街を、もっと楽しもう Kiss PRESS

保存した記事
記事検索
ルーレット
お出かけ先に迷ったら!

キーワードから探す

市・区・町で絞り込む
市・区・町で絞り込む
市・区・町で絞り込む
市・区・町で絞り込む
市・区・町で絞り込む
市・区・町で絞り込む
市・区・町で絞り込む
地域選択をクリア

あの「エルマーのぼうけん」の展覧会が明石に!

明石市立文化博物館 春季特別展「エルマーのぼうけん展」明石市

明石市立文化博物館(明石市)で春季特別展「エルマーのぼうけん展」が3月23日より開催されます。会期は5月19日まで、会期中無休。

明石市立文化博物館 春季特別展「エルマーのぼうけん展」明石市 [画像]

世界中で愛されている児童文学『エルマーのぼうけん』シリーズの日本語版出版から60周年を記念して企画された特別展で、日本初となるアメリカ・ミネソタ大学のカーラン・コレクションが所蔵する貴重な原画や資料が、東京PLAY!MUSEUMに次いで関西で初めて公開されます。

資料として展示されるのは、著者のルース・S・ガネット氏の幼少期からの写真や文章ノート、本作の挿絵を担当した義理の母親であるルース・C・ガネット氏と作り上げた試作本など。貴重な展示品を通じて、エルマーの物語が描かれた背景や経緯などを知ることができます。

また、まるでぼうけん物語に入り込んだかのような体験型の展示も用意されており、子どもから大人まで、絵本とはまた違う形で『エルマーのぼうけん』の楽しさを味わうことができる展覧会になっているそうです。

<エルマーのぼうけんシリーズとは>

りゅうの子を助けに行った9歳の男の子エルマーが、機転を利かせて困難を乗り越えていく冒険物語。1948年から51年にかけて『エルマーのぼうけん』をはじめとする3冊の物語がアメリカで出版され、半世紀以上たった現在でも世界中の多くの子どもたちに愛されている。

<記者のひとこと>
筆者も保育園でよく読み聞かせしてもらっていたので、とても思い入れのある作品です。展覧会に足を運んだら、懐かしさに感極まってしまうかも…。

詳細情報

会期
2024年3月23日(土)~5月19日(日)
※会期中無休
場所
明石市立文化博物館 1階特別展示室及び2階ギャラリー
(明石市上ノ丸2丁目13-1)
GoogleMapsで探す
時間
9:30~18:30(入館は18:00まで)
観覧料
大人 1,000円(800円)
大学・高校生 700円(560円)
中学生以下 無料
※( )は20名以上の団体料金
※65歳以上の方は半額
※身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳・ミライロID手帳提示の方と介護者1名は半額
※シニアいきいきパスポート提示で無料
この記事の地域の天気情報
近くで宿泊 近くで食事

Kiss PRESS編集部:甘佐

記事の続きを読む

おでかけルーレット

スタート!
ストップ!
もう一回

条件に合うおでかけ情報が
見つかりませんでした

条件をかえる
とじる