街を、もっと楽しもう Kiss PRESS

保存した記事
記事検索
ルーレット
お出かけ先に迷ったら!

キーワードから探す

市・区・町で絞り込む
市・区・町で絞り込む
市・区・町で絞り込む
市・区・町で絞り込む
市・区・町で絞り込む
市・区・町で絞り込む
市・区・町で絞り込む
地域選択をクリア

上品なたれがさらりと絡む焼き立て団子を軒先で1本

湊川の『甘幸堂(かんこうどう)』で名物のみたらし団子を実食 神戸市

湊川商店街の入り口にある『甘幸堂(かんこうどう)』に行ってきました。お目当ては、このつやっつやのお団子です。

「みたらし団子」120円(税込) 「みたらし団子」120円(税込)

創業1960年の老舗で、店内には焼き菓子、店頭には毎朝作られている生菓子が並びますが、なかでも注文後にその場で焼いてくれる熱々のみたらし団子が人気。醤油と砂糖の甘い香ばしさが漂い、次々と人が集まってきます。

団子を焼く三代目店主の後藤匠さん 団子を焼く三代目店主の後藤匠さん

「この場所に移転して15年、たれは毎日つぎ足しています。出来立て、焼き立ての美味しさを味わってほしい」と話すのは同店三代目店主の後藤匠さん。毎日200本、土日は400本以上の団子を用意しているそう。早速、目の前で焼いてもらいます。

湊川の『甘幸堂(かんこうどう)』で名物のみたらし団子を実食 神戸市 [画像]

後藤さんが慣れた手つきでくるくると串を回すと、真っ白だった団子に焦げ目が均等に付いていきます。

湊川の『甘幸堂(かんこうどう)』で名物のみたらし団子を実食 神戸市 [画像]

そこにたれを絡ませて出来上がり。すぐさまお店の前でいただくと、アツアツのお団子の柔らかさと甘辛のたれが美味しい。しょうゆと砂糖のバランスの良さはもとより、見た目よりさらっとしているたれに驚き。

「みたらし団子 5本入り」800円(税込) 「みたらし団子 5本入り」800円(税込)

「焼き立てはさらっとしていますが、時間が経つととろっとしてこちらもおすすめ。焼き立てが一番だけどお土産用に冷めても美味しいように工夫しています」とのこと。団子は冷めても固くならないよう、しっかり杵つきをし、水の温度まで管理することで、食べ応えのある今の柔らかさを実現したそう。

みたらし団子を頬張る神戸弘陵学園高校女子野球部のみなさん みたらし団子を頬張る神戸弘陵学園高校女子野球部のみなさん

柔らかいのにとろっとしすぎず、しっかりと舌触りも感じられ、病みつきになる美味しさにファンが多いことに納得。

湊川の『甘幸堂(かんこうどう)』で名物のみたらし団子を実食 神戸市 [画像]

「ス―パーやコンビニで便利に買える和菓子もいいけど、個人商店ならではの新鮮な美味しさを味わってほしい」という生菓子はおよそ10種類。毎朝、店内奥の工場で手作りされています。

左:柿の葉で包んだ「柿餅」180円、右:「栗むし羊羹」200円(共に税込) 左:柿の葉で包んだ「柿餅」180円、右:「栗むし羊羹」200円(共に税込)

なかでも旬の果物をまるごと入ったフルーツ大福や、赤えんどうを使った豆大福が人気だそう。今回お土産にいただきます。

左:「みかん大福」280円、右:「いちご大福」300円(共に税込) 左:「みかん大福」280円、右:「いちご大福」300円(共に税込)

季節の訪れをを感じられるフルーツ大福はみかんといちごの2種類。香川県藤川果樹園のみかんは丸ごと1個、いちごは”とよのか”を使用(年明けからは”あまおう”の予定)。薄いお餅で包まれたフルーツは口の中でじゅわっと果汁が溢れるほどみずみずしく、そこに白あんの上品な甘さが加わります。

「豆大福」160円(税込) 「豆大福」160円(税込)

豆がごろごろ入った「豆大福」では、塩茹でした赤えんどうの塩気が、北海道産小豆を使用した自家製粒あんの甘さを引き立てます。そしてフルーツ大福もそうですが、包んでいるお餅が本当に美味しい。 

湊川の『甘幸堂(かんこうどう)』で名物のみたらし団子を実食 神戸市 [画像]

三田米を使ったお餅は、こしが強くのびの良さが特長で、お雑煮や鍋料理などで煮込んでも型崩れせずしっかりと味わえるため、同店のお餅でないと年を迎えられないというファンも多いとか。

なお、12月28日から31日まではお正月に向けてお餅の専売となり、通常販売の丸餅と粒あん餅、棒餅6種(砂糖餅、のリ餅、黒豆餅、うる餅、うる豆餅、えび餅)に加え鏡餅も用意。電話と来店で予約可能だそうで、早速、米のつぶつぶが感じられる「うる餅」を予約、お雑煮が楽しみです。

この記事の地域の天気情報

詳細情報

場所
御菓子処 甘辛堂
(神戸市兵庫区荒田町1‐15‐6)
GoogleMapsで探す
営業時間
9:00~18:00
TEL
078‐512-5123
年末年始営業日
年末は12月31日まで、年始は1月6日から営業

Kiss PRESS編集部:大﨑

記事の続きを読む

おでかけルーレット

スタート!
ストップ!
もう一回

条件に合うおでかけ情報が
見つかりませんでした

条件をかえる
とじる