『ミス日本のゆかた2020』KOBerrieS♪の古川莉子がグランプリ

「全国温泉地フォトジェニック賞」を新設

『ミス日本のゆかた2020』KOBerrieS♪の古川莉子がグランプリ

「日本ゆかた文化協会」が主催するミス・コンテスト『ミス日本のゆかた2020』の選考オーディションにて、神戸発アイドルユニット「KOBerrieS♪(コウベリーズ)」の古川莉子さんが見事グランプリを受賞!
古川莉子さん
ネット配信サービス「マシェバラ」とコラボレーションし、マシェバラネット生放送(公式配信/フリー配信)にて獲得したポイント数(スマイル含む)によって順位を決定。3ヶ月にわたる審査の結果、「ゆかたの魅力を同世代の方や海外の方へ広めたい」と応募した古川さんが総合第1位を獲得しました。古川さんは、“りこりこ”の愛称で親しまれ、グループ史上最年少センターを務める16歳。「清楚で柔らかく透明感のある美少女でゆかたにふさわしい女性」「明るく元気にいつも前向き、浴衣の魅力が必ず伝わるはず!」などの応援コメントが寄せられていました。KOBerrieS♪の公式ツイッターによると、2位との差は35万と堂々の1位だったようです!
(左)雅さん(右)松前薫さん
総合第2位に岐阜のご当地アイドルユニット「岐阜 濃know姫隊」の雅さん、総合第3位に「ミス・スキンケアJAPAN2019」初代グランプリの松前薫さん、準グランプリ(審査員特別賞)に医療事務で働来ながらコンテストに挑んだ愛美さん、準グランプリ(フォトジェニック賞)にグラビアアイドルの安西ゆかさんがランクインしています。受賞者は2020年夏・秋に向けてゆかたが彩る祭りやファッションショーなどに出演して浴衣の魅力を発信していくそうです!

また、新型コロナウイルス感染拡大の影響により一部の審査・イベントが中止となったことを受け、決勝期間終了後に「全国温泉地フォトジェニック賞」を追加!6月15日までネット配信サービス「マシェバラ」での獲得ポイント上位1名が受賞、ファイナリストの中から希望者のみ出場し、グランプリ・準グランプリに選ばれた方もダブル受賞が可能だそうです。「マシェバラ」はパソコン用サイト・またはスマートフォンアプリから無料で視聴可能。

この記事をシェア

お気に入り

Kiss PRESS編集部:木下

続きを読む