街を、もっと楽しもう Kiss PRESS

保存した記事
記事検索
ルーレット
お出かけ先に迷ったら!

キーワードから探す

市・区・町で絞り込む
市・区・町で絞り込む
市・区・町で絞り込む
市・区・町で絞り込む
市・区・町で絞り込む
市・区・町で絞り込む
市・区・町で絞り込む
地域選択をクリア

このイベントは終了しました。

カラーやモノクロの原画のほか、資料を一堂に展示

小磯記念美術館で「漫画家生活60周年記念 青池保子展」開催 神戸市東灘区

神戸市東灘区の『神戸市立小磯記念美術館』で7月15日より、「漫画家生活60周年記念 青池保子展」が開催されます。9月24日まで。

青池保子「エロイカより愛をこめて」№10「グラスターゲット」『プリンセス』1981年1月号 秋田書店蔵 (c)Aoike Yasuko(Akitashoten) 青池保子「エロイカより愛をこめて」№10「グラスターゲット」『プリンセス』1981年1月号 秋田書店蔵 (c)Aoike Yasuko(Akitashoten)

同展は、山口県下関市出身の漫画家、青池保子氏のデビュー60周年を記念して開催されるもの。同施設で初めて開催する漫画原画展となります。

青池保子「魔弾の射手」前編扉絵『プリンセス』1982年8月号  秋田書店蔵 (c)Aoike Yasuko(Akitashoten) 青池保子「魔弾の射手」前編扉絵『プリンセス』1982年8月号  秋田書店蔵 (c)Aoike Yasuko(Akitashoten)

中学3年生の秋にデビューを果たした青池氏は、その独創的な物語や、優れたデッサン力による華やかな絵柄によって人々を魅了。「イブの息子たち」「エロイカより愛をこめて」「アルカサル―王城―」など、美術や歴史を題材にしたヒット作を次々と生み出しました。

青池保子「アルカサル―王城―」第1部第13話 扉絵『プリンセス』1986年1月号 秋田書店蔵 (c)Aoike Yasuko(Akitashoten) 青池保子「アルカサル―王城―」第1部第13話 扉絵『プリンセス』1986年1月号 秋田書店蔵 (c)Aoike Yasuko(Akitashoten)

特に「エルアルコン―鷹―」に続いて第20回日本漫画家協会賞優秀賞を受賞した「アルカサル―王城―」は、宝塚で歌劇化されるなど、現在でもファンを増やしています。また、「修道士ファルコ」や「ケルン市警オド」など、中世に生きる人々を活写した近年の作品も、高く評価されています。

青池保子「エルアルコン―鷹―テンペスト」前編扉絵『月刊セブンティーン』 1987年7月号 秋田書店蔵 (c)Aoike Yasuko(Akitashoten) 青池保子「エルアルコン―鷹―テンペスト」前編扉絵『月刊セブンティーン』 1987年7月号 秋田書店蔵 (c)Aoike Yasuko(Akitashoten)

同展では秋田書店が長年にわたり収集してきたカラー原画と、今まであまり展示の機会がなかったモノクロ原画を含めた300点以上を展示。また貴重な雑誌資料と作家所蔵資料も並びます。展示は作品別の紹介など8章構成となっているんだとか。担当者は「今まで展示されてこなかったモノクロ原稿が貴重でおもしろいです」とコメントしています。

<記者のひとこと>
様々な作品が展示されるので、ファンにはたまらない展示となりそう!また新たにファンになる人も増えそうです。

詳細情報

開催期間
2023年7月15日(土)~9月24日(日)
場所
神戸市立小磯記念美術館 展示室1、2
(神戸市東灘区向洋町中5丁目7 六甲アイランド公園内)
GoogleMapsで探す
時間
10:00~17:00
※入館は閉館30分前まで
休館日
毎週月曜日(祝日は開館)、7月18日、9月19日
入館料
一般 1,000円
大学生 500円
この記事の地域の天気情報
近くで宿泊 近くで食事

Kiss PRESS編集部:横山

記事の続きを読む

おでかけルーレット

スタート!
ストップ!
もう一回

条件に合うおでかけ情報が
見つかりませんでした

条件をかえる
とじる