街を、もっと楽しもう Kiss PRESS

保存した記事
記事検索
ルーレット
お出かけ先に迷ったら!

キーワードから探す

市・区・町で絞り込む
市・区・町で絞り込む
市・区・町で絞り込む
市・区・町で絞り込む
市・区・町で絞り込む
市・区・町で絞り込む
市・区・町で絞り込む
地域選択をクリア

一瞬のうちに溶けて無くなる…繊細な氷の芸術作品

JR網干駅から徒歩約10分のかき氷店「らしく」で美しいかき氷をいただきました 揖保郡太子町

太子町糸井の住宅地の一角にある小さなかき氷店「らしく」に、“とても芸術的なかき氷”があるとの噂を聞き、雨が降りしきる中、訪れてみました。

お店の中央にはお店の象徴となる電話ボックスも お店の中央にはお店の象徴となる電話ボックスも

店内はいたるところにこだわりの小物をレイアウトしており、可愛らしい雰囲気が伝わってきます。

[ 広告 ] 記事の続きは下にスクロール

レトロな小物の配置など細部まで美しく整えられています レトロな小物の配置など細部まで美しく整えられています

また、部屋中素敵な木の温もりに包まれており、カウンターやテーブルなどのお席が10席、用意されています。

添える手はやさしく、ふんわりと…この丸いフォルムを生み出すのは至難の技 添える手はやさしく、ふんわりと…この丸いフォルムを生み出すのは至難の技

らしくでは、地元本田冷蔵より仕入れた純氷を使用。「一つ一つ、かき氷を作る事に刃の角度を調整し直します」という店主である前田さんの強いこだわりも。さらに、氷の温度調整を行いながら削ることでキメの細かい繊細なかき氷を生み出します。

梅雨の時期だからこそ、一瞬で溶けてしまう。ゼリーを載せる作業は慎重で一瞬の隙も無い 梅雨の時期だからこそ、一瞬で溶けてしまう。ゼリーを載せる作業は慎重で一瞬の隙も無い

「シロップのかけ方一つとっても、氷の削り方一つとっても、作り手によって味わいが変わってきます。この世に同じかき氷なんて存在しません。そんな、とても奥の深いところに魅了されました」と胸に秘めた熱い思いを語ってくれました。

今回はそんなこだわりのかき氷を2種類紹介します。

「五月雨(さみだれ)」1,400円(税込)※梅雨の間の期間限定 「五月雨(さみだれ)」1,400円(税込)※梅雨の間の期間限定

まず最初に紹介する「五月雨(さみだれ)」はある“曲”をきっかけに前田さんが考案されたとても美しく華やかな一品。ベースとなるカルピスミルクの上には深い濃いブルーのバタフライピーのゼリーが乗っています。

撮影中、気付けば少しづつ溶けていくかき氷… 撮影中、気付けば少しづつ溶けていくかき氷…

爽やかな味わいは中に潜んでいるパイナップルシロップ。こちらは雲の隙間から覗く眩い太陽の光を表現しており、夏の訪れを感じさせてくれるようです。

中からは、山形県産さくらんぼを使用した濃い味わいのゼリーが顔を覗かせている 中からは、山形県産さくらんぼを使用した濃い味わいのゼリーが顔を覗かせている

中から現れたさくらんぼは見ているだけでも愛らしく、甘酸っぱい青春の一時を表しているかのようでした。

「チョコみそにカカオニブ」1,200円(税込) 「チョコみそにカカオニブ」1,200円(税込)

次に頂いたのは「チョコみそにカカオニブ」というとっても珍しい一品。こちらはさっきとは全く違いとってもまったりとして濃厚。ベースとなるかき氷はチョコレートソース。

トッピングにはサクサクのカカオニブ、ほんのり白みその塩味がきいた濃いクリームの味わいが調和しています。

ミックスナッツとキャラメルソースの相性も抜群 ミックスナッツとキャラメルソースの相性も抜群

中にはミックスナッツとキャラメルソースが。ソースを沢山入れすぎても味のバランスを壊してしまうそうで調合の加減も大変難しいそう。

氷を削る職人としての真剣な眼差し 氷を削る職人としての真剣な眼差し

「繊細だからこそすぐに溶けてしまう。写真を撮って下さるのは嬉しいのですが一番美味しいタイミングで食べて欲しいんです」と語る前田さん。一人一人提供するのにはかなり時間がかかりますので、お席に到着したら美味しいうちに味わってみてくださいね。

ワンオペの為、新たに導入された券売機。券売機の隣にはその日メニュー表も掲示されている ワンオペの為、新たに導入された券売機。券売機の隣にはその日メニュー表も掲示されている

現金のみ、駐車場もそれほど多くありません。また皆さんが思うような一般的なかき氷もこのお店にはありません。ですが、それでも心惹かれる “らしく” のかき氷。

[ 広告 ] 記事の続きは下にスクロール

梅雨の時期にしか会えないかき氷、会えたらご縁。でも、もし会えなかったら…また来年、”ここに戻ってきて下さい”というメッセージなのかもしれません 梅雨の時期にしか会えないかき氷、会えたらご縁。でも、もし会えなかったら…また来年、”ここに戻ってきて下さい”というメッセージなのかもしれません

降りしきる雨がそこに留まる事が無いのと同様に、一瞬の間に消えて無くなってしまう氷の芸術。溶けていく氷は美しさや儚ささえも表現しているようです。

宜しければ雨が止まないうちに、前田さんのかき氷を味わいに来て下さい。食べるひとときを大切に出来ることの本当の “意味” を、知ることが出来るはず…。この日、筆者もそう心に刻み付けました。

詳細情報

場所
らしく
(揖保郡太子町糸井271)
GoogleMapsで探す
時間
13:30~19:30(L.O.19:00)
定休日
不定休
※営業日は公式Instagramで確認できます
駐車場
5台
※駐車場が少ない為、乗り合わせの上お越しください
支払い方法
現金のみ対応
※備考
来店の際は、まず公式Instagramのメニューやお願い駐車場情報等をご確認の上、ご予約ください
近くで宿泊

Kiss PRESS編集部:山田

記事の続きを読む

おでかけルーレット

スタート!
ストップ!
もう一回

条件に合うおでかけ情報が
見つかりませんでした

条件をかえる
とじる