街を、もっと楽しもうKiss PRESS

保存した記事
記事検索
ルーレット
お出かけ先に迷ったら!

老舗の味を受け継ぐお昼の定食が人気

新開地の名店『割烹 大力』に行ってきました 神戸市兵庫区

神戸の新開地といえば、ひと昔前は東の浅草と並ぶほど関西では栄えた地域。その華やかな時代を知る『割烹大力』の創業は昭和46年。第41代横綱の千代の山関が命名したこのお店は当時、名物のちゃんこ鍋と会席料理を目当てに、たくさんのお客さんが引きも切らず列をなしていたそうです。
昭和46年創業時から変わらない趣のある外観昭和46年創業時から変わらない趣のある外観
阪神大震災にも耐えたという建物は、歴史を感じる風情ある佇まい。暖簾をくぐり一歩足を踏み入れると、昭和にタイムスリップしたかのような懐かしい空間が広がります。2019年には小栗旬さんと星野源さんが出演された映画「罪の声」のロケ場所にも使われたそうです。


座席の間が広く、ゆっくりくつろげるカウンター。奥には小上りも座席の間が広く、ゆっくりくつろげるカウンター。奥には小上りも
「今は夜の営業は予約のみで、お昼に1種類の定食をお出ししています。内容は入口の看板でお知らせし、週に2回ほど変えています」と語ってくれたのは谷口祥子さん。ご両親と一緒にお店を支えている三代目です。
「大力定食」1,000円(税込)「大力定食」1,000円(税込)
本日の定食の内容は鳥天、わけぎのぬた和え、れんこんと長芋のきんぴら、かにかま豆腐あんかけ。そこに出汁巻き、そば寿司、ごはん、味噌汁、香の物がついて1,000円(税込)。たくさんの種類をバランス良くいただけるのも魅力です。

注文を受けてから作るとり天は、むね肉のふわっとした柔らかさとジューシーさに驚き。ぬたの辛子酢味噌は角のない丸い味で、食材の香りと食感を残した薄味のきんぴらは上品。ほんのり甘めの餡は、かにかまと豆腐に優しく絡みます。
この日はつやつやの新米でいただきましたこの日はつやつやの新米でいただきました
出汁巻きとそば寿司は、同店の創業時からの名物料理。先代のおじいさまの味を今はお父様が受け継ぎ、毎日作っているそうです。香りと旨味が広がる出汁巻きに、見た目も美しい茶そばの繊細な味は、古き佳き時代に思いを馳せてしまう美味しさ。

同店は実は喫茶としても人気で、コーヒーとスイーツにも定評があります。なかでも高品質の酒粕を使った「酒粕プリン」650円(税込)は、それを楽しみに定期的に来るお客さんも多いそう。
要予約の「酒粕プリン」650円(税込)。吟醸酒アイス単品はいつでも注文可能要予約の「酒粕プリン」650円(税込)。吟醸酒アイス単品はいつでも注文可能
谷口さん曰く「酒粕は生きものですから、作りおきができません。そのため2日前までにご予約いただくようお願いしています」という、お店自慢のプリンを特別にいただきました。

一番上に真っ白なホイップクリーム、隠れるように吟醸酒アイス、最後に酒粕プリンへとたどり着く構成。しっかりと存在を感じる酒粕の濃厚な甘さと、シャリ感のある日本酒のアイスが互いの豊潤さを際立たせます。甘味を足さないホイップクリームと塩漬けされた桜花で、口の中のバランスが保たれるのも良かったです。


入り口ではまわし姿の狸がお出迎え入り口ではまわし姿の狸がお出迎え
ひとつひとつ丁寧に作られたお料理とスイーツ、是非どちらも楽しめるようにお腹を空かせておでかけくださいね。

写真

詳細情報

場所
割烹大力
(神戸市兵庫区水木通1-2-4)
GoogleMapで探す
営業時間
ランチ 12:00~15:00
ディナー 17:00~22:00(夜は予約のみ)
定休日
木曜日、日曜日
TEL
078-576-5661

Kiss PRESS編集部:大﨑

続きを読む

おでかけルーレット

スタート!
ストップ!
もう一回

条件に合うおでかけ情報が
見つかりませんでした

条件をかえる
とじる