街を、もっと楽しもうKiss PRESS

お気に入り一覧
記事検索
ルーレット
お出かけ先に迷ったら!

懐かしい時間が流れる湊山に溶け込む“りんご屋さん”

NATURE STUDIO『あら、りんご。神戸ファクトリー』 実食レポ 神戸市兵庫区

2015年に廃校となった旧湊山小学校再生プロジェクトとして建物をリノベーションし、校庭を森に生まれ変わらせて開業したコミュニティ型複合施設「NATURE STUDIO」内にオープンした、青森りんごの専門店『あら、りんご。神戸ファクトリー』で、こだわりのりんごスイーツを味わってきました。
NATURE STUDIO『あら、りんご。神戸ファクトリー』 実食レポ 神戸市兵庫区 [画像]
かつて体育館だった場所を利用したフードコートは、高い天井とナチュラルな雰囲気が、贅沢なほどゆったりとした空間を作り出し、一息つくにはぴったりの居心地のいい場所となっています。



店内にいながら、テラス席のような雰囲気も店内にいながら、テラス席のような雰囲気も
『あら、りんご。神戸ファクトリー』は、カフェのほかに、おみやげにも便利な焼き菓子やジュースを販売するショップも併設。
今日はどこにすわる?椅子もテーブルも様々。だから楽しい!今日はどこにすわる?椅子もテーブルも様々。だから楽しい!
広々とした店内には、様々な椅子やテーブルが設置されているので、どこに座るかまず迷ってしまいそう(笑)。
蜜入りりんごのアップルパイ・ミニ 432円(税込)蜜入りりんごのアップルパイ・ミニ 432円(税込)
神戸ファクトリーで販売されている青森県産のリンゴを使った各種パイ等は、フードコート横のキッチンでベイクしているため、作りたてを味わうことができます。
甘すぎないゴロッと入ったリンゴにカシスが似合う甘すぎないゴロッと入ったリンゴにカシスが似合う
人気の「蜜入りりんごのアップルパイ(ミニ)」は、サクサクなパイ生地の中に、青森県産の歯ごたえあるリンゴがたっぷり入ったクラシックなパイになっています。キュンと甘酸っぱい青森県産カシスもアクセントに。テイクアウトして、冷やして食べるのもおすすめだそうですよ。
りんごサイダー432円、トッピング:こおりんご108円(税込)りんごサイダー432円、トッピング:こおりんご108円(税込)
自家製リンゴシロップ入りの甘酸っぱくてシュワシュワーな口当たりの「りんごサイダー」は、暑い日にぴったりな一杯。底には、手作りリンゴゼリーがはいっています。
まるでシャーベットみたいな食べ心地の「こおりんご」まるでシャーベットみたいな食べ心地の「こおりんご」
姫リンゴ使用の「こおりんご」をトッピングすると、飲む&食べるの両方を堪能できるドリンクになり、見た目もさらにキュートに!凍ったリンゴの、シャリシャリとした食感も楽しめます。
りんごと抹茶のティラミス 432円(税込)りんごと抹茶のティラミス 432円(税込)
リンゴのシャキシャキ感と抹茶の苦みがうまくコラボしているカップ入りの「りんごと抹茶のティラミス」。甘さ控えめで、抹茶クリームとなめらかなマスカルポーネの相性は抜群。リンゴの食感が素敵なアクセントになっているデザートです。
青森りんごのおいしさが満載!青森りんごのおいしさが満載!
他にも、りんごパイ、りんごシュー、りんごジェラート、などりんごづくしなスイーツがいっぱい。(季節により内容は変更する場合があります)
町の中にできた森でほっとひといき町の中にできた森でほっとひといき
懐かしい昭和な雰囲気の町、平野・湊山界隈にできた新スポットは、ゆったり過ごせるとオープン時からファミリーにも人気だそうです。
フードホールへの入り口。ベビーカー、車いす利用の方はハーブショップ横のエレベーターで2階へフードホールへの入り口。ベビーカー、車いす利用の方はハーブショップ横のエレベーターで2階へ
神戸市バスに乗ると三宮から約20分、神戸駅からだと10分ほどで来ることができるのも魅力です。
陽が傾きかけるセピア色の時間は、放課後っぽくて大人のティータイムにおすすめ陽が傾きかけるセピア色の時間は、放課後っぽくて大人のティータイムにおすすめ



夕暮れ近くにこの空間でゆったり過ごしていると、放課後の空気ってこんな感じだったかも、なんて懐かしい気分に浸れそう。

写真

詳細情報

場所
あら、りんご。神戸ファクトリーショップ
(神戸市兵庫区雪御所町2-24 NATURE STUDIOフードホール)
GoogleMapで探す
営業時間
11:00〜19:00
定休日
不定休
問い合わせ
078-599-7884

Kiss PRESS編集部:三宅

続きを読む

おでかけルーレット

スタート!
ストップ!
もう一回

条件に合うおでかけ情報が
見つかりませんでした

条件をかえる
とじる