『劇場版 ルパンの娘』

私は、本当に泥棒一家の娘―?Lの一族、最後のお仕事。

『劇場版 ルパンの娘』

大ロングセラー小説「ルパンの娘」(講談社文庫刊)を原作に、大ヒット映画『翔んで埼玉』の武内英樹監督と脚本家・徳永友一が再タッグを組み、2019年・2020年と2シーズンに渡って連続ドラマ化した「ルパンの娘」。
(C)横関大/講談社 (C)2021「劇場版 ルパンの娘」製作委員会(C)横関大/講談社 (C)2021「劇場版 ルパンの娘」製作委員会
ドラマ版の世界観はそのままに、ストーリー、パロディ、アクション、ミュージカル、SFなど、すべてにおいてスケールアップした『劇場版 ルパンの娘』が10月15日より公開されます。劇場版では、一族の過去に秘められた切なすぎるエピソードや禁断のラブ、ミステリー要素も加わっているそう。
『劇場版 ルパンの娘』 [画像]
<ストーリー>
代々泥棒一家“Lの一族”の娘として生まれた三雲華(深田恭子)は、あろうことか代々警察一家の息子・桜庭和馬(瀬戸康史)と恋に落ち、その正体を隠しながらも、普通の暮らしを夢見て過ごしていた。やがて和馬はその正体に気づいてしまうが、幾度となく困難を乗り越えた2人は、互いの運命を受け入れ、ついに結婚。杏という子宝にも恵まれ、泥棒一家と警察一家の家族間の問題に振り回されながらも幸せに暮らしていた。そんなある日、父・尊(渡部篤郎)は、ある出来事をきっかけに「泥棒引退」を宣言。そして、これまで迷惑をかけたと華と和馬に、ちょっと遅めの新婚旅行をプレゼントする。華は和馬と杏と3人で、ディーベンブルク王国を訪れるが、それは“Lの一族”と“三雲華”にとって、史上最大の危機の始まりとなるのだった―。

詳細情報

公開日
2021年10月15日(金)
原作
横関大『ルパンの娘』シリーズ全5作(講談社文庫ほか)」
監督
武内英樹
脚本
徳永友一
出演
深田恭子 瀬戸康史 橋本環奈  小沢真珠 栗原 類 どんぐり(竹原芳子)
藤岡 弘、(特別出演)  大貫勇輔 小畑乃々 マルシア 信太昌之 我修院達也 麿 赤兒  渡部篤郎
配給
東映
劇場(兵庫)
OSシネマズ神戸ハーバーランド
109シネマズHAT神戸
MOVIXあまがさき
TOHOシネマズ西宮OS
TOHOシネマズ伊丹
イオンシネマ三田ウッディタウン
イオンシネマ明石
イオンシネマ加古川
アースシネマズ姫路
プラット赤穂シネマ

Kiss PRESS編集部:木下

続きを読む

おでかけルーレット

スタート!
ストップ!
もう一回

条件に合うおでかけ情報が
見つかりませんでした

条件をかえる
とじる