街を、もっと楽しもう Kiss PRESS

保存した記事
記事検索
ルーレット
お出かけ先に迷ったら!

キーワードから探す

市・区・町で絞り込む
市・区・町で絞り込む
市・区・町で絞り込む
市・区・町で絞り込む
市・区・町で絞り込む
市・区・町で絞り込む
市・区・町で絞り込む
地域選択をクリア

老舗名店が守る至極のグラタンとビフカツサンドの味

三宮の『欧風料理もん』に行ってきました 神戸市

三宮・生田神社のすぐそばにある、今年で創業88年を迎える老舗洋食店『欧風料理もん』に行ってきました。たくさんの文化人に愛されてきた、神戸の中でも歴史ある名店です。

三宮駅から徒歩5分、生田ロード沿いにあります 三宮駅から徒歩5分、生田ロード沿いにあります

少し奥まった入口の重厚なドアを開けると、右側に大きなカウンター、左側にテーブルが並んでいます。午後3時を過ぎているにもかかわらず、店内には食事を楽しむ複数の人の姿が見られました。

かの「BTS」のメンバーも来店した2階席。3階と4階ではすき焼きやしゃぶしゃぶも かの「BTS」のメンバーも来店した2階席。3階と4階ではすき焼きやしゃぶしゃぶも

出迎えてくれたのは4代目のマダム。2階に案内され、広くゆったりとしたテーブル席でメニュー表を眺めながら思案していると、「女性の方にはグラタンも人気ですよ」とのこと。この日は外が寒かったこともあり、即決でいただくことに。

「海老のグラタン」1,480円(税込) 「海老のグラタン」1,480円(税込)

待つこと15分、料理を運んできてくれたのは若き店主である日笠公太さん。創業者であるひいおじいさまから数えて5代目で、幼い頃からホールの手伝いをし、大学に入ってからは厨房に入って本格的に修行を始めたそう。

秘伝の味を保つため、昔からの作り方を一切変えていないという「グラタン」は、ニンジンや玉ねぎなどの野菜を細かく刻みバターで炒め、小麦粉、牛乳を合わせてじっくりと煮込んだホワイトソースを、さらにていねいにこして仕上げることから始まるのだとか。

”あつあつ”に”とろーり”がたまりません ”あつあつ”に”とろーり”がたまりません

さっそく一口いただくと、野菜の強い甘味と旨味がしっかりと感じられます。が、その野菜たちはソースに溶け込んでいるため姿形は存在せず、とろりとなめらかな舌触りの良さだけが口中に残ることに驚かされます。

そこに海老とマカロニとマッシュルームがごろっと入っており、それぞれの食感と香りを楽しめ、夢中で食べ進めてしまいます。表面のチーズはこんがりと焦がされ、ほろ苦さがまろやかなソースのアクセントとなり、さらに美味しい。

実は、今回気になるメニューがもうひとつ。それは友人から噂を聞いていた「ビフカツサンド」で、今回、お土産としてそちらもいただきます。

「ビフカツサンド」2,380円(税込) 「ビフカツサンド」2,380円(税込)

2種類のパン粉を独自にブレンドし、菜種油でからりと揚げられたビフカツは、神戸牛の希少部位”フィレ”を使用。口に入れた瞬間にとろける肉質は、"歯がいらない"という表現があてはまる柔らかさで、すぐさま肉の旨味がじゅわっと広がります。

神戸牛のレアな色目が美しすぎます! 神戸牛のレアな色目が美しすぎます!

ふんわりとした柔らかなパンはイスズベーカリーの食パン「GOLD」を使用しており、バターとマスタードを塗り、自家製のケチャップにくぐらせたビフカツとの相性も抜群です。翌朝に軽くトーストして食べるのもおススメだとか。

サンドイッチの包装紙は版画家の川西英さんによるもの サンドイッチの包装紙は版画家の川西英さんによるもの

「創業時からのレシピを変えずに守り続けるのが役割であり、使命だと考えています」と話す公太さん。若き5代目によって受け継がれる「もん」では、何年先に訪れても変わらない美味しさに出会えそうです。

おばあさまで三代目の日笠尚子さん(左)と日笠公太さん(右) おばあさまで三代目の日笠尚子さん(左)と日笠公太さん(右)

詳細情報

場所
欧風料理 もん
(神戸市中央区北長狭通2‐12‐12)
GoogleMapsで探す
営業時間
11:00~20:45(L.O.)
定休日
第2・3月曜日
※祝日は営業
TEL
078‐331-0372

Kiss PRESS編集部:大﨑

記事の続きを読む

おでかけルーレット

スタート!
ストップ!
もう一回

条件に合うおでかけ情報が
見つかりませんでした

条件をかえる
とじる