街を、もっと楽しもう Kiss PRESS

保存した記事
記事検索
ルーレット
お出かけ先に迷ったら!

キーワードから探す

市・区・町で絞り込む
市・区・町で絞り込む
市・区・町で絞り込む
市・区・町で絞り込む
市・区・町で絞り込む
市・区・町で絞り込む
市・区・町で絞り込む
地域選択をクリア

自家焙煎珈琲の甘い香りで華やぐ寛ぎのひととき

パルシェ香りの館の『香りの喫茶室~kuyuri~』に行ってきました 淡路市

淡路島にある「香り」を楽しむ複合施設『パルシェ香りの館』の中にオープンした『香りの喫茶室~kuyuri~』。「香り」×「珈琲」をコンセプトにしたお店でこだわりの自家焙煎珈琲を味わってきました。

パルシェ香りの館の『香りの喫茶室~kuyuri~』に行ってきました 淡路市 [画像]

場所は「香りの湯」がある建物の1階。以前はお食事処として活用されていた空間が、ちょっとひと休みできる「喫茶室」として生まれ変わっています。

パルシェ香りの館の『香りの喫茶室~kuyuri~』に行ってきました 淡路市 [画像]

西側は全面窓になっていて、たっぷりと温かい光の入る開放的な空間。光の動きで静かに風景が変わっていく中、穏やかなひと時を過ごせます。

パルシェ香りの館の『香りの喫茶室~kuyuri~』に行ってきました 淡路市 [画像]

メニューの主役は自家焙煎珈琲。さらに淡路島の銘菓をお供にハーブティーやチャイも楽しめます。

パルシェ香りの館の『香りの喫茶室~kuyuri~』に行ってきました 淡路市 [画像]

「コタさん」の愛称で親しまれるとっても優しい店主の小谷さんがハンドドリップで一杯一杯淹れてくれます。

「香ぐわしきほっと珈琲」500円(税込) 「香ぐわしきほっと珈琲」500円(税込)

1杯目は「香ぐわしきほっと珈琲」。濃厚な色の珈琲を一口飲むと、深煎りの甘みが広がり、芳ばしい香りが後から追いかけてくるような、うっとりするほどコク深い味わいが楽しめます。

重厚ながら胃に重たく感じるような嫌な苦みはなくすっきりとしているのは、生豆から仕入れ、一粒一粒ハンドピックでカビ豆や虫食い豆、サイズの小さな豆などの欠点豆を丁寧に取り除いて焙煎しているからなのだそう。

「蒼い誘惑 バタフライピー・ティー」600円(税込) 「蒼い誘惑 バタフライピー・ティー」600円(税込)

2杯目にいただいたのは「蒼い誘惑 バタフライピー・ティー」。バタフライピーのブルーが目にも美しく、ラベンダーの甘い香りが漂います。

鮮やかな色の変化を楽しんで 鮮やかな色の変化を楽しんで

レモン果汁を加えるとピンクに染まり、光が当たるとさらに鮮やかに。爽やかなハーブの味わいに体の中からリラックスできる心地よい一杯でした。

「八角チャイ・ティー」500円(税込)※プラス50円(税込)で淡路島牛乳のホットミルクを追加することも可 「八角チャイ・ティー」500円(税込)※プラス50円(税込)で淡路島牛乳のホットミルクを追加することも可

3杯目にいただいたのは寒い季節に嬉しい「八角チャイ・ティー」。ストレートティーでの提供で、ブラックティーのすっきりとした味わいに八角、シナモン、ジンジャー、カルダモンなどのスパイスの香りが溶け込んでいます。

(右)「八角チャイ・ティー」500円(税込)、(左下)「あわじオレンジスティック」300円(税込)、(左上)「あわじいちじくチョコ」250円(税込) (右)「八角チャイ・ティー」500円(税込)、(左下)「あわじオレンジスティック」300円(税込)、(左上)「あわじいちじくチョコ」250円(税込)

淡路島長手長栄堂の銘菓「あわじオレンジスティック」とドリンクの相性も抜群。オレンジの柔らかい酸味やチョコの甘みが、どれと合わせても素晴らしいマリアージュでした。

山並みに沈む夕陽を眺めて静かに過ごせる至福のひととき 山並みに沈む夕陽を眺めて静かに過ごせる至福のひととき

同施設内にある『Kaoru Café & Herb Shop』の「淡路島ハーブハンバーガー」や、『G.エルム』の「淡路島のこだわりアイス」(350円・税込)などパルシェ館内で購入したフードであれば持ち込みもOK。同店の珈琲やドリンクと一緒に楽しむことができます。

「Drip Coffee Bag」1パック・200円(税込)、5パック・950円(税込) 「Drip Coffee Bag」1パック・200円(税込)、5パック・950円(税込)

生豆のハンドピック、焙煎、グラフィックデザインのすべてを手掛けるコタさんの珈琲はドリップパックでも購入可。「ディカフェ」を選んでも物足りなさを感じない飲みごたえのある味わいには驚きです。

コタさん曰く「深煎りを極めたい」というだけあって、苦みや重さだけではない極上の深煎り珈琲。きっと、珈琲好きがはまる一杯に出会えます。

淡路島の線香職人が手がけた現代の香り「Le Mariage」と珈琲のコラボなども構想中なのだとか 淡路島の線香職人が手がけた現代の香り「Le Mariage」と珈琲のコラボなども構想中なのだとか

こだわりの行き届いた同店のテーマは「香り豊かな人生のひととき」。人生を彩る一瞬一瞬の、五感から感じるほのかな幸せをゆったりと味わってほしい。そんな願いのこもったお店です。

この記事の地域の天気情報

詳細情報

住所
香りの喫茶室~kuyuri~
(淡路市尾崎3025-1パルシェ香りの湯館内)
GoogleMapsで探す
営業日
金曜・土曜・日曜・祝日
営業時間
10:00〜17:00(L.O.日没CLOSE)
問い合わせ
InstagramのDMよりお問合せください

Kiss PRESS編集部:大田

記事の続きを読む

おでかけルーレット

スタート!
ストップ!
もう一回

条件に合うおでかけ情報が
見つかりませんでした

条件をかえる
とじる