『Kobe Mural Art Project ~神戸市役所2号館のお別れのイベント~』 神戸市中央区

市民によってアーティストが育てられるまちを実現

『Kobe Mural Art Project ~神戸市役所2号館のお別れのイベント~』 神戸市中央区

 『Kobe Mural Art Project ~神戸市役所2号館のお別れのイベント~』は、2020年秋に解体される神戸市役所2号館で、最後に華やかなアートイベントに人々を巻き込んで楽しもうと企画された同プロジェクトの第1弾で、現在クラウドファンディングにて資金集めを行っています(3月31日まで)。

 同プロジェクトの実行委員会は、これから神戸の街を中心にミューラルアート(壁画)を増やすプロジェクトを仕掛ける団体で、神戸市職員の企画調整局つなぐ課の秋田大介さんが代表を行っています。”神戸の街に子供から大人まで楽しめるアートをたくさん増やしたい。街中でアートと気軽に触れる機会を増やし市民とアートとの関りを高めたい。世界中のアーティスティックな若者が集い交流する都市にしたい。”と、プロジェクトが発足された思いを語ってくれました。

 内容は、10×30メートルの南北の壁に描く壁画や、市民参加の庁舎内に描くお別れのメッセージなど庁舎解体までの時間をアートイベントで楽しみます。また、クラウドファンディングでの支援者への返礼品には、オリジナルTシャツや、ストリートアートのカンファレンス(オンライン配信の可能性もあり)参加券、庁舎内で水鉄砲にカラーインクを入れて撃ちあうイベントに参加できる権利などがあり、より深くプロジェクトを楽しむことができます。

 4月から本格的に始動され、2号館南側の壁面担当アーティストには、TITI FREAK(チチフリーク)さん、2号館北側の壁面担当アーティストには、HITOTZUKI(ヒトツキ)さんが決定しており、現場で描く姿と出来上がる過程を見ることができます。TITI FREAKさんも”公の広々とした空間でペインティングを行うことができ、人々はペインティングのプロセスを見ることができます。このプロセスは双方にとって、公共にとっても、アーティストにとっても、非常に良いものです。そのようなプロジェクトを一緒にできてとても嬉しいです”とプロジェクトへの意気込みを聞かせてくれました。

その後の詳しいスケジュールは、facebookにて更新中。

写真

この記事をシェア

お気に入り
クラウドファンディング
2020年3月31日まで
詳細はこちら
開催期間
2020年4月~6月
今後の予定はこちら(facebook)
問い合わせ
Kobe Mural Art Project 実行委員会代表 秋田
mail:acky0710+muralart@gmail.com

Kiss PRESS編集部:宮西

PR

夢に日付を。輝く未来を。ワールドグループ。
夢に日付を。輝く未来を。ワールドグループ。

夢に日付を。輝く未来を。ワールドグループ。

続きを読む