「播磨国総社」輪ぬけでコロナ退散祈願  姫路市

掲載情報は配信時のものです。現在の内容と異なる場合がありますので、ご利用の際は公式サイトや公式SNSで直接ご確認ください。

このイベントは終了しました。

「播磨国総社」輪ぬけでコロナ退散祈願  姫路市

茅(ちがや)の大きな輪をくぐって残り半年をハッピーに

姫路市にある播磨国総社 射楯兵主(いたてひょうず)神社で、「大茅(おおち)の輪」が設置され、6月30日から7月11日まで輪ぬけくぐりができます。
「播磨国総社」輪ぬけでコロナ退散祈願  姫路市 [画像]
大茅の輪は、例年、本殿前の駐車場付近に6月30日、7月1日の2日間設置されていましたが、昨年から混雑をさけるため期間を延長し、場所も境内に変更しています。
「大茅(おおち)の輪」「大茅(おおち)の輪」
「茅(ちがや)には魔除けや災難除けの効果がある」と言われています。輪ぬけすることで、半年間に知らず知らずのうちに犯してしまった罪やけがれを清め、残りの半年を無事過ごせるんだとか。また7月11日の17時からは「湯立て神事」も。本殿前に湯を沸かした釜が置かれ、巫女さんが両手に熊笹を持って、太鼓の合図とともに忌湯を四方にまきます。湯がかかることで疫病や災いを退散させる毎年人気の神事ですよ。
「夏限定の茅の輪守り」「夏限定の茅の輪守り」
玄関先に掛けておくと疫病・災難から守られると言われる「夏限定の茅の輪守り」の授与も開始(初穂料2,000円)。こちらはすべて神主さんと巫女さんの手作りです。

写真

詳細情報

開催期間
夏越し大祓式、輪ぬけ祭
2021年6月30日(水)16:30~2021年7月1日(木)19:00
7月11日までくぐれます。※閉門時間は19:00

湯立て神事
2021年7月11日(日)17:00~
場所
播磨国総社 射楯兵主神社
(姫路市総社本町190)
GoogleMapで探す
入場料
無料
お問い合わせ
TEL 079-224-1111

この記事をシェア

お気に入り
Kiss PRESS メールマガジン

Kiss PRESS編集部:中嶋

続きを読む

おでかけルーレット

スタート!
ストップ!
もう一回

条件に合うおでかけ情報が
見つかりませんでした

条件をかえる
とじる