり」に早速行ってきました! 養父市 [画像]
拝殿のとなりにある御霊神社のそばに赤く染まった紅葉を見つけました。天気が良く、赤い紅葉と青い空が映えます。
「やぶもみじまつり」に早速行ってきました! 養父市 [画像]
こちらは、養父神社の正面にあたる鳥居です。とても大きく立派な鳥居の周りにも紅葉がたくさんあり、真っ赤に染まるまでが待ち遠しいですね。

ここで気を付けたいのが無料駐車場からだと裏口から入ることになるため、正面から入る場合は一度駐車場から一般道を出てぐるっと回る必要があります。
「やぶもみじまつり」に早速行ってきました! 養父市 [画像]
期間中の週末(土日)には、拝殿前の広場でステージイベントが開催されています。今年はステージイベントが盛りだくさんとの事で、気になるステージに合わせて訪れるのも良さそうですね。
「やぶもみじまつり」に早速行ってきました! 養父市 [画像]
その日は、「吉田村andハニートーンズ」さんが演奏をされており、訪れた人たちも楽しそうに観賞されていました。紅葉と心弾む演奏はまさに“音楽の秋”。
「お抹茶セット」500円(税込)「お抹茶セット」500円(税込)
拝殿前にはいくつかの出店が立ち並んでおり、美味しそうな香りがふわ~としてきたので、ほっと一息「お抹茶セット」をいただくことに。飲みやすいお抹茶と地元の銘菓を食べながら贅沢な時間を過ごしました。
「玉こんにゃく」100円(税込)「玉こんにゃく」100円(税込)
さらに、1串3玉付で100円という安さの「玉こんにゃく」もおすすめ。イカと一緒に煮込んだ醤油ベースの養父風味の味付けが特徴で、こんにゃくに染み込んだお出汁がほっこりする味にどこか懐かしさも感じます。丸いこんにゃくは初めてでしたが、何本でもいけちゃう美味しさでした。
「やぶもみじまつり」に早速行ってきました! 養父市 [画像]
こちらは本殿からさらに奥にある「山野口神社」につながる道ですが、もみじとイチョウの木があり、幻想的な雰囲気のある場所でした。紅葉が進み、地面に広がるもみじを見ることができるそうです。
「やぶもみじまつり」に早速行ってきました! 養父市 [画像]
夜のライトアップにも行ってきました。ライトアップされた紅葉は迫力満点でお昼間とは全然違う雰囲気になんだかワクワクします。もみじまつり開催期間中は毎日見ることができますよ(雨天中止)。


「やぶもみじまつり」に早速行ってきました! 養父市 [画像]
やぶもみじまつり実行委員会の方々が夏から制作したという「竹あかり灯篭点灯」は、全長1.5mの灯篭が上下の計20本が並んでいます。飾り穴から繊細な模様が光り幻想的な空間を演出していました。秋の夜長を楽しみに訪れてみてはいかが。

写真

詳細情報

開催期間
2022年11月5日(土)~11月23日(水)
場所
養父神社
(養父市養父市場840番地)
GoogleMapで探す
参拝時間
自由(社務所は8:00~18:00)
料金
環境整備協力金として300円/人(高校生以下無料)
※11月1日~30日の期間限定
夜間ライトアップ
期間中
日没~20時頃まで
※雨天中止
竹あかり灯篭点灯
金土日限定
日没~20時頃まで
※雨天中止
駐車場
あり(無料)
※マイクロバス~大型バスは別途料金必要(事前予約・事前入金)
問い合わせ
やぶもみじまつり実行委員会
TEL 079-665-0252

Kiss PRESS編集部:大平

続きを読む

おでかけルーレット

スタート!
ストップ!
もう一回

条件に合うおでかけ情報が
見つかりませんでした

条件をかえる
とじる