街を、もっと楽しもう Kiss PRESS

保存した記事
記事検索
ルーレット
お出かけ先に迷ったら!

キーワードから探す

市・区・町で絞り込む
市・区・町で絞り込む
市・区・町で絞り込む
市・区・町で絞り込む
市・区・町で絞り込む
市・区・町で絞り込む
市・区・町で絞り込む
地域選択をクリア

もちもちの触感がたまらない秘伝の味を堪能♪

お城通りに佇む和のスイーツ『わらび餅蔵 祇音』に行ってきました 赤穂市

赤穂市のお城通りにある『わらび餅蔵 祇音』へ行ってきました。
お城通りに佇む和のスイーツ『わらび餅蔵 祇音』に行ってきました 赤穂市 [画像]
ベトナムで3年ほど働いていたオーナーさんが2021年12月にオープンされたお店です。
お城通りに佇む和のスイーツ『わらび餅蔵 祇音』に行ってきました 赤穂市 [画像]
白を基調とした和モダンなテイストが素敵な内装は自らデザインを手がけたそうで、カウンター上の照明をはじめ、一部のインテリアはベトナム風味。和の空間にエスニックの要素を取り入れた独特な雰囲気が素敵です。

お城通りに佇む和のスイーツ『わらび餅蔵 祇音』に行ってきました 赤穂市 [画像]
テイクアウト専門店ですが、店内外のベンチで食べていただくことも出来ます。
お城通りに佇む和のスイーツ『わらび餅蔵 祇音』に行ってきました 赤穂市 [画像]
「祇音」という店名は、土地、雰囲気、響き、店舗、商品を考慮し、“幅広い年代に受入れられるように”という意味が込められており、ロゴも松紋から地元・赤穂をイメージしたオリジナルのデザインを考案したそうです。

「祇音わらび餅」540円(税込)~ 「祇音わらび餅」540円(税込)~
まず最初にいただいたのは、同店の看板メニューである「祇音わらび餅」。

ぷるんぷるんのわらび餅は、とろとろかつもっちりとした不思議な食感が心地よく、大豆と黒豆をブレンドした自家製きなこをたっぷりかけていただくと優しい甘さが口いっぱいに広がります。手作りの黒蜜付き。

食感の秘密は”ある食材”にあるそうですが、企業秘密とのことでした(笑)。

お城通りに佇む和のスイーツ『わらび餅蔵 祇音』に行ってきました 赤穂市 [画像]
高級感漂う木箱入りもあり、贈答用に購入されるお客さんも多いそうです。
数量限定「色彩」540円(税込) 数量限定「色彩」540円(税込)
続いていただいた「色彩」は祇音わらび餅、胡麻、抹茶、餡入りの4種類が一度に味わえるセット商品。

筆者のイチオシは、わらび餅の中に北海道産小豆のこし餡が入った「餡入り」。もちもちしたわらび餅の食感と滑らかなこし餡が口の中で混ざりあうと甘みが増し、絶妙にマッチします。

いろんな味をちょっとずつ食べたい方にはピッタリの商品でした。1日10個限定のため、買いたい人は早めの来店をお勧めします。

「わらびの雫」S 540円(税込) L 756円(税込) 「わらびの雫」S 540円(税込) L 756円(税込)

こちらは「わらびの雫」と名付けられた、わらび餅入りドリンク。

味は宇治抹茶、九州ストロベリーなど、10種類以上の中から選べます。今回は「沖縄黒糖」をいただきました。ミルクと黒糖わらび餅の甘みが口の中でとろけて、くちどけも良く、程よい甘さでとてもおいしい~!

散歩のおともや食後のおやつ、ティータイムなど、様々なシーンでいただきたくなる商品でした。

お店が混みあうのは13時、15時らしいので、その時間を避けて来店するのかお勧めだそう。
お城通りに佇む和のスイーツ『わらび餅蔵 祇音』に行ってきました 赤穂市 [画像]
「わらび餅は年配の方、ドリンクは若い方とバランスよくメニューも取りそろえています。GWのお出かけのお供に」と語るオーナーさん。

いずれは海外に売り出したいと思いを描く、「和のわらび餅」。新店舗も構想中だそうで、そこでは別の食材を売り出したい、と展望を語るオーナーさんの夢はまだまだ続きます。

詳細情報

場所
わらび餅蔵 祇音
(赤穂市加里屋2103-14)
GoogleMapで探す
営業時間
9:00~18:00
定休日
不定休
TEL
080-7388-2378
近くで宿泊

Kiss PRESS編集部:中田 (ユ)

記事の続きを読む

おでかけルーレット

スタート!
ストップ!
もう一回

条件に合うおでかけ情報が
見つかりませんでした

条件をかえる
とじる