街を、もっと楽しもう Kiss PRESS

保存した記事
記事検索
ルーレット
お出かけ先に迷ったら!

キーワードから探す

市・区・町で絞り込む
市・区・町で絞り込む
市・区・町で絞り込む
市・区・町で絞り込む
市・区・町で絞り込む
市・区・町で絞り込む
市・区・町で絞り込む
地域選択をクリア

120点を超える直筆原稿とともに手塚流輪廻の世界を紹介

宝塚市立手塚治虫記念館 開館30周年記念展「火の鳥展」宝塚市

宝塚市武庫川町にある『手塚治虫記念館』で、3月1日より開館30周年記念展「火の鳥展」が開催されています。会期は6月23日まで。

©Tezuka Productions ©Tezuka Productions

「人間の生と死の輪廻」をテーマに描かれた手塚治虫の長編大作『火の鳥』。狂言回しである「火の鳥」が未来と過去の時空を超え、世界の様々な場所で目撃した物語が描かれている同作は、独立しているはずの物語がときに関連性を持ち、過去と未来、歴史の端から端をまるで巨大な振り子のように往復しながら最後には現在へと収束していく壮大なクロニクルとなる予定でしたが、手塚の死によって未完となりました。同展では、120点を超える潤沢な手塚自身の直筆原稿と共に、手塚流輪廻の世界を紹介。

©Tezuka Productions ©Tezuka Productions

展示内容は【火の鳥とは】【各編・ストーリー時系列順紹介】【初期に描かれた火の鳥シリーズ】【描かれなかった現代編】【トピックス モブシーン】【トピックス バージョン違い】の6章構成。

手塚治虫がどうして『火の鳥』を描こうと思ったのか、自分の夢の話や子供の頃の体験も踏まえて語っているエピソードの紹介や、手塚が病床で描いたミュージカルの原案「大地編(現代編)」のシノプシス(複製)展示など、ここでしか見ることのできない貴重な資料や展示が目白押しです。

<記者のひとこと>
手塚治虫作品といえば、『鉄腕アトム』や『ブラック・ジャック』を連想する方が多いかもしれませんが、個人的には『火の鳥』や『ブッダ』の方が好みです♪(短編ですが、『新選組』も大好きです)。関連イベントも現在調整中だそうなので、続報が楽しみ!

この記事の地域の天気情報

詳細情報

会期
2024年3月1日(金)~6月23日(日)
場所
手塚治虫記念館
(宝塚市武庫川町7-65)
GoogleMapsで探す
開館時間
9:30~17:00(入館は16:30まで)
入館料
大人 700円、中高生 300円、小学生 100円
休館日
月曜日
※ただし、3月18日、25日、4月1日、29日、5月6日は開館

Kiss PRESS編集部:甘佐

記事の続きを読む

おでかけルーレット

スタート!
ストップ!
もう一回

条件に合うおでかけ情報が
見つかりませんでした

条件をかえる
とじる