街を、もっと楽しもう Kiss PRESS

保存した記事
記事検索
ルーレット
お出かけ先に迷ったら!

キーワードから探す

市・区・町で絞り込む
市・区・町で絞り込む
市・区・町で絞り込む
市・区・町で絞り込む
市・区・町で絞り込む
市・区・町で絞り込む
市・区・町で絞り込む
地域選択をクリア

このイベントは終了しました。

なぜあの時、トルコは日本を助けてくれたのか

映画『海難1890』

 日本・トルコ友好125周年記念として作られた合作映画『海難1890』が12月5日(土)より公開される。

 1890年に和歌山県で起こった海難事故で海に投げ出されたトルコ人を日本人が懸命に救出した「エルトゥールル号海難事故」と、1985年イラン・イラク戦争のさなか取り残されていた在留邦人のためにトルコ政府が救援機を派遣して救出した「テヘラン邦人救出劇」、この2つの史実を基に両国の深い絆を映し出す“奇跡の実話”が描かれている。

<ストーリー>
1890年、和歌山県串本町沖。後のトルコであるオスマン帝国の親善使節団を乗せた軍艦エルトゥールルが座礁する。海に投げ出されたトルコ人を元紀州藩士の医師・田村元貞(内野聖陽)やその助手を務めるハル(忽那汐里)ら、地元住民が懸命の救援活動を行った。そして、時は経ち1985年。イラン・イラク戦争のさなか日本政府は危機的状況を理由に在留邦人の救出を断念。空港に取り残されていた、日本人学校の教師・春海(忽那汐里)ら在留邦人のためにトルコ政府は救援機を派遣する。

写真

この記事の地域の天気情報

詳細情報

タイトル
『海難1890』
公開日
12月5日(土)
監督・企画
田中光敏
脚本
小松江里子
キャスト
内野聖陽、ケナン・エジェ、忽那汐里、アリジャン・ユジェソイベキール ほか

Kiss PRESS編集部:松田

記事の続きを読む

おでかけルーレット

スタート!
ストップ!
もう一回

条件に合うおでかけ情報が
見つかりませんでした

条件をかえる
とじる