アサヒスーパードライ「姫路城ラベル」中びん新発売

 アサヒビール株式会社(本社・東京)は、『アサヒスーパードライ「姫路城ラベル」』(中びん 500ミリリットル)を姫路市を中心とする兵庫県で4月18日に新発売した。

 国宝である姫路城は、1993年12月に奈良の法隆寺とともに日本で初の世界文化遺産となった。5層7階の大天守は、1609年(慶長14年)に建築されたもので、400年以上が経過した今もその美しい姿を残している。2015年度の入城者数は286万人を突破し、日本国内の城郭のなかで過去最多の年間入場者数を記録している。

 同社は、「世界文化遺産姫路城を将来にわたり守り、継承し、美しい姿で子孫に残したい」という姫路市の思いに賛同。同商品の売上1本につき1円を姫路市に寄付し、世界文化遺産姫路城の保存・継承を支援する。ラベルには、「アサヒスーパードライ」のロゴマークの下に、「世界文化遺産姫路城」の文字とともに姫路城のイラストをデザインした。4月・5月・8月・9月の計4回の発売を計画しており、次回は5月11日の発売を予定している。

続きを読む