洋菓子店「Riviere(リビエール)」実食レポ 尼崎市

夏限定のいちじくタルトや、通販で完売のネコ缶

洋菓子店「Riviere(リビエール)」実食レポ 尼崎市

尼崎市の阪急「武庫之荘駅」から南へ徒歩10分、来年で創業40周年を迎える、洋菓子店「Riviere(リビエール)」にお邪魔してきました。季節限定のケーキや、大人気のネコ缶なども紹介していきます。
駐車されているライトグリーンのキッチンカーで新しいことも挑戦中!駐車されているライトグリーンのキッチンカーで新しいことも挑戦中!
広々とした駐車場があるので車での来店も安心。ちなみに駐車スペースに止まっているライトグリーンのキッチンカーは、この夏納車した同店オリジナルのものです。
洋菓子店「Riviere(リビエール)」実食レポ 尼崎市 [画像]
扉を開けるとお菓子の甘い香りと、アンティーク調のインテリアで統一されたエレガントな雰囲気が漂います。現在のオーナーパティシエは二代目の西剛紀さんが務めています。店名の「Riviere(リビエール)」とはフランス語で“川”。そばに武庫川が流れていることから、地元に愛される洋菓子店を目指し名付けられました。
洋菓子店「Riviere(リビエール)」実食レポ 尼崎市 [画像]
同店の焼き菓子は、まるでパン屋さんのように自分で好きなものを選んでレジに持ち込むスタイル。焼き菓子が入ったキャビネットも、オーナーの一目ぼれで店に導入されたようですよ。
洋菓子店「Riviere(リビエール)」実食レポ 尼崎市 [画像]
大ぶりで色とりどりの焼き菓子の前に立つと、発酵バターの良い香りが。タルトやマドレーヌ、クッキー、ガトー・バスク、フィナンシェ、カヌレなどが約20種ほど。焼きたての香りや、見た目の艶や色を近くで感じてもらいたいからこそ、あえて梱包していない状態で提供しています。どれも美味しそうなのでつい買いすぎてしまいそう!プレゼント用や、日持ちのするものを希望する場合は、箱に詰められた焼き菓子BOXも隣にありますよ。
洋菓子店「Riviere(リビエール)」実食レポ 尼崎市 [画像]
ショーケースのなかにはシンプルなものから華やかなものまで約17種のケーキがずらり。創業当時から変わらぬ味の濃厚なチョコレートケーキ「ピラミッド」や、イチゴを入れて焼き上げたチーズケーキ「苺のクラフティ」、季節限定のさっぱり「レモンのタルト」など、どれも捨てがたいラインナップ。
いちじくのタルト(税込648円)いちじくのタルト(税込648円)
こちらはこの夏限定の「いちじくのタルト」。アーモンドクリームを焼き込んだタルトのうえに、自家製いちじくペーストを重ね、ホワイトチョコクリーム、仕上げにいちじくがたっぷりのせられています。
洋菓子店「Riviere(リビエール)」実食レポ 尼崎市 [画像]
まずは主役のいちじくから。プチプチとした食感とほんのり優しい甘みが口の中に広がります。弾力もありフレッシュでいくつでも食べられそうなほど。個人的に家庭でいちじくを食べる機会が少ないので嬉しいな~。中に隠れてるホワイトチョコクリームは、あっさりとしていて果物の瑞々しさを引き立てています。タルトは外はサクサク、中はしっとり。
MANON(マノン)税込3,456円MANON(マノン)税込3,456円
こちらは通販では即完売してしまう、愛らしい猫ちゃんが印象的なクッキー缶「MANON(マノン)」。ドイツの「テーゲベック」という洋菓子をベースに、生地にたっぷりと空気を含ませてより軽くなるようにアレンジされた同店オリジナルの商品です。オーナーの手書きのメッセージが中に添えられています。「マノン」という由来は、自身の三女の名前から付けられたそうですよ。
洋菓子店「Riviere(リビエール)」実食レポ 尼崎市 [画像]
プレーンとココアの2種入り。サクッとした食感のクッキーの中に、なめらかなチョコレートクリームをサンドしています。クリームはビターチョコにミルクチョコをブレンドしたカカオ感の強いほろ苦さで、食べ応えがありコーヒーともよく合いそう!乾燥したクレープ生地を砕いてから加えているため、このサクサクとした食感が実現しています。日持ちが2カ月弱するので、毎日のおやつにじっくりと堪能できます。
ラングドシャ缶(税込3,024円)ラングドシャ缶(税込3,024円)
初代のネコ缶「ラングドシャ缶」も店頭に並んでいます。軽やかな食感や味が好みの人は、こちらもおすすめ。売り切れの場合もあるため、平日だと夕方くらいまで、土日だと午前中くらいまでに訪問してくださいね。通販での購入はこちらから。
洋菓子店「Riviere(リビエール)」実食レポ 尼崎市 [画像]
イートインスペースもあり。テラス席ではペットと一緒に楽しめます。優しい陽の光に照らされた明るい空間で、主婦の憩いの場として大活躍しそうですね!最近では男性客も増えてきているようですよ。
洋菓子店「Riviere(リビエール)」実食レポ 尼崎市 [画像]
サービスのハーブティーやお茶も用意。イートイン・テイクアウト問わず自由に飲めるスタイルで、お店の細やかな気配りが嬉しいですね。そのほかドリンクは、コーヒー(リビエールブレンド)や、レモネード、アールグレイのティーソーダもあります。
洋菓子店「Riviere(リビエール)」実食レポ 尼崎市 [画像]
まるでヨーロッパのどこかに迷い込んだような心躍る内装。「洋菓子は人から生まれる。スタッフひとりひとりの想いを尊重し、その時々でチャレンジしたいことを実現していきたい。生き生きとしたスタッフ・手掛ける洋菓子・訪れるお客さま、それぞれが一体となれる空間を大切にしていきたい」と、オーナーの西さんは語っていました。取材後にオーナーのTwitterをのぞくと、パンの出張販売も検討しているみたい⁉スイーツにとらわれない同店の動きに今後も目が離せません。

写真

詳細情報

店舗
RIVIERE(リビエール)
(尼崎市南武庫之荘3-34-6)
GoogleMapで探す
営業時間
10:00〜19:00
定休日
火曜
TEL
06-6438-6433

Kiss PRESS編集部:廣田

続きを読む

おでかけルーレット

スタート!
ストップ!
もう一回

条件に合うおでかけ情報が
見つかりませんでした

条件をかえる
とじる