街を、もっと楽しもう Kiss PRESS

保存した記事
記事検索
ルーレット
お出かけ先に迷ったら!

キーワードから探す

市・区・町で絞り込む
市・区・町で絞り込む
市・区・町で絞り込む
市・区・町で絞り込む
市・区・町で絞り込む
市・区・町で絞り込む
市・区・町で絞り込む
地域選択をクリア

江戸時代に造られた旧灯台を復元!夜にはライトアップも

明石港の「旧波門崎燈籠堂」 復元整備が完成

明石港の歴史を象徴する構造物「旧波門崎燈籠堂(きゅうはとさきとうろうどう)」の復元整備が完成し、10月18日に完成式が行われました。
明石港の「旧波門崎燈籠堂」 復元整備が完成 [画像]
江戸時代中期に設置されて以降、明石港のシンボルとして親しまれてきた旧灯台を、明治時代の資料をもとに復元。周辺には新たに広場やベンチが整備され、夜間には毎日ライトアップが行われるようにもなりました。
明石港の「旧波門崎燈籠堂」 復元整備が完成 [画像]
明暦3(1657)年頃に播磨国明石藩の5代藩主松平忠国によって造られたと伝わっている「波門崎燈籠堂」は、現存する石造りの旧灯台として日本最古の歴史を誇り、2021年から明石市の指定有形文化財に指定されています。

沖合に新灯台が設置されたことで昭和38(1963)年に灯台としての役目を終えてからは、明石の観光名所のひとつとして多くの観光客も訪れたそうです。
明石港の「旧波門崎燈籠堂」 復元整備が完成 [画像]
今回の復元整備では、昭和7(1932)年にコンクリート製に改築された燈籠部分を、明治41(1908)年に発行された「明石名所写真帖」を参考にしながら当時と同じ木製に復元。取り外した旧燈籠部分も破棄せず、歴史遺産として展示されています。

<記者のひとこと>
明石港のシンボルが装いを新たにお披露目!燈籠部分を幻想的に照らし出す夜間ライトアップは、日没から22時の時間帯に毎日実施されています。

写真

この記事の地域の天気情報

詳細情報

Kiss PRESS編集部:甘佐

記事の続きを読む

おでかけルーレット

スタート!
ストップ!
もう一回

条件に合うおでかけ情報が
見つかりませんでした

条件をかえる
とじる