街を、もっと楽しもうKiss PRESS

お気に入り一覧
記事検索
ルーレット
お出かけ先に迷ったら!

このイベントは終了しました。

今年もワクワクする国際色豊かな絵本原画に出合えます

西宮市大谷記念美術館 『2022 イタリア・ボローニャ国際絵本原画展』

西宮市大谷記念美術館(西宮市)で、8月13日から「2022イタリア・ボローニャ国際絵本原画展」が開催されます。9月25日まで。
マヌエラ・モントヤ=エスコバル(コロンビア)《虫ホテル》マヌエラ・モントヤ=エスコバル(コロンビア)《虫ホテル》
1964年から続く、世界で唯一の子どもの本専門の国際見本市「ボローニャ・チルドレンズ・ブックフェア」では毎年、絵本原画のコンクールが行われ、世界各地から多くのイラストレーターが作品を応募しています。5点1組のイラストを用意すれば誰でも応募できる公募展で、絵本の専門家である審査員たちによって、すでに絵本として発表された作品も、未発表のものもすべて公平に審査されます。



このコンクールで入選した作品を紹介する「ボローニャ国際絵本原画展」を、西宮市大谷記念美術館では1978年からほぼ毎年開催しています。(1989、1990年度は増改築工事、1995年度は阪神淡路大震災、2020年度は新型コロナウィルス感染拡大の影響により開催なし)
テレージア・フィロヴァー(スロヴァキア)《ベノ》テレージア・フィロヴァー(スロヴァキア)《ベノ》
コロナ禍以降オンラインで開催されていたブックフェアが、今年は3年ぶりにボローニャ現地で開催され、大変な賑わいを見せたそうです。コンクールは今年もオンラインでの応募となり、その数は過去最多の92カ国3,873組。その中から、日本人4人を含む29カ国78人が入選となり、本展では入選作すべてをみることができます。
久保田 寛子(日本)《いたずらネズミの生活》久保田 寛子(日本)《いたずらネズミの生活》
入選作の他にも、特別展示としてSM出版賞を受賞したサラ・マッツェッティ(2019年受賞/第10回)とチュオ・ペイシン(2021年受賞/第11回)の作品も展示されます。
ユ・チーチュン(台湾)《黒ネコ、魚市場に行く》ユ・チーチュン(台湾)《黒ネコ、魚市場に行く》
「2022イタリア・ボローニャ国際絵本原画展」関連イベントとして、ワークショップ「つなげて つくろう みんなのまち」、「紙版画で森に住むいきものを作ろう」も行われる予定。応募、参加方法等は公式サイト<イベント>でご確認を。

<記者のひとこと>
イタリア・ボローニャ国際絵本原画展が気になっている人、毎年楽しみにしている人も多いかと思います。実は私、鑑賞をしなければ夏は終わらない!と思うほど、恒例のマイイベントにしているリピーターです。展示されている5枚1組の入選作品は、題材や色遣い、表現方法も個性豊かで、色や内容からお国柄が感じられる面白さも満載。手描きの原画をよーく見ると、たまに修正した箇所が、かすかに残っていたり下絵の線が存在したりと、そこが原画ならではのリアルさであり、ぬくもりを感じる瞬間ですね。見終わったあとに、図録や絵本を購入するのも楽しみのひとつです。堅苦しくない自由な空気を感じる美術館で、ゆっくりと過ごす夏の一日は、きっと気持ちもリラックスできるはずですよ。

詳細情報

期間
2022年8月13日(土)〜9月25日(日)
場所
西宮市大谷記念美術館
(西宮市中浜町4-38)
GoogleMapで探す
時間
10:00~17:00(入館は16:30まで)
9月17日(土)、18日(日)、23日(金・祝)、24日(土)は19:00まで延長開館(入館は18:30まで)
休館日
水曜
入館料
一般1,200(1,000)円、高大生600(400)円、小中生400(200)円
*( )内は前売料金(いずれも税込価格)
*前売券はローソンLoppi(Lコード55430)で取り扱い、または直接美術館で購入(前売り券の販売は8月12日(金)まで)
*西宮市内在住の一般の方は1,000円(要証明書呈示)
*西宮市内在住65歳以上の方は500円(要証明書呈示)
*ココロンカード・のびのびパスポート呈示の小中生は無料
*心身に障がいのある方及び介助者1名は無料(要手帳等呈示)
問い合わせ
0798-33-0164

Kiss PRESS編集部:三宅

続きを読む

おでかけルーレット

スタート!
ストップ!
もう一回

条件に合うおでかけ情報が
見つかりませんでした

条件をかえる
とじる