竹田城跡で早朝ライトアップ実施 朝来市

雲海シーズン到来

 秋の雲海シーズンを目前に、国史跡・竹田城跡で早朝ライトアップが始まっている。11月30日まで毎日実施。

 「日本のマチュピチュ」や「天空の城」といったキャッチコピーで全国的に知られるようになった竹田城跡は、標高353.7メートルの古城山山頂に築かれた山城。山全体が虎が伏せているように見えることから、別名「虎臥城(とらふすじょう、こがじょう)」とも呼ばれているという。この地域は、しばしば秋の良く晴れた朝に濃い霧が発生することがあり、その様子がまるで雲海に浮かぶようだと広く人気を集めている。

 雲海が発生しやすいとされる秋冬の早朝に行われるライトアップでは、約100基のLED照明によって夜明けを迎える朝の静けさの中、幻想的に浮かび上がる竹田城跡を堪能することができる。

続きを読む