街を、もっと楽しもう Kiss PRESS

保存した記事
記事検索
ルーレット
お出かけ先に迷ったら!

キーワードから探す

市・区・町で絞り込む
市・区・町で絞り込む
市・区・町で絞り込む
市・区・町で絞り込む
市・区・町で絞り込む
市・区・町で絞り込む
市・区・町で絞り込む
地域選択をクリア

このイベントは終了しました。

世界の誇りを未来へ。世界遺産の魅力に触れる

アクリエひめじ「世界遺産シンポジウム」姫路市

姫路城が日本で最初に世界遺産に登録されて30周年を記念した『世界遺産シンポジウム』が12月3日、アクリエひめじ(姫路市)で開催されます。入場無料、10月31日までに事前申し込みが必要。

アクリエひめじ「世界遺産シンポジウム」姫路市 [画像]

世界遺産の意義をあらためて問い直し、「世界遺産のある街 姫路」の未来について、市民が保有地としての誇りと、日本の世界遺産トップリーダーとして、グローバルな視点から未来への国土づくり・地域づくりを考えます。

基調講演では、NPO法人世界遺産アカデミー主任研究員・宮澤光氏を講師に招き「姫路城の世界遺産登録が日本にもたらした影響とは何か」をテーマに講演を行います。

姫路城に関わる様々な活動を行っている個人や団体の功績をたたえる「お城大賞表彰式」は、活動のさらなる発展を期待して「姫路お城大賞」を贈呈します。

アクリエひめじ「世界遺産シンポジウム」姫路市 [画像]

「世界遺産の未来と課題」をテーマとしたパネルディスカッションでは、観光活用しながら、姫路城が目指すべき未来と課題とは何かを話し合います。

パネラーは、世界遺産検定1級合格者でもある俳優・宮崎美子氏、法隆寺執事長・大野正法氏、斑鳩町文化財活用センター 参事・平田政彦氏、立命館大学衣笠総合研究機構専門研究員・宮﨑彩氏、姫路市長 清元秀泰氏。

<記者のひとこと>
世界遺産保有地の市民として、当たり前の風景をどう活かすか今一度考えるきっかけになればと思います。各方面からのパネラーの貴重な意見も必見です。

この記事の地域の天気情報

詳細情報

開催日
2023年12月3日(日)
場所
アクリエひめじ 中ホール
(姫路市神屋町143-2)
GoogleMapsで探す
時間
13:00~16:30
定員
600名 ※応募者多数の場合抽選
申込方法
申込期限 10月31日(火)まで

・公式サイト
こちらから

・郵便
往復はがきに、郵便番号、住所、氏名(ふりがな)、電話番号を記入の上、下記住所に送付
〒670-0947 姫路市北条234-17読売DCビル2F
「読売連合広告社 世界遺産シンポジウム参加希望係」
問い合わせ
読売連合広告社
TEL 079-289-2424

Kiss PRESS編集部:川口

記事の続きを読む

おでかけルーレット

スタート!
ストップ!
もう一回

条件に合うおでかけ情報が
見つかりませんでした

条件をかえる
とじる