特別展「博物館はおばけやしき」

掲載情報は配信時のものです。現在の内容と異なる場合がありますので、ご利用の際は公式サイトや公式SNSで直接ご確認ください。

このイベントは終了しました。

特別展「博物館はおばけやしき」

妖怪は、人間を超えた力を持つ自然の象徴であり、日本人にとって長らく畏怖の対象でした。
しかし、江戸時代になると、都市部を中心に自然に対する畏怖の心が薄らいでいき、それとともに妖怪のリアリティも失われていきました。その一方で、妖怪はさまざまな娯楽のなかで、人間を遊び相手として活躍するようになりました。
妖怪現象を人工的に作り出す「妖怪手品」、大がかりな仕掛けで恐怖を演出する「怪談狂言」、リアルな表現で見る者を戦慄させる「生人形」や造り物の妖怪・・・これらの集大成として、「お化け屋敷」が生まれるのです。

この展覧会では、お化け屋敷をキーワードに、恐怖から娯楽の対象へと変わっていった日本人の妖怪観の変遷をたどります。

 ※本物のお化け屋敷ではありません。

写真

詳細情報

タイトル
開館30周年記念 特別企画展
「博物館はおばけやしき-Haunted Museum-」
開催期間
2013年7月13日~2013年9月1日
休館日
毎週月曜日
開催時間
午前10時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
開催場所
兵庫県立歴史博物館
アクセス
・JR新快速で三宮から37分、大阪から57分(最速)
・山陽電車(特急)で三宮から59分、梅田から88分(最速)
・神姫バス姫路駅前から「姫路医療センター経由系統」で約8分、『姫山公園北・博物館前』で下車
・城周辺観光ループバスで約8分、『博物館前』下車
イベント
■ トークイベント

「お化け☆談義 in おばけやしき展」

 ●日時/平成25年8月18日(日) 14時~15時30分
 ●場所/兵庫県立歴史博物館 講堂
 ●案内/化野燐(作家・妖怪文人)×香川雅信(当館主査・学芸員)
 ●定員/100名(先着順、無料)


■ れきはくアカデミー

「お化け屋敷の誕生」

 ●日時/平成25年7月28日(日) 14時~15時30分
 ●場所/兵庫県立歴史博物館 講堂
 ●講師/香川雅信(当館主査・学芸員)
 ●定員/100名(先着順、無料)


■ 展覧会ガイド

~担当学芸員が解説します~

 ●日時/平成25年7月14日(日)・28日(日)・8月18日(日)
  いずれも午前11:00から
 ●場所/特別企画展会場
 ●解説/担当学芸員


■ ワークショップ

からくりお化け屋敷を作ろう

 ●日時/平成25年8月10日(土)・11日(日)
  いずれも午後1:30分開始(約1時間30分)
 ●場所/当館体験ルーム
 ●参加費/無料
 ●対象/小学校高学年以上
 ●定員/20名
 ※要申込・受付は往復はがきで各実施日の2週間前必着


■ 歴はく倶楽部

粘土で妖怪をつくろう

 ●日時/平成25年8月18日(日)
     午前10:30~15:30
 ●場所/当館 1階ロビー
 ●参加費/1回100円
お問い合わせ
兵庫県立歴史博物館
TEL:079-288-9011

この記事をシェア

お気に入り
Kiss PRESS メールマガジン

Kiss PRESS編集部

続きを読む

おでかけルーレット

スタート!
ストップ!
もう一回

条件に合うおでかけ情報が
見つかりませんでした

条件をかえる
とじる