街を、もっと楽しもう Kiss PRESS

保存した記事
記事検索
ルーレット
お出かけ先に迷ったら!

キーワードから探す

市・区・町で絞り込む
市・区・町で絞り込む
市・区・町で絞り込む
市・区・町で絞り込む
市・区・町で絞り込む
市・区・町で絞り込む
市・区・町で絞り込む
地域選択をクリア

常時20種類以上の「こっぺぱん」が選べちゃう♪

『ふわこっぺ 西難波店』で「あげこっぺ(砂糖)」をテイクアウトしてきました 尼崎市

阪神尼崎駅からバスに乗って「西難波北」バス停を降りてすぐの所にある『ふわこっぺ 西難波店』を訪れ、人気のこっぺぱんをテイクアウトしてきました。

『ふわこっぺ 西難波店』で「あげこっぺ(砂糖)」をテイクアウトしてきました 尼崎市 [画像]

尼崎市役所の近くにあり、車で前を通るたび気になっていたお店で水色のかわいい屋根が目印です。

デザート系のこっぺぱんも豊富。どれもおいしそう♪ デザート系のこっぺぱんも豊富。どれもおいしそう♪ 惣菜系のこっぺぱん。朝食やランチのぴったりですね。 惣菜系のこっぺぱん。朝食やランチのぴったりですね。

こっぺぱん専門店の同店は、デザート系から惣菜系まで常時20種類以上のこっぺぱんを取りそろえ。どれにしようか悩んだ結果、今回筆者は、「焼きそばパン」、「えびアボカド」、「あげこっぺ(砂糖)」の3点をテイクアウトしました。

「焼きそばパン」 280円(税込) 「焼きそばパン」 280円(税込)

焼きそばが大好きな筆者は、最初に「焼きそばパン」をチョイス。まず、特筆すべきはこのこっぺぱん。店名の通りパンはふわふわで筆者が思っていたより大きなサイズ。その間にたっぷりと焼きそばが詰まっています。一口食べるとソースの濃い味とコッペパンの甘みが合わさって美味。上に乗っている紅ショウガがピリッとして良いアクセントになっています。

「えびアボカド」 390円(税込) 「えびアボカド」 390円(税込)

次にいただくのは、女性が大好き「えびアボカド」。エビのプリプリとした食感と“森のバター”と呼ばれるアボカドはクリーミーで濃厚な味わい。エビとアボカドの組み合わせってやっぱり最高♡

「あげこっぺ」 砂糖の他きなこ、シナモンの2種類の味があります 「あげこっぺ」 砂糖の他きなこ、シナモンの2種類の味があります

最後にいただくのは、みんな大好き「あげこっぺ(砂糖)」。給食で1度は食べたことがある方も多いのではないでしょうか?筆者も子供のころ、これが出る日の給食は楽しみで仕方ありませんでした(笑)。

「あげこっぺ」 180円(税込) 「あげこっぺ」 180円(税込)

こちらは同店NO.1の人気商品。以前は午後からの販売でしたが、あまりの人気に「朝から買いたい」というお客さんの要望に応え、現在は開店から購入可能です。

筆者の小学生の娘も「給食に出るのよりこっちのほうがふわふわでおいしい」とペロリと完食していました(笑)。上には真っ白な砂糖がたっぷりとかかっていますが、甘すぎずモチモチ食感が楽しめます。

「あげこっぺアイス」 360円(税込)バニラアイスと夢のコラボ♡ 「あげこっぺアイス」 360円(税込)バニラアイスと夢のコラボ♡

毎月月替わりの限定商品もだされていて、9月はピーナッツバターを使用した2種類のこっぺぱんが販売予定♪ほかにも、揚げたての「あげこっぺ」にアイスクリームを挟んだ「あげこっぺアイス」も販売中。まだまだ暑い時期にうれしいメニューですね。

店主の小柳さんは「お店の外から見て、パンが並んでいなくても注文していただければその場ですぐ作ることができるので安心してご入店ください」とコメントされています。

予約や取り置きなどをご希望の方は、店頭もしくはLINE公式アカウント(@621ysueb)からどうぞ。

詳細情報

店舗
ふわこっぺ 西難波店
(尼崎市西難波町1-17-8)
GoogleMapsで探す
定休日
日曜日
営業時間
9:00~18:00
問い合わせ
LINE公式アカウントへ @621ysueb
近くで宿泊 近くで食事

Kiss PRESS編集部:渡邊 (陽)

記事の続きを読む

おでかけルーレット

スタート!
ストップ!
もう一回

条件に合うおでかけ情報が
見つかりませんでした

条件をかえる
とじる