街を、もっと楽しもう Kiss PRESS

保存した記事
記事検索
ルーレット
お出かけ先に迷ったら!

キーワードから探す

市・区・町で絞り込む
市・区・町で絞り込む
市・区・町で絞り込む
市・区・町で絞り込む
市・区・町で絞り込む
市・区・町で絞り込む
市・区・町で絞り込む
地域選択をクリア

幕末・明治の日本を記録した貴重な「手彩色写真」を展示

神戸市立博物館 特別展「Colorful JAPAN-幕末・明治の手彩色写真への旅」神戸市

神戸市立博物館(神戸市中央区)で3月30日より特別展「Colorful JAPAN-幕末・明治の手彩色写真への旅」が開催されます。会期は5月19日まで。

「〔太夫〕」明治時代 ピエール・セルネ氏蔵 「〔太夫〕」明治時代 ピエール・セルネ氏蔵

幕末・明治期に撮影され、手彩色が施された「手彩色写真」と関連資料約150点を展示。花や木、着物の柄、髪の筋などを1点1点丁寧に手作業で塗った手彩色写真のもつ唯一無二の美しさを堪能することができます。

32「GENERAL」日下部金兵衛 明治時代中期 ピエール・セルネ氏蔵 32「GENERAL」日下部金兵衛 明治時代中期 ピエール・セルネ氏蔵

幕末から明治時代にかけて、これまで交流のなかった諸外国の人々が来日するようになると、日本の名所や風俗を撮影した写真が外国人の間で大流行しました。侍・桜・富士山などを被写体とするそれらの写真はしばしば、1点1点精緻に彩色され、カラー写真と見紛うような「手彩色写真」に仕上げられ、有力な輸出品の一つとなったそうです。

構図と彩色による演出をたっぷり加えて制作される手彩色写真は、東洋の神秘「JAPAN」のイメージをつくり上げ、世界の人々を魅了していきました。

2069「CHERRY BLOSSOM SAND JINRIKISHAS」日下部金兵衛 明治時代中期~後期 東京都写真美術館蔵 2069「CHERRY BLOSSOM SAND JINRIKISHAS」日下部金兵衛 明治時代中期~後期 東京都写真美術館蔵

本展では、横浜や神戸で手彩色写真を制作・販売した「写真館」にも焦点を当てており、展示作品を通じて、写真館ごとの作風の違いや、手作業によって生まれる味わいを体感することもできるそうです。

※掲載作品はいずれも通期展示

<記者のひとこと>
歴史大好きな筆者にとってどストライクな展覧会♡絶対に足を運んで1枚1枚じっくりと堪能したいと思います♪

詳細情報

会期
<前期>
2024年3月30日(土)~4月28日(日)
<後期>
2024年4月29日(月・祝)~5月19日(日)
※会期中、一部作品の展示替えを実施
場所
神戸市立博物館
(神戸市中央区京町24番地)
GoogleMapsで探す
時間
9:30~17:30(金曜、土曜日は19:30まで)
※展示室への入場は閉館時間の30分前まで
入場料
一般 1,200円(1,000円)、大学生 600円(400円)、高校生以下 無料
※( )内は前売及び20名以上の団体料金
※神戸市内在住で満65歳以上の方は、当館券売窓口にて証明書類の提示により当日一般料金が半額
※障害のある方は障害者手帳などの提示で無料
※前売券の販売期間は2024年1月30日(火)~3月29日(金)まで
休館日
月曜日、5月7日(火)※但し、4月29日(月・祝)と5月6日(月・振替休日)は開館

Kiss PRESS編集部:甘佐

記事の続きを読む

おでかけルーレット

スタート!
ストップ!
もう一回

条件に合うおでかけ情報が
見つかりませんでした

条件をかえる
とじる