街を、もっと楽しもう Kiss PRESS

保存した記事
記事検索
ルーレット
お出かけ先に迷ったら!

キーワードから探す

市・区・町で絞り込む
市・区・町で絞り込む
市・区・町で絞り込む
市・区・町で絞り込む
市・区・町で絞り込む
市・区・町で絞り込む
市・区・町で絞り込む
地域選択をクリア

このイベントは終了しました。

ライトアップされた明石城をバックに楽しむ伝統芸能

明石公園で「第26回明石薪能」開催 明石市

『兵庫県立明石公園』(明石市)で10月21日、「第26回明石薪能」が開催されます。現在チケットを販売中。

明石公園で「第26回明石薪能」開催 明石市 [画像]

同イベントはライトアップされた国の重要文化財の明石城を借景に、伝統芸能を後世に伝える目的で開催されているもの。1989年に明石市制70周年を記念してスタートし、今年で26回目を迎えました。今年の演目は狂言「鎌腹(かまばら)」と能「天鼓 弄鼓之舞(てんこ ろうこのまい)」です。

明石公園で「第26回明石薪能」開催 明石市 [画像]

中国後漢の時代、母親が天から鼓が降って胎内に宿るという夢を見たのち、生まれてきた子ども「天鼓」は、実際に天から降ってきた美しい音の出る鼓をいつも楽しそうに奏でていました。ある日、噂をきいた皇帝から鼓を献上するよう命令を受けた天鼓は、それを拒んだことで「呂水」という川に沈められてしまいます。

明石公園で「第26回明石薪能」開催 明石市 [画像]

天鼓との別れを嘆き、悲しみに暮れる天鼓の父。一方、宮中に献上された鼓は誰が打っても一向に鳴らず、皇帝は天鼓の父に、鼓を打つよう命じました。すると世にも妙なる音色が響き、その様子に心打たれた皇帝は天鼓を弔おうと決意。やがて、皇帝一行が呂水のほとりで音楽法要を手向けていると、天鼓の幽霊が弔いを感謝してその姿を現し、満天の星空の下で舞い戯れるという内容です。

明石公園で「第26回明石薪能」開催 明石市 [画像]

10月6日と14日には、お能の世界を解説する「お能を楽しむための会」を開催。各回定員50人で、9月6日より参加申込が始まります(定員になり次第受付終了)。

<記者のひとこと>
ライトアップされた明石城とともに、なんだか特別な気分になりますね。伝統芸能を知るいい機会となりそうです。

この記事の地域の天気情報

詳細情報

開催日
2023年10月21日(土)
場所
兵庫県立明石公園 西芝生広場
(明石市明石公園1-27)
GoogleMapsで探す
時間
開場 16:30
開演 17:30
入場料
【指定席】指定S席:前売 5,000円/当日 5,500円
【自由席】自由A席:前売 3,000円/当日 3,500円
高校生以下:前売、当日共に1,000円
チケット販売
●あかし案内所(ピオレ明石西館)
(明石市大明石町1丁目23)
GoogleMapsで探す
●明石市立市民会館
(明石市中崎1丁目3-1)
GoogleMapsで探す
●西部市民会館
(明石市魚住町中尾702-3)
GoogleMapsで探す
●(公財)明石文化国際創生財団
(明石市東仲ノ町6-1アスピア明石北館7階)
GoogleMapsで探す
●チケットぴあ(Pコード 521-118)
※チケットぴあご利用の際には、システム利用料220円、発券手数料110円が必要。全国のセブンイレブンでも購入可能。

Kiss PRESS編集部:横山

記事の続きを読む

おでかけルーレット

スタート!
ストップ!
もう一回

条件に合うおでかけ情報が
見つかりませんでした

条件をかえる
とじる