街を、もっと楽しもう Kiss PRESS

保存した記事
記事検索
ルーレット
お出かけ先に迷ったら!

キーワードから探す

市・区・町で絞り込む
市・区・町で絞り込む
市・区・町で絞り込む
市・区・町で絞り込む
市・区・町で絞り込む
市・区・町で絞り込む
市・区・町で絞り込む
地域選択をクリア

食べ歩きにも最高!創業75年の老舗天ぷら屋

三和本通商店街にある『日新天ぷら』で素材にこだわった天ぷらを食べてきました 尼崎市

阪神タイガースが日本一に輝き、今一番活気に満ちている尼崎の商店街。そこにある老舗の天ぷら屋さん『日新天ぷら』(尼崎市)に “冷めてもおいしいという天ぷら” があるそうなので早速取材へ行ってきました。

三和本通商店街にある『日新天ぷら』で素材にこだわった天ぷらを食べてきました 尼崎市 [画像]

お店は三和本通商店街の一角にあり、阪神尼崎駅からは徒歩で約10分ほどの場所にあります。

三和本通商店街にある『日新天ぷら』で素材にこだわった天ぷらを食べてきました 尼崎市 [画像]

店頭には、国産で旬の食材にこだわった天ぷらが常時20種類ほど並んでいて、天ぷらの揚げた香ばしい香りが漂ってきます。こちらの天ぷらの特徴は、衣に味をつけているため、醤油や天つゆは不要で冷めてもおいしくいただけるそうです。筆者が取材している間も地元のお客さんが晩御飯のおかずにと大量に天ぷらを買う姿を多数目撃しました。

三和本通商店街にある『日新天ぷら』で素材にこだわった天ぷらを食べてきました 尼崎市 [画像]

お話を伺っている間に、揚げたての「イカ」を出してもらったので早速試食させていただきました。イカの身はとっても肉厚で食べ応えがあるのに、やわらかで噛めば噛むほどイカの旨味があふれ出します。外の衣はサクサクでおいしくて思わず唸ってしまうほどの一品。

こちらのイカは日本海側で獲れるスルメイカのみを使用しており、他の産地のものは一切使用しないというこだりっぷり。

三和本通商店街にある『日新天ぷら』で素材にこだわった天ぷらを食べてきました 尼崎市 [画像]

次にお店の看板商品の「えび」を試食させていただきます。ワンハンドでいただくことができ食べ歩きにも最適です。

三和本通商店街にある『日新天ぷら』で素材にこだわった天ぷらを食べてきました 尼崎市 [画像]

身はプリプリで衣にしっかり味がついているのでこれと一緒に白飯が食べたくなりました(笑)。そう伝えると「実は、そういう声が多くなってきて、天丼の販売も始めたんですよ」と教えていただき、なんだか嬉しくなる筆者。ただし、ご飯を炊く時間が必要なので、事前に店頭や電話で予約してほしいとのことです。

「天ぷら弁当」500円(税込)※内容はその時によって変わります 「天ぷら弁当」500円(税込)※内容はその時によって変わります

さらに、イベント出店時のみ販売されている「天ぷら弁当」を今回特別にテイクアウトさせていただきました。内容はその時によって異なりますが、今回筆者がいだいたのは、よせあげおにぎりとうずら、しょうが、ちくわの天ぷらとタコさんウィンナー、蒸し芋サラダ、みかんといった豪華なもの。

持ち帰ったので、少し冷めた状態でいただいてみましたが時間がたっているのに、衣がふやけておらずサクサクの食感のままでした。

三和本通商店街にある『日新天ぷら』で素材にこだわった天ぷらを食べてきました 尼崎市 [画像]

手のひらサイズのかわいい「三角おにぎり」は兵庫県の丹波産のお米を使用されており、ふっくらやわらか。

三和本通商店街にある『日新天ぷら』で素材にこだわった天ぷらを食べてきました 尼崎市 [画像]

「うずらの卵の天ぷら」は缶詰のものではなく、1つ1つ茹で皮をむき手間をかけて作られたもので、水っぽさなどなく卵本来の味を楽しむことができました。

三和本通商店街にある『日新天ぷら』で素材にこだわった天ぷらを食べてきました 尼崎市 [画像]

鳴門金時を使用した「蒸し芋サラダ」は、さつまいもの甘みと干しぶどうの食感がアクセントになって大変美味でした。最後に、デザートの甘いみかんを食べ口の中の油っぽさをリセットしました。

次回この「天ぷら弁当」が購入できるのは、11月18日の尼崎市役所近くの橘公園野球場で開催される『ミーツ・ザ・福祉』というイベントなので、『日新天ぷら』目当てに訪れてみてはいかがでしょうか。

詳細情報

店舗
日新天ぷら
(尼崎市建家町83)
GoogleMapsで探す
営業時間
10:00~17:00
定休日
不定休
TEL
06-6413-2952

Kiss PRESS編集部:渡邊 (陽)

記事の続きを読む

おでかけルーレット

スタート!
ストップ!
もう一回

条件に合うおでかけ情報が
見つかりませんでした

条件をかえる
とじる