街を、もっと楽しもう Kiss PRESS

保存した記事
記事検索
ルーレット
お出かけ先に迷ったら!

キーワードから探す

市・区・町で絞り込む
市・区・町で絞り込む
市・区・町で絞り込む
市・区・町で絞り込む
市・区・町で絞り込む
市・区・町で絞り込む
市・区・町で絞り込む
地域選択をクリア

神コスパ!新鮮な市場の味わいにファンも集う人気店

白浜町に移転オープンした姫路市中央卸売市場内の『新竹三楽食堂』でマグロ丼を味わってきました 姫路市

姫路市中央卸売市場内の『新竹三楽食堂』が市場の移転に伴い、手柄から白浜町へ移転オープンしました。新鮮な魚介を用いた丼ぶりがリーズナブルに食べられる同店の復活に、往年のファンからは歓喜の声が上がったそうです。

館内からも、駐車場北側からも入店できます 館内からも、駐車場北側からも入店できます

そんな同店は、新たに開場した市場の敷地内の南西に位置する「管理棟」館内にあります。新市場はとても広く、駐車場に目立った案内看板もないので、初見の人は迷ってしまうかもしれません。

白浜町に移転オープンした姫路市中央卸売市場内の『新竹三楽食堂』でマグロ丼を味わってきました 姫路市 [画像]

”市場”という非日常な空間にワクワクしながらお店の扉を開くと、お客さんと店員さんの楽しそうな話し声が聞こえてきました。カウンター席とテーブル席があり、新しいながらもレトロな雰囲気のアットホームな店内です。

白浜町に移転オープンした姫路市中央卸売市場内の『新竹三楽食堂』でマグロ丼を味わってきました 姫路市 [画像]

さっそく同店の人気メニュー「マグロ丼」と「とん汁」をいただきました。

「マグロ丼」700円(税込み) +150円で「大」に変更可能 「マグロ丼」700円(税込み) +150円で「大」に変更可能

ぎっしり詰まったマグロを目の前に、思わず笑みが♪このボリュームでなんと驚きの700円(税込)!

マグロとご飯の間には刻んだワサビ菜が忍ばせてあり、上品な辛味がアクセントになっています。新鮮で柔らかい赤身、ハラミのマグロに、ワサビ菜と出汁醤油の旨味が相まって、おいしさのあまりパクパク夢中で食べ進めてしまいました。

白浜町に移転オープンした姫路市中央卸売市場内の『新竹三楽食堂』でマグロ丼を味わってきました 姫路市 [画像]

一つ一つの切り身も大きく、このボリュームでこんなに安くていいの?と思うくらいの満足感が味わえますよ。

「とん汁」280円(税込) 「とん汁」280円(税込)

具だくさんの「とん汁」は、シンプルな中にもホッとする優しい味わいです。まさに”ザ・おふくろの味”。こちらも280円(税込)とリーズナブルさが嬉しい一品♪

知人の大工さんが作ってくれたという、立派な一枚板のカウンター 知人の大工さんが作ってくれたという、立派な一枚板のカウンター

当日の仕入れによって内容が替わる「海鮮丼」や、新鮮で良い魚介が手に入った時のみ登場する数量限定の「特別メニュー」など、魅力的なメニューもあります。

徐々にメニュー数も増やしていくそうで、今後の展開も楽しみです♪

白浜町に移転オープンした姫路市中央卸売市場内の『新竹三楽食堂』でマグロ丼を味わってきました 姫路市 [画像]

忙しそうに接客や調理をしながらも、気さくに色々なことを教えてくれたオーナーとスタッフさん。「調理に真剣なあまり、一見話しかけにくいと思われがちですが、なんでも気軽に話しかけてもらえたら嬉しいです」と話されていました。

店名の『新竹三楽食堂』の「新竹」とは、切っても切っても新しい竹が次々育つので”縁起が良い”と名付けたそう。その名の通り、市場ならではの新鮮な味わいと、親しみやすい同店の雰囲気に、新しいファンもどんどん増え続けていくのだろうと感じました。

自宅で新鮮なマグロが楽しめる♪家族は大喜びでした! 自宅で新鮮なマグロが楽しめる♪家族は大喜びでした!

お持ち帰りの生マグロのパックも人気です。取材の日に持ち帰らせてもらったのは、当日おろした約300gの「せせり」で1パック700円(税込)。

これだけをテイクアウトする為に足を運ぶお客さんもいるんだとか。数に限りがあるので事前に電話連絡して確認してみてくださいね。

詳細情報

場所
新竹三楽食堂
(姫路市白浜町甲1290-54)
GoogleMapsで探す
営業時間
6:00~15:00
定休日
水曜日、日曜日、祝日(祝日のある週は水曜日営業)
電話番号
079-240-6234
近くで宿泊 近くで食事

Kiss PRESS編集部:吉田

記事の続きを読む

おでかけルーレット

スタート!
ストップ!
もう一回

条件に合うおでかけ情報が
見つかりませんでした

条件をかえる
とじる