街を、もっと楽しもう Kiss PRESS

保存した記事
記事検索
ルーレット
お出かけ先に迷ったら!

キーワードから探す

市・区・町で絞り込む
市・区・町で絞り込む
市・区・町で絞り込む
市・区・町で絞り込む
市・区・町で絞り込む
市・区・町で絞り込む
市・区・町で絞り込む
地域選択をクリア

このイベントは終了しました。

六甲山上にひと足早く秋の到来!今年も青い花が開花

六甲高山植物園で絶滅危惧種の「ヒゴタイ」が見ごろ 神戸市

六甲高山植物園(神戸市灘区)では、絶滅危惧種の「ヒゴタイ」が開花。現在、園内では見頃を迎え、8月下旬頃まで楽しめます。

六甲高山植物園で絶滅危惧種の「ヒゴタイ」が見ごろ 神戸市 [画像]

「ヒゴタイ」はキク科の多年草で、高さは約1メートル。鮮やかなブルーの色合いと、てまり型の花が特徴です。トゲのようなものは一つ一つが小さな花で、たくさんの花が集まって一つの球体を作っています。

かつてはよく見られたこの花も、生育場所である草地の減少により現在では数が減り、環境省のレッドデータブックでは、絶滅危惧Ⅱ類(VU)に分類されるほど希少なのだとか。

草原のお花畑のエリアで、黄色のオミナエシと一緒になって咲く様子からは秋の到来を感じ、爽やかな風に揺れる涼し気な姿は、晩夏の暑さを忘れさせてくれるほどです。

六甲高山植物園では、牧野富太郎の特別展示である【六甲山ボタニカルフェア】六甲高山植物園開園90周年特別企画「牧野の足あと~神戸で見つける博士と植物~」は会期終了しましたが、代表作「大日本植物志」の展示は、引き続き11月23日まで延長されます。

<記者のひとこと>
晩夏を告げる花「ヒコダイ」は九州と本州の一部でしか見られない希少な植物だそう。まんまるの愛らしい形と美しい色合いに魅了されそうですね。

詳細情報

開園期間
~2023年11月23日(木・祝)
場所
六甲高山植物園
(神戸市灘区六甲山町北六甲山4512-150)
GoogleMapsで探す
開園時間
10:00~17:00(16:30受付終了)
入園料
大人(中学生以上)900円
小人(4歳~小学生)450円
駐車場
1,000円
問い合わせ
六甲高山植物園
078-891-1247
この記事の地域の天気情報
近くで宿泊 近くで食事

Kiss PRESS編集部:大﨑

記事の続きを読む

おでかけルーレット

スタート!
ストップ!
もう一回

条件に合うおでかけ情報が
見つかりませんでした

条件をかえる
とじる