街を、もっと楽しもう Kiss PRESS

保存した記事
記事検索
ルーレット
お出かけ先に迷ったら!

キーワードから探す

市・区・町で絞り込む
市・区・町で絞り込む
市・区・町で絞り込む
市・区・町で絞り込む
市・区・町で絞り込む
市・区・町で絞り込む
市・区・町で絞り込む
地域選択をクリア

ビートルズ愛の詰まった自作展示が盛りだくさん!

「ビートルズ文化博物館」に行ってきました 赤穂市

ビートルズを満喫したい、まるごと浸りたい人には絶対行ってほしい場所が、赤穂市にあるのをご存知ですか?
「ビートルズ文化博物館」に行ってきました 赤穂市 [画像]
その名も「ビートルズ文化博物館」。ビートルズを「文化」として捉えた唯一無二の博物館です。

ビートルズ世代ではない筆者ですが、前からすごく気になっていたので取材に行ってきました。
「ビートルズ文化博物館」に行ってきました 赤穂市 [画像]
まず、入って左は「博物館セクション」。
「ビートルズ文化博物館」に行ってきました 赤穂市 [画像]
「ビートルズ文化博物館」に行ってきました 赤穂市 [画像]
6つのウインドウには、館長の岡本備(そなう)さんが自作した年代別のポスターと共にコレクションが展示されています。

ポスターは館長さんの頭の中にタイトルが6つ浮かぶたびに作り替えているそう。それに合わせてコレクションも入れ替わるので、訪れるたびに違った展示を楽しむことができます。
「ビートルズ文化博物館」に行ってきました 赤穂市 [画像]
入口右は「書籍セクション」。

書籍もコレクションの一部ですが、すべて自由に閲覧可能です。
「ビートルズ文化博物館」に行ってきました 赤穂市 [画像]
「椅子に腰かけて自由に閲覧できますが、持ち帰りは不可ですよ~(笑)」と、館長さん。
「ビートルズ文化博物館」に行ってきました 赤穂市 [画像]
閲覧・談話スペースには館長が自作したビートルズのDVD(歌詞・訳・コメント付き)が常に流れています。そのクオリティの高さに、つい時間を忘れて眺めてしまいました。
「ビートルズ文化博物館」に行ってきました 赤穂市 [画像]
その隣で強烈な存在感を放っているのが、かつて横浜でのイベント「SKY BEATLES CHRISTMAS」で使用されていた「イエローサブマリーン」のモニュメント。幅4メートルもあり、ひと際目を引くことから、この前で写真を撮るファンも多いそうです。
「ビートルズ文化博物館」に行ってきました 赤穂市 [画像]
入館チケットのデザインは毎年変わるそう。これはコレクションしたくなりますね!

同館には全国からビートルズと館長を慕って、県外から通う常連さんもいるのだとか。それぞれが思い思いの時間を過ごし、満足して帰っていくそうです。

「まずはビートルズで楽しめる”空間”を提供したい、その中でビートルズっていいなって思っていただければ嬉しい。聴かないと何も始まりませんから」と語る館長さん。
「ビートルズ文化博物館」に行ってきました 赤穂市 [画像]
そんな館長さん、自作のポスター120枚と共に、ビートルズの精神を「世界無形文化遺産」として永遠に残すための活動もされています。
「ビートルズ文化博物館」に行ってきました 赤穂市 [画像]
CD4枚付きで推定7kgほどあるこの1冊には、ビートルズの「愛・自由・平和」から作り出した「文化」が詰まっています。
「ビートルズ文化博物館」に行ってきました 赤穂市 [画像]
「ビートルズが私たちに語り、謳い続けてきた「愛・自由・平和」の思いを、”物”ではなく”文化”として遺したい」と使命に燃える館長さんと話すうちに、筆者もビートルズの事をもっと知りたくなりました。これはきっと「岡本マジック」(笑)。

ちなみになぜ赤穂なのか、赤穂義士の武士「道」とは究極の「かっこよさ」であり、またその権威を恐れない行動も、共にビートルズ精神に通じるからだとか。

そんな同館は5月15日で7周年を迎え、ショーウインドウのポスターもそれに合わせて一新されるそうなので、筆者も観に行きたいと思います♪

詳細情報

場所
ビートルズ文化博物館
(赤穂市加里屋2059)
GoogleMapsで探す
開園時間
11:00~16:00
定休日
月曜日、木曜日
入館料
300円(フリードリンク)
ビートルズ文化博物館 メール
soy20088@gmail.com

Kiss PRESS編集部:中田 (ユ)

PR

兵庫の就職フェア 3月2日神戸国際展示場で開催♪
兵庫の就職フェア 3月2日神戸国際展示場で開催♪

兵庫の就職フェア 3月2日神戸国際展示場で開催♪

記事の続きを読む

おでかけルーレット

スタート!
ストップ!
もう一回

条件に合うおでかけ情報が
見つかりませんでした

条件をかえる
とじる