街を、もっと楽しもう Kiss PRESS

保存した記事
記事検索
ルーレット
お出かけ先に迷ったら!

キーワードから探す

市・区・町で絞り込む
市・区・町で絞り込む
市・区・町で絞り込む
市・区・町で絞り込む
市・区・町で絞り込む
市・区・町で絞り込む
市・区・町で絞り込む
地域選択をクリア

甘いいちごがたっぷり入ったロールケーキを堪能あれ!

自家栽培イチゴのケーキ屋『いちご工舎』へ行ってきました 多可町

多可町八千代区中野間に今年1月27日オープン!自家栽培イチゴのケーキ屋『いちご工舎』に行ってきました

自家栽培イチゴのケーキ屋『いちご工舎』へ行ってきました 多可町 [画像]

店舗を経営する山本さん夫妻は、いちご農家を目指し、2年前に愛知県から多可町に移住されたそう。昨年より、店舗兼自宅の隣にあるビニールハウス3棟でイチゴの栽培を開始し、朝採りのいちごをふんだんに使用したタルトやロールケーキの開発を進めたそうです。

当初はさまざまないちご農家と協力し、土日祝限定で『なごみの里山都』(多可町)にて販売を行っていましたが、今年の1月に念願の実店舗をオープンされました。

自家栽培イチゴのケーキ屋『いちご工舎』へ行ってきました 多可町 [画像]

木の香りが漂う、温かみ溢れる店内には、可愛らしい女の子のイラストが。実はこちら、山本さんのお子さんがモデルとなっているそうです。

自家栽培イチゴのケーキ屋『いちご工舎』へ行ってきました 多可町 [画像]

ショーウィンドウにはいちごのケーキがずらりと並んでいました。いちごは、環境にやさしく大地の恵みをたっぷり吸収することができる土耕栽培で完熟させているそうで、大きく真っ赤ないちごがよく映えます。

同店のケーキ作りのこだわりは、多可町産・山田錦の米粉を使用した完全グルテンフリーなケーキであること。また、播州地卵や自家栽培の朝採りいちご、自家製のカスタードクリームを使用し、店主のこだわりがたくさん詰まったケーキになっています。

「いちご工舎のタルト」3,800円(税込) 「いちご工舎のタルト」3,800円(税込)

「いちご工舎のタルト」はホール型の5号サイズ。いちご1粒1粒がとても大きいので、写真で見るよりも大きく感じたことが印象的でした。タルト生地が非常に濃厚で、少しもちっとした食感がクセになります。

「ミニタルト」700円(税込)、「ロールケーキ」3,000円(税込) 「ミニタルト」700円(税込)、「ロールケーキ」3,000円(税込)

食べやすい「ミニタルト」に加え、新商品の「ロールケーキ」も登場しました。濃厚だけどあっさりしているクリームと、甘いいちごのバランスが絶妙です。

ケーキに入っているいちごって、少しすっぱく感じることはありませんか?同店のケーキの魅力は、そのいちごの甘さだと思います。ほとんど酸味を感じることなく、いちごの旨みを堪能することができました♪

自家栽培イチゴのケーキ屋『いちご工舎』へ行ってきました 多可町 [画像]

見てください、この断面。4列分、たっぷりといちごが使用されています。

「OBENTOロール」650円(税込) 「OBENTOロール」650円(税込)

こちらはロールケーキのカット売り、その名も「OBENTOロール」。ロールケーキ1カット、生いちご、メレンゲクッキーがセットになった商品で、営業時間内でも完売次第終了のため、予約することをおすすめします。

いちごの収穫時期に合わせた製作となるため、5月末頃までの販売を予定しているそうです。素材にこだわり、店主の思いがたっぷり詰まったいちごのケーキを、ぜひ一度味わってみてください♪

詳細情報

オープン日
2024年1月27日(土)
店舗
いちご工舎
(多可郡多可町八千代区中野間586‐1)
GoogleMapsで探す
定休日
月曜~水曜日
※祝日の場合は営業
時間
10:00~16:00
※完売次第終了
予約
TEL 080-9200-6928
公式インスタグラムはこちらから
この記事の地域の天気情報

Kiss PRESS編集部:横尾

記事の続きを読む

おでかけルーレット

スタート!
ストップ!
もう一回

条件に合うおでかけ情報が
見つかりませんでした

条件をかえる
とじる