アニメ映画『ジョゼと虎と魚たち』

掲載情報は配信時のものです。現在の内容と異なる場合がありますので、ご利用の際は公式サイトや公式SNSで直接ご確認ください。

アニメ映画『ジョゼと虎と魚たち』

その恋は、世界の輝きを教えてくれた―

芥川賞作家・田辺聖子の名編で、2003年に妻夫木聡・池脇千鶴主演で実写映画化もされた『ジョゼと虎と魚たち』が、アニメーション映画となって登場。12月25日より公開されます。
©︎2020 Seiko Tanabe/ KADOKAWA/ Josee Project©︎2020 Seiko Tanabe/ KADOKAWA/ Josee Project
主人公・恒夫を中川大志、ジョゼを清原果耶が演じます。監督は、『おおかみこどもの雨と雪』助監督や『ノラガミ』シリーズの監督を手掛けたタムラコータロー。心に刺さる等身大の魅力と、心を躍らせるロマンに満ちた“新しいジョゼ”が描かれます。
アニメ映画『ジョゼと虎と魚たち』 [画像]
<ストーリー>趣味の絵と本と想像の中で、自分の世界を生きるジョゼ。幼いころから車椅子の彼女は、ある日、危うく坂道で転げ落ちそうになったところを、大学生の恒夫に助けられる。海洋生物学を専攻する恒夫は、メキシコにしか生息しない幻の魚の群れをいつかその目で見るという夢を追いかけながら、バイトに明け暮れる勤労学生。そんな恒夫にジョゼとふたりで暮らす祖母・チヅは、あるバイトを持ち掛ける。それはジョゼの注文を聞いて、彼女の相手をすること。しかしひねくれていて口が悪いジョゼは恒夫に辛辣に当たり、恒夫もジョゼに我慢することなく真っすぐにぶつかっていく。そんな中で見え隠れするそれぞれの心の内と、縮まっていくふたりの心の距離。その触れ合いの中で、ジョゼは意を決して夢見ていた外の世界へ、恒夫と共に飛び出すことを決めるが…。
アニメ映画『ジョゼと虎と魚たち』 [画像]
Kiss PRESSでは、本作で声優に初挑戦したお笑い芸人・見取り図のインタビューを掲載中!

詳細情報

公開日
2020年12月25日(金)
原作
田辺聖子「ジョゼと虎と魚たち」(角川文庫刊)
監督
タムラコータロー
脚本
桑村さや香
声の出演
中川大志、清原果耶、宮本侑芽、興津和幸、Lynn、松寺千恵美/見取り図
配給
松竹/KADOKAWA
劇場(兵庫)
OSシネマズ神戸ハーバーランド
神戸国際松竹
MOVIXあまがさき
アースシネマズ姫路
TOHOシネマズ西宮OS
TOHOシネマズ伊丹
イオンシネマ加古川

この記事をシェア

お気に入り

Kiss PRESS編集部:木下

続きを読む

おでかけルーレット

スタート!
ストップ!
もう一回

条件に合うおでかけ情報が
見つかりませんでした

条件をかえる
とじる