街を、もっと楽しもう Kiss PRESS

保存した記事
記事検索
ルーレット
お出かけ先に迷ったら!

キーワードから探す

市・区・町で絞り込む
市・区・町で絞り込む
市・区・町で絞り込む
市・区・町で絞り込む
市・区・町で絞り込む
市・区・町で絞り込む
市・区・町で絞り込む
地域選択をクリア

〈特集〉えきそば・姫路おでん・穴子めし… 姫路のご当地グルメ 5選

出汁が染み込んだおでんに生姜醤油を付けて…【姫路おでん】
魚町通り『maruya(まるや)』

次は、生姜醤油を付けて食べるスタイルが珍しい「姫路おでん」に注目。

昨年10月にオープンしたおでん専門店『maruya』は、元バーテンダーの店主が営むお店です。

子どもの頃から家で食べるおでんが大好きだったという店主。調理師免許を持つ母が作るおでんは、出汁からとる本格派。その味に慣れ親しんできたということもあり、家庭とは一線を越える上品なおでんが味わえます。

地産地消を基本に新鮮な食材を使い、手間を惜しまずに丁寧に仕込まれた具材は素材の美味しさを引き立てています。こだわりの出汁は、羅臼昆布、花鰹、しび節など少し甘めに塩味を抑えてシンプルに。そこに練り物などから染み出る出汁がさらに旨味をプラス。

「姫路おでん」は、生姜を自分ですりおろすスタイル。たつの市の醤油「オオギイチ」と合わせると、おろしたての生姜の風味が際立ちます。

「5種盛おまかせ」1,600円(税込)

どれにするか迷った時には店主が選ぶ「5種盛おまかせ」がオススメ。苦手な食材がある場合も対応してくれます。人気No. 1の「大根」は、割ると芯まで出汁が染み染みです。

「魚河岸揚げ」という練り物を初めていただきました。居合わせた関東からのお客様が「関東では定番だよ」と教えてくれました。こういう交流が自然と出来るお店は、本当に居心地が良いです。

おでんに合うお酒として出していただいたのが「季の美」という京都のドライジン。玉露や柚子といった国産のボタニカルが素材となっているので、和食に合うのは自然なことだそう。

バーテンダー歴15年の店主が選ぶともあり、おでんとの相性も抜群です。

「牛すじ」650円(税込)

「牛すじ」は、丁寧な下処理がされているので臭みがなく、昆布や生姜とおでん出汁で丁寧に煮込んだ人気の一品。

「カウンター7席の店内なので、InstagramのDMから二日前までに予約お願いします」とのことです。

何でも丸く収まるきっかけになれたらという店名でもある『maruya』で、美味しいおでんとクラフトジンを楽しんで♪

[ 広告 ] 記事の続きは下にスクロール

場所 maruya
(姫路市立町55-2)
営業時間 17:30〜24:00(金曜日、土曜日のみ1:00まで)
定休日 月曜日

▶さらに詳しくはこちらの記事から

掲載情報は2024年6月4日配信時のものです。現在の内容と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。
料金は税込表記を基本としています。

おでかけルーレット

スタート!
ストップ!
もう一回

条件に合うおでかけ情報が
見つかりませんでした

条件をかえる
とじる