おうちであの老祥記の豚饅を作ろう!

南京町の行列店「老祥記」の豚饅レシピが無料公開中

おうちであの老祥記の豚饅を作ろう!

神戸市中央区 南京町の人気店「老祥記(ろうしょうき)」。じゅわっと肉汁が溢れる小ぶりの豚まん「豚饅頭」はいくつでも食べられると、地元民はもちろん観光客にも大人気。中華街では行列のできるお店としても有名です。
老祥記の豚饅頭
そんな老祥記が家庭で簡単に作れる豚饅のレシピを初公開。「南京町商店振興組合」のYouTubeチャンネルで配信された動画が、早くも話題となっています。

作り方を教えてくれるのは、老祥記の4代目・曹 祐仁さん。7分ほどの動画では、ふっくらとした皮を捏ね上げる様子や餡の中身、包み方のコツが丁寧に紹介されており、誰でも簡単においしい豚まんが作れるようになっています。
YouTube動画から
今回は家庭でも包みやすいように、老祥記のものより大きめの豚饅頭。コツは、形はどうあれ穴がないようにしっかりとミンチを皮の中に包むこと。そうすることで、餡の旨味が閉じ込められたジューシーな味わいになるということです。

同チャンネルではほかにも、民生廣東料理店の「焼きおにぎり入り中華風スープ」や、マルちゃん正麺でつくる「香港風焼きそば」など、プロが作る簡単レシピが多数公開されています。ぜひチェックしてみてくださいね。

<家庭でできる美味しい豚饅レシピ>
【材料】
・薄力粉 250g
・強力粉 50g
・ベーキングパウダー 8g
・砂糖 30g
・塩 2g
・ドライイースト 6g
・ラード 18g

・豚ミンチ 200g
・細かく切ったしいたけ 2ケ
・むきえび 50g
・たけのこ 50g
・チンゲン菜 1/4株
・春雨(湯で戻す)50g
・醤油 大さじ2
・オイスターソース 大さじ2
・みりん 大さじ2
・片栗粉 大さじ2
・中華だしの素 10g
・塩、こしょう 適量
・おろししょうが、おろしにんにく 適量
・ごま油 少々

この記事をシェア

お気に入り

Kiss PRESS編集部:田中

続きを読む