街を、もっと楽しもう Kiss PRESS

保存した記事
記事検索
ルーレット
お出かけ先に迷ったら!

キーワードから探す

市・区・町で絞り込む
市・区・町で絞り込む
市・区・町で絞り込む
市・区・町で絞り込む
市・区・町で絞り込む
市・区・町で絞り込む
市・区・町で絞り込む
地域選択をクリア

明石にいたゾウのほか、謎の「明石原人」も?!

明石の歴史を学ぶ!『明石市立文化博物館』を紹介します 明石市

明石市にある『明石市立文化博物館』。様々な企画展のほか、明石について学べる常設展がある同施設を取材しました。明石の知られざる歴史や文化を、展示から紐解きます!

明石の歴史を学ぶ!『明石市立文化博物館』を紹介します 明石市 [画像]

同施設はJR「明石」駅、山陽電鉄「明石」駅から北へ徒歩5分。お城の近くにあります。

明石の歴史を学ぶ!『明石市立文化博物館』を紹介します 明石市 [画像]

ロビーに展示されているのは明石の西二見で実際に使用されていた「太鼓」と漁船「ケンサキミヨシ」。大きくて見ごたえがあります。

明石の歴史を学ぶ!『明石市立文化博物館』を紹介します 明石市 [画像]

「常設展示室」では明石の歴史と文化をテーマ別で紹介しています。まず目に飛び込んでくるのはこちら!「アケボノゾウ」と呼ばれるゾウの化石です。

明石の歴史を学ぶ!『明石市立文化博物館』を紹介します 明石市 [画像]

現代のゾウよりは小ぶりで胴長短足、大きな牙が特徴的。明石では「アカシゾウ」と呼ばれ、全身の骨が見つかっているんだとか。200万年前から120万年前に生息していたとみられています。

明石の歴史を学ぶ!『明石市立文化博物館』を紹介します 明石市 [画像]

骨は底引き網漁などを行った際、海の中から見つかることもあるんだそうです。こんなものが引き上げられたらなんだかびっくりしちゃいそうですよね。

明石の歴史を学ぶ!『明石市立文化博物館』を紹介します 明石市 [画像]

記者が一番驚いたのがこちらの展示。明石で療養中だっ直良信夫氏が西八木海岸で発見した「明石原人」です!

明石の歴史を学ぶ!『明石市立文化博物館』を紹介します 明石市 [画像]

直良氏が発見した骨は鑑定されないまま戦争で焼けてしまい、明石原人の存在は謎のまま。もしも現代まで骨が残っていたらどんなことが分かったのか…。残念なような、ロマンが広がるような。明石にはこんな歴史もあったんですね。

厩(うまや)の瓦 厩(うまや)の瓦

また明石は奈良に都があった時代、地方への行き帰りをする際の中継地点として栄えました。馬を交換する「駅家」があり、こちらはその場所にあった瓦。丸い形が特徴的です。

明石の歴史を学ぶ!『明石市立文化博物館』を紹介します 明石市 [画像]

人との別れや出迎えの場所であった明石。それに加えて風光明媚であったことから明石を舞台にした多くの歌が詠まれており、このように展示されています。なんだか情景が思い浮かぶような美しさを感じませんか?

明石の歴史を学ぶ!『明石市立文化博物館』を紹介します 明石市 [画像]

さらに明石は良質な粘土がとれることや、大量に物を運ぶのに適した海沿いに広がる町であったことから、焼物も盛んだったそう。

明石の歴史を学ぶ!『明石市立文化博物館』を紹介します 明石市 [画像]

こちらは鴟尾(しび)と呼ばれる寺の装飾ですが、こちらも明石で作られた後、大阪などのお寺に運ばれたそう。こんな大きなものまで運ばれたんですね。

明石の歴史を学ぶ!『明石市立文化博物館』を紹介します 明石市 [画像]

明石といえば「漁業」。漁業の歴史や文化についても詳しく説明されています。漁業が盛んな理由は、海が近いことだけではありません。

明石の歴史を学ぶ!『明石市立文化博物館』を紹介します 明石市 [画像]

実は明石近海、このように深い場所と浅い場所が混在しているんです!このため、とれる魚の種類が豊富になるんだそうですよ~!こうして見るととってもわかりやすいですよね。

明石の歴史を学ぶ!『明石市立文化博物館』を紹介します 明石市 [画像]

現代にも引き継がれた漁業。今ではとるだけでなく「育てる」漁業も浸透し、その歴史が守られているんですって!

明石の歴史を学ぶ!『明石市立文化博物館』を紹介します 明石市 [画像]

地元ならではの歴史がぎゅぎゅっと詰まった展示は、見ごたえ抜群。明石のことを”語れる”ようになること間違いなしなので、地元民はもちろん、城や観光を楽しんだ後にぜひ訪れて。

この記事の地域の天気情報

詳細情報

場所
明石市立文化博物館
(明石市上ノ丸2丁目13番1号)
GoogleMapsで探す
時間
9:30~17:30(入館は17:00まで)
※特別開催時期/9:00~18:30(入館は18:00まで)
観覧料
大人 200円
大学・高校生 150円
中学生以下 無料
※特別展は料金が異なりますので、詳しくはお問合せください

Kiss PRESS編集部:横山

記事の続きを読む

おでかけルーレット

スタート!
ストップ!
もう一回

条件に合うおでかけ情報が
見つかりませんでした

条件をかえる
とじる