『ダイナースクラブ フランス レストランウィーク2021』

フランス料理をお得に楽しむ24日間

『ダイナースクラブ フランス レストランウィーク2021』

“フランス料理をもっと気軽に楽しんで欲しい”と全国で開催されるグルメイベント『ダイナースクラブ フランス レストランウィーク2021』が10⽉8⽇から行われます。10月31日までの過去最⻑となる24⽇間開催!
『ダイナースクラブ フランス レストランウィーク2021』 [画像]
昨年は新型コロナウィルスが猛威を振るい、レストラン業界も⼤きな影響を受ける中、全国から550店以上のフレンチレストランが参加し、20⽇間のイベント開催期間で4万⼈以上の⽅が同イベントを楽しんだそう。今年は全国の参加店舗で「トレ・ボン︕⽇本のテロワール」をテーマに、各地⾃慢の和⾷材を取り⼊れたフランス料理をお得な価格で提供されます。
Bistrot Café de ParisBistrot Café de Paris
兵庫県からは、Bistrot Café de Paris(ビストロ カフェ ド パリ/神戸市中央区)やLE UN 神戸迎賓館(神戸市須磨区)、THEATRE Le-Bois(テアトル ル ボア/西宮市)、BARBACANE(姫路市)、ルアン 竹田城 城下町ホテル EN(朝来市)など32店舗が参加しています。ランチ、ディナーともに 2,500円、5,000円、8,000円のいずれかの価格で提供。⼀般予約は9⽉14⽇より受付開始、詳細はこちらから。今年はテイクアウトプランがあるお店も!
松本弥生シェフ松本弥生シェフ
サステナブルな取り組みや地元⾷材を使ったフレンチで地元の魅力を発信し、同イベントを盛り上げる全国8エリアから選抜された16名の「フォーカスシェフ」。近畿エリアからは兵庫・西宮に店を構える「La Petite(ラ プチット)」 の松本弥生シェフが選ばれています。

<松本弥生シェフ>
クラシックなフレンチをベースにし、フランスの地⽅都市リヨン、ブザンソン、バスク地⽅にて学び感じた料理を提供。⽇本国内の良い⾷材、良い料理法を⾒直し、和の⾷材の可能性を試⾏錯誤。丹波篠⼭の無農薬野菜をはじめ、篠⼭産の天然⿅も料理に組み込み、素材の味を⽣かして⽣産者によって丁寧に作られた⾷材の思いを料理に込めています。普段使いでも訪れやすい、地域に溶け込むレストランを⽬指して営業中。
『ダイナースクラブ フランス レストランウィーク2021』 [画像]
日本の食材をふんだんに取り入れたフランス料理。 敷居が高そう…と今まで行ったことがなかった方も、ぜひこの機会にフランス料理を楽しんでみてはいかがでしょうか?

詳細情報

期間
2021年10⽉8⽇(⾦)〜31⽇(⽇)
参加店舗・メニュー
こちらから
料金
ランチ、ディナーともに 2,500円、5,000円、8,000円のいずれか
※税・サ込み
予約
一般予約受付開始:2021年9月14日(火)10:00~
①直接レストランへ電話
②フランス レストランウィーク公式サイトからオンライン予約
※オンライン予約ができない店舗あり

Kiss PRESS編集部:木下

続きを読む

おでかけルーレット

スタート!
ストップ!
もう一回

条件に合うおでかけ情報が
見つかりませんでした

条件をかえる
とじる