街を、もっと楽しもう Kiss PRESS

保存した記事
記事検索
ルーレット
お出かけ先に迷ったら!

キーワードから探す

市・区・町で絞り込む
市・区・町で絞り込む
市・区・町で絞り込む
市・区・町で絞り込む
市・区・町で絞り込む
市・区・町で絞り込む
市・区・町で絞り込む
地域選択をクリア

風情ある古民家で味わうコスパ抜群のあなご飯!

網干の『あなご飯 津田』で「あなご飯」とノスタルジックな空間を堪能してきました 姫路市

山陽網干駅より車で3分ほど行った住宅街の中に突如現れる古民家。旧家の雰囲気の中でいただく絶品「あなご飯」が名物の『あなご飯 津田』(姫路市)に行って来ました。

網干の『あなご飯 津田』で「あなご飯」とノスタルジックな空間を堪能してきました 姫路市 [画像]

店長の祖母の家で、長年空き家だった明治時代の古民家をリニューアル。新旧が融合した和モダンな施工は、古民家の名残をとどめた趣のある古材や外観が、民家建築の魅力を引き出しています。

網干の『あなご飯 津田』で「あなご飯」とノスタルジックな空間を堪能してきました 姫路市 [画像]

間接照明やインテリアが空間を演出しジャズが流れる店内は、ゆったり過ごせる広々とした間取りで、個室では周りを気にせずに食事を楽しむことができます。

網干の『あなご飯 津田』で「あなご飯」とノスタルジックな空間を堪能してきました 姫路市 [画像]

少人数なら断然カウンター席がおすすめ。枯山水庭園をのぞむ縁側の眺めにはテンションが上がります!座席や個室それぞれに趣きがあるので、「次は違う席にも座ってみたい」というお客さんも多いのだとか。

これだけのリッチな雰囲気にお料理のお値段が気になるところですが、とってもリーズナブルな価格設定なのです。

網干の『あなご飯 津田』で「あなご飯」とノスタルジックな空間を堪能してきました 姫路市 [画像]

看板メニュー「津田御膳」は、選べるご飯とセットで茶そば、茶碗蒸し、香物が付いた一番人気。

「津田御膳」(あなご飯)2,350円(税込) 「津田御膳」(あなご飯)2,350円(税込)

ご飯は、あなご飯・あなご天丼・あなご釜飯から選べるとのことで、定番の「あなご飯」をオーダーしました。

網干の『あなご飯 津田』で「あなご飯」とノスタルジックな空間を堪能してきました 姫路市 [画像]

オーダーが通ってから炊き上げる釜飯、その炊き上がる時間に合わせてあなごを焼いていきます。大ぶりのあなごをじっくりと火に通すと身がふっくらと。さらに秘伝の特製だれで焼き上げていくと、甘辛い香ばしい香りが広がり食欲をそそります。

網干の『あなご飯 津田』で「あなご飯」とノスタルジックな空間を堪能してきました 姫路市 [画像]

肉厚のあなごは一匹と半身がご飯の上に敷き詰められています。

網干の『あなご飯 津田』で「あなご飯」とノスタルジックな空間を堪能してきました 姫路市 [画像]

お茶碗に食べる分だけをよそって、薬味をお好みでのせていただきます。釜で炊いたご飯は甘みと旨みが感じられ、あなごとの相性は抜群。

同店のこだわりは”出汁”。鰹ベースに素材からしっかりと出汁をとり、基本となる味を固めています。

「あいすくりぃむ」(抹茶、ジャージー、黒胡麻)各350円(税込) 「あいすくりぃむ」(抹茶、ジャージー、黒胡麻)各350円(税込)

食後に「あいすくりぃむ」もいただきました。お庭を見ながらお喋りと共にデザートをいただいていたら、あっという間に時間が過ぎていきそうです。

店長は「リラックスして過ごせる場所を提供するのもサービスの一環。食後のカフェもここで楽しんでくれたら嬉しい」と話されていました。

網干の『あなご飯 津田』で「あなご飯」とノスタルジックな空間を堪能してきました 姫路市 [画像]

夜はライトアップされた庭の印象が変わり、落ち着いた空間で素敵な時間が過ごせそうです。メニューは終日同じなので、晩御飯や夜カフェ使いができるのは嬉しいですね。

この記事の地域の天気情報

詳細情報

場所
あなご飯 津田
(姫路市網干区津市場564)
GoogleMapsで探す
営業時間
11:30~15:00 (L.O. 14:00)
17:30~21:30 (L.O. 20:30)
定休日
なし
TEL
079-280-8110

Kiss PRESS編集部:川口

記事の続きを読む

おでかけルーレット

スタート!
ストップ!
もう一回

条件に合うおでかけ情報が
見つかりませんでした

条件をかえる
とじる